未成年の18歳大学生が初めてクレジットカードを作るのにおすすめのカードや選び方、注意点を解説しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
未成年の18歳大学生のクレジットカード

未成年の大学生でも、クレジットカードがあると便利な機会はとても多い。

インターネットでの買い物はクレジットカード払いが基本で、カードなしでは利用できない店がたくさんあるものだ。カードなしで買い物をすると、手数料がかかることもある。

むしろ作れる年齢になったのなら、クレジットカードを作らない理由なんてない。今すぐにでも作ってしまった方が、後々社会人になってから作るよりも楽だ。

学生向けのクレジットカードや学生の発行に対応したクレジットカードであれば気軽に発行できるが、社会人になってしばらくしてからカードを作ると審査が厳しく、落ちてしまうことさえある。

今回は、未成年の大学生が初めて持つのに最適なクレジットカードを3種類紹介する。カードはそれぞれ特典が異なっているが自分のカードの使い方で選べばOKだ。

未成年の大学生でも、クレジットカードは発行できる

そもそも未成年の大学生がクレジットカードなんて作れるわけない、と考えていないだろうか。それは大きな誤解だ。

高校生でさえなければ、18歳以上ならクレジットカードを発行できる

ゴールドカードなど対象者が限られるものでない限り、クレジットカードは18歳以上であれば発行できる。ただしほとんどの場合は、「高校生不可」という注意書きがある。

言い換えれば、高校生ではない18歳以上であればクレジットカードを発行できるのだ。大学生が作れないわけがない。

大学生になったその日から、クレジットカード発行の対象になる。

未成年は、親権者の同意がなければクレジットカードを作れない場合が多い

ただし注意点がある。20歳未満の未成年は、親権者の同意がなければカードを作れない場合が多いことだ。電話や書類で、親権者が発行について確認することになる。

親権者の同意を得るのが難しい場合は20歳になるまで待つしかないが、得られるなら問題ない。今すぐ、カードの入会を申し込んでしまって大丈夫だ。

学生カードでなければ発行できないわけではない

クレジットカードには、明確に学生向けとして展開されているものも多数存在する。しかし実は、学生向けでない一般向けのクレジットカードであっても普通に発行は可能だ。

実際、筆者は19歳の段階で「ビックカメラSuicaカード」を発行することに成功している。

つまり無理に学生向けの中から選ぶ必要はなく、満18歳以上が申し込める豊富な種類の中から好きなものを選んでしまって構わないことを覚えておこう。

クレジットカードの選び方

続いて、クレジットカードをどのように選べばいいのか未成年の大学生向けに解説する。初めて発行するときは、どれを選んでいいかわからず迷ってしまうものだ。

筆者の場合は、「Suicaのオートチャージをしたい」「ポイントの還元率が高いカードが欲しい」という明確な目的が存在していた。

この場合当てはまるのが、ビックカメラSuicaカードだった。

このように、条件をいくつか設定していけばすぐに選ぶべきクレジットカードは絞れる。しかし条件自体ピンとこないかもしれないので、条件の例を3つ挙げていこう。

ポイント還元率の高さ

大学生はお金がない。仕送りやバイトで手に入れたお金をうまくやりくりすることになるものだ。

この場合ポイントの還元率は重要だ。ポイントがたくさん返ってくるなら、その分をまた買い物等に使える。

言い換えればポイント還元率の低いカードを使うと、損になる。ポイントの還元率が高い他のカードで買い物した方が、同じ金額でもお得度が上がるのだから。

入会時に適用できる、豪華なキャンペーン

クレジットカードの中には、入会時に商品券や高額なポイントなどをもらえるものもある。

ただ闇雲に最初にもらえる特典だけを重視して他の見ないまま申し込んでしまうのは良くない。

しかし年会費や保険などの特典をチェックして問題なければ、キャンペーンのあるカードを申し込んでも良いだろう。

