セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの口コミや評判は?年会費や海外旅行保険、メリットやデメリットなども詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特典が充実している代わりに年会費が高く、なかなか手が出しづらいアメリカン・エキスプレス・カード。

アメックスのカードにはホテルやショッピングにおいて優待を受けられる便利なサービスが多数用意されているので、もっと安い年会費でそれを持ちたいと感じている人もいるだろう。

そんな人がまず健闘してみるべきは、年会費3,000円(税抜)のセゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードだ。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードはクレディセゾンが手がけているアメックスブランドのクレジットカードで、アメックスの特典に加えてセゾンカードの特典まで備えられたうえに年会費が安く気軽に発行できる。

即日発行にも対応していて、さらに海外旅行者向けの保険やポイント還元まで兼ね備えられている。充実したクレジットカードだ。

今回は、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードのメリット・デメリットについて解説する。発行を検討している人は、参考にしてみてはどうだろうか。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの概要

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードは、クレディセゾンが展開しているアメックスブランドのクレジットカードの中の1枚である。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの他にセゾンパール、セゾンゴールド、セゾンプラチナといったバリエーションがあり、4つのうちランクでは3番目だ。

年会費は初年度無料、2年目以降は3,000円(税抜)。年に1回使えば年会費無料のセゾンパールと比べるとサービスがその分充実しているので、メインカードとしても使いやすいカードである。

海外旅行傷害保険など海外旅行向けのサービスが充実しているので、海外に行くことが定期的にあるならおすすめはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードだ。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードは審査難易度が比較的低め

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの審査難易度は、本家アメックスと比べると低めである。

本家のアメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が1万円以上のステータスが高いものが多い。

しかしセゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードは、セゾンカード系列でもあるために軽い生活費決済などで使いたい人でも気軽に発行できる。

18歳以上(高校生以外)なら誰でも申し込む資格があるので、学生でもセゾンブルーは発行可能だ。

ただし、入力する情報が間違っていたり居住年数・職種などの属性に問題があったりすると審査に落ちてしまうだろう。

また今まで一度もクレジットカードを作ったことがなく、クレジットヒストリーがない人は要注意だ。場合によっては、発行を拒否されることもある。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードを発行するなら、できる限り発行を拒否されそうなポイントを減らしてから申し込むように気をつけなければいけないものだ。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードのメリット

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードのメリットは豊富である。むしろ本家アメリカン・エキスプレス・カード以上にメリットが多いとさえ言えるだろう。

続いてセゾンブルーのメリットを解説するので、参考にしてみて欲しい。

永久不滅ポイントが貯まるので、有効期限を気にせずポイントを貯められる

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードは、永久不滅ポイントを貯められるクレジットカードだ。

永久不滅ポイントとは、通常の還元率こそ0.5%と低めなものの有効期限がなく、解約するか使うまではなくなることがない便利なポイントである。

本家アメックスはポイントの有効期限が3年程度なので、使っていなければポイントがなくなる。しかしセゾンブルーなら、その心配は無用だ。

頻繁にそのカードを使うならもっと還元率が高いクレジットカードの方が良いが、メインカードとして使わない人や長い時間をかけてたくさんポイントを貯めたい人には永久不滅ポイントがおすすめである。

永久不滅ポイントを貯められるのは、メリットとして挙げてしまっても大丈夫だろう。

海外で使えばポイント2倍、1%還元になる

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードでは、海外利用においてポイントが2倍貯まる。つまり1%還元になるのだ。

海外旅行に行ったら、おみやげなど色々なものを買うものだ。そしてホテル台なども含めて、金額も大きくなるだろう。

海外でたくさん買い物や支払いをしたら、その分ポイントがたくさん返ってくる。これもまたセゾンブルーの魅力である。

アメリカン・エキスプレス・カード系の特典が充実

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードでは、

・アメリカン・エキスプレス・コネクト
・アメリカン・エキスプレス・セレクト

これらのアメックス系サービスが利用できる。

アメリカン・エキスプレス・コネクトは、旅行や食事、エステなどの優待サービスを見つけられるWEBサイトだ。

アメックスのカードを持っていると、様々な店舗でお得な割引や優待を受けられる。その情報をチェックできるのは便利だ。

アメリカン・エキスプレス・セレクトも、同様に会員限定の割引や優待プログラムだ。

このように、アメックス系の特典が利用できるのはセゾンブルーのメリットだ。年会費が安いのに、高額な年会費の本家アメックスのような特典を受けられる。

西友やリヴィンで、5日と20日にお得に買い物できる

セゾンカード系のクレジットカードでは、西友やリヴィンにおいて毎月5日と20日にお得に買い物をすることができる。

具体的にどうお得かというと、支払金額が5%オフになるのだ。これは大きい。1万円買い物をすれば500円分割引きになる。

アメックスというとどことなく高級なイメージがあるかもしれないが、セゾンブルーならこのように日常の買い物でもお得に活用できるのが嬉しいポイントだ。

イトーヨーカドーとセブンイレブンでポイント二重取り

西友やリヴィンだけでなく、イトーヨーカドーやセブンイレブンでもセゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードは有利だ。

