楽天ブラックカードの申し込み方法と最短の入手方法、メリットやデメリットを詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天カードには通常のカードの他に、楽天ゴールドカード楽天プレミアムカードといった上位のバリエーションがある。

しかしこれら通常申し込みができる楽天カードは、実は最上位ランクではなない。楽天カードの最上位は、「楽天ブラックカード」だ。

発行難易度がとにかく高く、そもそもどうすれば発行できるのかも確定情報がない楽天ブラックカード。今回は楽天ブラックカードの特徴やメリット・デメリット、そして申し込み方法、インビテーションを受けるための条件などを解説しよう。

楽天のヘビーユーザーで、最上位のカードで豪華特典を受けたりポイントをたくさん貯めたりしたいなら、楽天ブラックカードの発行を目指してみても良いだろう。

そもそも楽天ブラックカードとはどんなカードなのか?

まずは楽天ブラックカードの特徴を解説しよう。

楽天ブラックカードは、楽天カードの中でも最も特典や各種サービスが充実しているクレジットカードであり、最上位に位置づけられるカードだ。すなわち楽天ゴールドや楽天プレミアムのさらに上のクラスのカードである。

但し、ブラックカードで有名なアメックスのセンチュリオンカードやダイナースのブラックカードと比べればやはり見劣りはするが、その分入手しやすいということもあって楽天ブラックカードをほしいと思っているユーザーは少なくない。

楽天ブラックカードはプラチナカードランク、年会費30,000円

楽天ブラックカードは、イメージとしてはプラチナカードランクのクレジットカードだ。

本来ブラックカードとは、プラチナカードをも超えるランクのクレジットカードである。しかし楽天カードのブラックカードは例外で、名前はブラックであるものの特典等の仕様は他社で言うプラチナランクとなっている。

ただしその分、年会費もプラチナランクレベル。30,000円(税抜)となっている。

クレジットカードの年会費としては十分高額だが、他社の年会費10万円をも超えるレベルのブラックカードと比べると持ちやすい。

プライオリティ・パスが利用可能

楽天ブラックカードはプライオリティ・パスを利用可能だ。いわゆる空港ラウンジサービスである。

楽天プレミアムカードでも同様にプライオリティ・パスが使えるが、プレミアムカードは本人のみが空港ラウンジを無料で利用できる仕様だった。

しかし楽天ブラックカードの場合は違う。同伴者も、2名まではプライオリティ・パスの対象となるのだ。

海外旅行などで空港に行く機会が多い人にとって、プライオリティ・パスの標準搭載は嬉しい仕様。

さらにブラックカードなら同伴者もOKということで、何度も使うならそれだけで高額な年会費の元は取れるだろう。

楽天市場のポイント還元が6%、楽天市場での買い物がお得

楽天ブラックカードでは、楽天市場のポイント還元率が最大6%になる。

本来楽天カードでは、楽天市場でのポイント還元率が4%。ゴールドカードやプレミアムカードなら5%だ。

しかし楽天ブラックカードは最上位のカードということもあってか、還元率が最大6%となっているわけだ。100円の利用につき6円分、ポイントが還元される。

楽天市場を利用する機会が多いなら、楽天ブラックカードを持っていればよりお得に楽天で買い物できる。

送料分のポイントが還元される、楽天プレミアムも1年間無料で使える。ポイント還元を徹底的に受けたいなら、楽天ブラックカードの発行に挑んでみたいものだ。

優待コースがすべて利用可能

楽天プレミアムカードには、

・火曜・木曜に楽天市場でもらえるポイントが1%アップする楽天市場コース
・楽天トラベルでもらえるポイントが1%多くなるトラベルコース
・楽天TVや楽天ブックスでポイント1%加算のエンタメコース

これら3種類の「選べるコース」がある。

本来はこれらの内1つしか選べないのだが、楽天ブラックカードの場合は例外としてすべての特典を受けられる。

普段の買い物から旅行、休日の暇つぶしに至るまで日常的に楽天を利用しているなら、これほど心強い特典は無いだろう。

MasterCardやJCBのプラチナカード系サービス

楽天カードはプラチナランクのカードなので、MasterCardやJCBで展開されているプラチナカード向けサービスも活用できるのが特徴だ。

例えばMasterCardでは、「Taste of Premium」というサービスを受けられる。これは国内外のホテル・旅館が優待利用できたり、空港での手荷物宅配やWi-Fi機器・携帯電話レンタルなどができたりするものだ。