普段よく使う店で有効活用できる

例えばウォルマート セゾン・アメリカン・エキスプレスカードでは、西友における買い物が毎日3%オフ。5日と20日なら5%オフになる。

このように、普段よく行くお店でお得に使えるクレジットカードを選ぶのも良いだろう。

特に日本全国に対応店舗があるなら、大学卒業後他県に引っ越すなどしてもそのまま便利に使える。

未成年が初めて発行するのに最適なクレジットカード3選

未成年が初めて発行するのに最適なクレジットカードを、3つ紹介する。基本的には、この中から選ぶのが安心だろう。

いずれも年会費が安く、大学生でも負担が少ない。またポイント還元も充実しているので、安心だ。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、通学にSuicaを使っている場合にまず選びたいクレジットカードだ。ビックカメラやコジマ電機に行くことがあるなら、なお良い。

ビックカメラSuicaカードの年会費は477円(税抜)だが、年間1回でも使えば無料になるので年会費を支払う機会はまずないだろう。

このカードでSuicaにチャージすると、1.5%がビューサンクスポイントとして還元される。1,000円チャージすれば6ポイント(15円相当)、実質1.5%のポイント還元だ。

さらに他の買い物にビックカメラSuicaカードを使っても、1,000円ごとにビックポイントが5ポイント(5円相当)、ビューサンクスポイントが2ポイント(5円相当)還元される。

特にSuicaへのチャージでポイントが貯まりやすく、さらに貯まったポイントをSuicaにチャージすることもできてしまう。

ビューサンクスポイント400ポイントが、1,000円分のSuicaになるのだ。

都市部に住んでいてSuicaを使う機会が多いなら、まずビックカメラSuicaカードを選ぶべきだ。デザインも緑と白であまり派手すぎず、悪くない。

楽天カードアカデミー

楽天カードアカデミーは学生向けの楽天カードだ。

100円につき1ポイント(1円相当)の楽天スーパーポイントが還元される。1%還元と、ポイントが貯まりやすくわかりやすいのが魅力である。

年会費も永年無料で、負担にはならない。しかもこのカードで楽天市場での支払いを行うなら、ポイントが4倍になる。100円で4ポイントももらえるのだ。

また貯まった楽天スーパーポイントは楽天市場での買い物に使えるので、楽天を普段から使っているなら心強い味方になるだろう。

三井住友VISAデビュープラスカード

3番目の候補は、三井住友VISAデビュープラスカード。18歳から25歳までが申し込めるクレジットカードである。

筆者は学生時代にデビュープラスではない通常の三井住友VISAクラシックカードを発行してしまったが、調べてみるとデビュープラスカードの方が特典が多い。

デビュープラスカードは初年度の年会費が無料なだけでなく、前年1回の利用があれば翌年度以降も年会費がかからないメリットを抱えている。

通常の三井住友VISAクラシックカードは2年目以降の年会費が1,250円(税抜)に設定されているので、筆者は毎年年会費を支払っていた。今思えば損だ。

そしてポイントは通常1,000円につき2ポイント、入会から3ヶ月間は5ポイント貯まるしくみになっている。発行してすぐに何か大きな買い物をしたい場合などは、有利になる。

さらに三井住友VISAデビュープラスカードは、満26歳以上になった際の最初の更新時に自動でプライムゴールドカードに切り替えになる。

特典や保険が充実しているゴールドカードの発行は審査などが厳しいが、デビュープラスカードを発行して使っていればやがて手に入れられる。これは嬉しいポイントだ。

まとめ

今回は、未成年の大学生向けにおすすめのクレジットカードを紹介した。

未成年の大学生でも、むしろ未成年の大学生だからこそ、クレジットカードが必要なタイミングはたくさんあるだろう。

大学生なら未成年でもクレジットカードを申し込める。今回あげた候補などの中から発行したいものを選び、申し込むのが賢明だ。