家族や友人と通話する機会がとにかく多い人にも格安SIMはおすすめだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通話する時間が長い人は、格安SIMに乗り換えない方が良いと聞いたことはないだろうか。

ドコモやau、ソフトバンクでは、月額2,700円のかけ放題を契約することで通話料金は一切かからなくなる。

しかし格安SIMでは30秒20円の通話料金がかかるために、基本的に通話時間が長くなればなるほど割高になる。30分通話すれば、それだけで通話料金は1200円だ。

最終的にドコモなどでスマホを契約していた時よりスマホ代が上がってしまった、という意見もネット上では見受けられる。

でもちょっと待って欲しい。実際のところ、格安SIMに乗り換えてもかけ放題などのサービスで通話料金を節約することはできる。

たしかに格安SIMでは通常30秒20円の通話料金がかかるが、オプションとしてかけ放題が提供されていたり、標準のプランにかけ放題が含まれていたりするのだ。

今回は、家族や友人と通話をする機会が多い人はどんな格安SIMやサービスを利用するべきなのかを説明する。通話料金も含めて、スマホ代を削減したい人は参考にして欲しい。

LINEの通話機能を使えば、通話料金なんてかからない

そもそも、今や家族や友人との通話は全部無料で済ませるのが基本だ。かけ放題なんて、はっきり言って契約する必要はない。

LINEやSkypeといったアプリをスマホに入れて、これらのアプリで友達や家族を登録して通話機能を使うだけで通話料金は0円になる。

Skypeはどちらかというとパソコンなどで使われているため、あまり知らない人もいるかもしれない。そのため今回はスマホでの利用者が多いLINEを中心に説明する。

LINEで友達登録をしている知人とのトーク画面を開くと、画面右上に受話器のボタンがある。ここから、無料の音声通話とビデオ通話ができる。

LINEでの通話時間は、いくら長くなっても0円だ。1時間でも2時間でも、好きなだけ長電話ができる。

電話回線ではなくデータ通信(ネット回線)で通話をするシステムなので通信量を消費するが、それもせいぜい1時間で20MBかかるかどうか。全然大きな通信量ではない。

しかも自宅で光回線などを契約しているならWi-Fi接続をしてから通話を始めれば、スマホの回線の通信量は一切消費しない。完全無料といって良いだろう。

ひとまず家族や友人としか通話しないのであれば、お互いLINEで友達登録をしてからLINE内で通話をすればいい。

LINEと組み合わせるなら、選ぶべき格安SIMはLINEモバイル

LINEで無料通話をすれば通話料金はかからないと説明したが、LINEを活用する場合どの格安SIMを契約するのがベストなのかも気になるだろう。

答えは簡単、LINEが展開している格安SIMのLINEモバイルを選べばいい。

LINEモバイルには、

  • LINEやSNSの通信量がカウントフリーとなり、通信量から除外される
  • 半額通話と10分かけ放題があり、LINEで繋がっていない人との通話も可能

これらのメリットがあるからだ。

LINEモバイルで選ぶべきなのはコミュニケーションフリープラン

LINEモバイルは、

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

以上3種類のプランがある。どのプランを選んでも、LINEの通信量は無制限だ。

LINEフリープランは1GBしか選べず自由度が低く、不便だ。MUSIC+プランはLINE MUSICというアプリの通信量も無制限になるが、このアプリを使わないなら必要ない。

つまり基本的に選ぶべきなのは、コミュニケーションフリープラン一択だ。3GBから10GBまでの中から通信量を選べるので、自由度も高い。

なおコミュニケーションフリープランでは、LINE以外にTwitter、Facebook、Instagramも通信量が無制限だ。月額料金は、以下の通りとなっている。

音声通話対応SIM月額料金(税抜)
3GB 1,690円
5GB 2,220円
7GB 2,880円
10GB 3,220円

キャリアでスマホを契約する場合、例えばドコモなら5分かけ放題+5GBプランで月額7,000円かかる。

しかしLINEモバイルのコミュニケーションフリープランなら、LINE通話を使えば通話料金はかからず月額2,220円と3分の1程度にまで削減できる。もはや圧倒的だ。

半額通話と10分かけ放題で、LINEで繋がっていない人との通話も節約できる

LINEモバイルには、30秒10円で通話できる月額0円の半額通話サービス「いつでも電話」と月額880円の「10分電話かけ放題」も存在する。

専用アプリ「いつでも電話」を通して通話をすることで、これらのサービスを利用し通話料金を削減できる。

LINEの友だちになっていない人とも頻繁に通話をするなら、検討してみても良いだろう。

LINEの無料通話が利用できないなら、Y!mobileを選ぶべし

LINEを使っている人が周りに全然いないとなると、LINEの無料通話サービスは全然活用できないことになる。

しかしその場合でも、格安SIMで通話料金を節約できる。Y!mobileを契約すればいい。

Y!mobileは10分かけ放題が標準搭載、無制限のかけ放題もある

Y!mobileは、スマホ向けのプランである「スマホプラン」を契約すればそれだけで10分かけ放題が適用される。

さらに月額1,000円のオプションである、「スーパーだれとでも定額」を契約すれば完全なかけ放題が使える。1時間でも2時間でも、無制限に話せる。

Y!mobileの料金プランは、LINEモバイルより月額料金が高いのが難点

Y!mobileはただスマホプランを契約するだけで10分かけ放題を使えるのが魅力的だが、月額料金はその分高い。

そして通信量が契約3年目から半減したり、月額料金が2年目から1,000円上がったりとややこしいことも注意しなければならない。

通信量 音声通話対応SIM月額料金(税抜)
スマホプランS 1〜2年目:2GB
3年目〜:1GB
1年目:1,980円
2年目〜:2,980円
スマホプランM 1〜2年目:6GB
3年目〜:3GB
1年目:2,980円
2年目〜:3,980円
スマホプランL 1〜2年目:14GB
3年目〜:7GB
1年目:4,980円
2年目〜:5,980円

もっとも、それでもドコモなどのキャリアに比べればスマホ代は大幅に下げられる。

筆者としてはLINEモバイルを契約してLINEの無料通話を活用するのが一番だと考えているが、LINEの無料通話を活用するのが難しい場合はY!mobileを検討するのも良いだろう。

ただしその際は、月額料金や通信量の変動について事前にしっかり確かめておくべきだ。いきなり月額料金が上がったり使える通信量が少なくなったりすると、困ってしまう。

まとめ

家族や友人とよく通話をするなら、LINEモバイルを契約してからLINEの無料通話を活用するのが一番だ。完全無料で、自由自在にLINEで繋がっている人たちと通話を楽しめる。

筆者もよくLINEの無料通話を使っているが、通話の音声は通常の電話回線を使った音声通話と遜色ない。

どうしてもLINEの無料通話を使えない事情があるなら、Y!mobileを契約すれば10分かけ放題が使える。長電話をするなら、スーパーだれとでも定額を契約すれば通話料金は一切かからない。

格安SIMに乗り換えてからもスマホでたくさん電話したいなら、LINEモバイルとY!mobile、二つの候補の中から選んで契約すればOKだ。