こちらは割引ではないが、nanacoポイントと永久不滅ポイントを同時に貯めるポイントの二重取りができる。

西友やリヴィンが近所にない人でも、コンビニのセブンイレブンなら近くにある場合も多いだろう。またイトーヨーカドーも、地方で広く展開されている。

日用品を買えるスーパーやコンビニでもお得になるのが、セゾンブルーの魅力である。

ロフトでの優待も

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードでは、毎月の月末における金曜日、土曜日、日曜日にロフトで10%オフや5%オフの優待を受けられる。

ただし1回の買い物金額は、1,000円(税抜)以上である必要がある。

これもまた、セゾンブルーのメリットだ。雑貨などを購入するときは、ロフトで割引が適用できるタイミングにまとめて行うのも良いだろう。

国内・海外旅行傷害保険が最大3,000万円で付帯

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードでは、国内旅行傷害保険や海外旅行障害保険が最大3,000万円付帯されている。

海外旅行中に怪我や病気になっても、保険で高額な出費を抑えられることがセゾンブルーのメリットだ。これよりランクが下のセゾンパールでは、保険を利用できない。

ちなみに国内旅行障害保険は対応するのがツアー中や宿泊中、移動中などに限られるので、注意が必要となるだろう。

120日間のショッピング保険

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードには、120日以内にこのカードで買ったものが破損や盗難の被害に遭ってしまっても年間100万円まで保証してくれるショッピング保険も付帯されている。

あっという間に買ったものがダメになってしまったら辛いものだが、セゾンブルーなら保険があるのである程度は安心だ。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードのデメリット

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードのデメリットとして挙げられるのは、大きく分けて3つだ。

これらのデメリットを確認・納得したうえで、カードを申し込む必要があるだろう。

年会費は0円ではない

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの年会費は、初年度のみ無料。翌年度からは3,000円(税抜)だ。

クレジットカードの年会費としては高くもなければ安くもない。年会費無料のクレジットカードや1,000円台のものはたくさんあるし、反対に5,000円以上のものも多い。

セゾンブルー発行の際は、年会費に納得したうえで申し込まなければいけない。年会費無料を求めるなら、年1回使えば無料のセゾンパールの方が良いだろう。

標準のポイント還元率は0.5%しかない

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードは、永久不滅ポイントが0.5%還元だ。通常のポイント還元率は低めである。

もっと還元率が高いカードを持ちたいなら楽天カードやYahoo!JAPANカードを発行したほうが良いだろう。

またセゾンブルーにおいて還元率をもっと上げたいなら、ネットショッピングの際にセゾンポイントモールを経由したり、海外旅行中に使ったりするのがおすすめだ。

基本的にアメックスブランドなので、使えないお店は多めとなる

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードは、名前の通りアメックスのクレジットカードだ。

国内やネットショップでは、アメックスのカードが使えないことも多々あることを覚えておこう。使いやすさでは、VISAカードなどの方が有利だ。

ただしセゾンブルーはセゾンカードでもあるので、セゾンカードのマークが入り口やレジで確認できるのであればセゾンカードとして活用できるだろう。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードはどんな人におすすめ?

最後に、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードはどんな人におすすめのクレジットカードであるかについて簡単にまとめよう。

手軽に持ち、アメックスの特典を使いたい

なんと言っても、アメックス系のクレジットカードで特典も充実していながら年会費が3,000円(税抜)と安いことがセゾンブルーの魅力だ。

高額な年会費の本家アメックスブランドカードは持てないが、アメックス系の特典を活用したい。そんな人はセゾンブルーを検討してみてはどうだろうか。

西友やイトーヨーカドーで買い物をする機会が多い

セゾンカードでもあるセゾンブルーは、西友やイトーヨーカドーなどのスーパーで割引やポイント二重取りができる。

これらが近所にあり、よく通っているならセゾンブルーをメインカードとして使ってみてはどうだろうか。

海外旅行のためにカードを即日発行したい

セゾンブルーは、オンラインで入会後に全国のセゾンカウンターでカードを受け取ることもできる。

すぐに海外旅行を控えていて、大至急クレジットカードを手に入れる必要がある。そんな人はセゾンブルーを検討してみてはどうだろうか。

セゾンブルーは海外利用時にポイント還元率が1%にアップする。海外旅行で使うクレジットカードとして最適なので、他の即日発行できるクレジットカードより有利だ。

まとめ

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードは、年会費が3,000円(税抜)とアメックスブランドのクレジットカードの中でも安い。

そして年会費が安いながらも、アメリカン・エキスプレス・セレクトなどアメックス系の特典を利用できるのが魅力的だ。

アメックスのクレジットカードが欲しいけれど、高額な年会費を支払うのが難しい。そんな人は、セゾンブルーでアメックスのカードを発行してみてはどうだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。