JCBブランドの場合は、「JCBプラチナム」が利用できる。これも同様に、ホテル・レストラン等の優待割引ができる。

楽天ブラックカードが発行できる段階になったら、それぞれのサービス内容をチェックし自分が使いこなしやすいブランドで発行するのも良いだろう。

最高1億円の海外旅行傷害保険

ブラックカードということで、海外・国内旅行傷害保険も充実している。

海外旅行傷害保険は最高1億円、国内旅行傷害保険は5,000万円だ。

楽天ブラックカードは旅行関連のサービスが充実しているので、旅行傷害保険の充実は大きなメリットとなる。飛行機に乗る機会が多い人は、これで安心だ。

楽天ブラックカードの申し込みや入手方法・入手難易度、インビテーションについて

ここまで楽天ブラックカードの魅力について解説してきたが、残念ながら「素晴らしい、それじゃ申し込もう!」とはいかない。

そもそも楽天ブラックカードは、公式サイトの一覧表には存在が記載さえされていないのだ。つまり他のクレジットカードのように、気軽に自分から申し込むことはできない。

楽天ブラックカードはインビテーション制が基本

楽天ブラックカードは、招待が届いた人のみが専用URLを経由し発行して利用できる「インビテーション制」のクレジットカードである。

楽天ブラックカードを希望するなら、まず楽天プレミアムカードなど他の楽天カードを発行して徹底的に使いこなさなければブラックカードの発行対象にはならないわけだ。

まさに選ばれし者のみが使えるクレジットカードなので、その分手に入れたときの喜びは大きなものとなるだろう。

ちなみに申し込み専用URLを手に入れればインビテーションが届いていなくても申し込み手続き自体は可能だが、ほぼ100%の確率で落ちる。

そのためおとなしく、正式に招待が届くのを待つのが良いだろう。

楽天ブラックカード申し込み画面

これは楽天ブラックカードの申し込み画面だが、誰でも申し込みができるわけではなく、「カード申し込み」のボタンを押せば、楽天カードのログイン画面が表示される。

つまり、すでに楽天カードを持っている人でないと申し込みができないし、そもそも先に述べたようにインビテーションがないと申し込みをしても審査に通ることはほぼないと思ったほうがいい。

楽天ブラックカードの入手難易度は高いのか?

インビテーション制である楽天ブラックカードだが、入手難易度はもちろん高いのだが、それでもアメックスやダイナースなど他社のブラックカード比べれば、入手難易度は低いと言えるだろう。

ただ具体的な入手方法というのは楽天カード側から提示されていないため、明確な入所方法というのは誰にも分からない。同じインビテーション制でも例えばイオンゴールドなら年間100万円使えばOKなど明確な発行条件が存在するが、楽天ブラックカードにそういった条件はないのだ。

まずは楽天プレミアムカードを手に入れるべし!

楽天ブラックカードを確実に発行できる方法はないのだが、どうやら、最も楽天ブラックカードに近い存在である楽天プレミアムカードを入手するのが最短方法のようだ。

↓楽天ブラックカードインビテーションへの入り口である楽天プレミアムカード

具体的にいくら使えばブラックカードが発行できるのかというのは示されてはいないが、まずプレミアムカードを発行し、日常の支払いなどはできる限りこのカードにまとめて、毎月ある程度の金額を決済するようにすれば、インビテーションが来るの日もそれほど遠くはないだろう。

具体的には公共料金の支払い、携帯や通信費などの支払い、可能であれば家賃の支払い、その他交通費や飲食などショッピング以外でもカードが使える局面は非常に多い。これらをまとめれば最低でも月に10万円ぐらいはカードを利用することになる。特に飲食代などは自分がまとめて支払うという裏技もある。

楽天プレミアムカードを作って1年とか2年程度でブラックカードを手に入れたという人も実際にいるので、難易度はそれほど高くないといえる。

インビテーションが来る日を夢見て、とにかく楽天カードを使い続けるのが楽天ブラックカード発行の第一歩だろう。

楽天ブラックカードのメリット

特典やサービス内容を踏まえて、楽天ブラックカードを持つメリットを解説する。

楽天のヘビーユーザーなら、ポイント還元を活かせる

楽天市場での買い物やサービス利用で通常以上のポイントを獲得できる、楽天ブラックカード。

楽天のサービスを日々活用しているなら、ポイント還元によって高額な年会費の元を取ることもできるだろう。

プレミアムカード以上に充実したポイント還元を受けられるのは、楽天ブラックカードのメリットだ。

海外旅行や国内旅行に行く機会が多いなら、各種優待を活用できる

楽天ブラックカードは海外・国内旅行傷害保険の存在やプライオリティ・パスなど、旅行関連のサービスも充実している。各種旅行向けサービスを利用できるのも、大きなメリットだ。

旅行に行く機会が多い人にも、楽天ブラックカードはおすすめできる。

レアなカードなので所有欲も満たされる

なんと言っても楽天ブラックカードはレアだ。突然招待状がばらまかれることはあっても、基本的に自分から申し込むことはできない。

このカードを手に入れられたら、優越感に浸れることだろう。所有すること自体がメリットというわけだ。

楽天ブラックカードのデメリット

楽天ブラックカードはメリットばかりではない。招待状が届いたからと言って、無条件で申し込んでしまって良いものかと言われるとそうでもないのだ。

続いてデメリットも2つ挙げるので、合わせて参考にしてみて欲しい。

年会費は高い、人によっては数年間年会費無料で持てるのが不公平

なんと言っても30,000円(税抜)の年会費は高い。楽天ブラックカード最大のデメリットは年会費の高さだろう。

通常の楽天カードなら年会費永年無料だし、ゴールドでも2,000円(税抜)、プレミアムでようやく10,000円(税抜)なのが楽天カードだ。

プレミアムカードとブラックカードの差は旅行傷害保険の金額やポイントサービスの充実度など色々あるが、2万円もの年会費の差に納得できるかは意見が分かれるだろう。

そして突然招待状が届いた人なら、本来3万円もする年会費を最大5年間ほど無料にできてしまうのは不公平だ。

こうなると正攻法でインビテーションを受けても、年会費を考えるとあまり嬉しくないと感じてしまう人もいるだろう。

楽天ブラックカードを発行する際は、まずこの年会費を受け入れることが必要だ。

ブラックは名前だけで、実質プラチナカードなのは残念ポイント

楽天ブラックカードは名前こそブラックカードだが、実際はプラチナランクである。他社の本物のブラックカードと比べてしまうと、ちょっと見劣りはしてしまう気もするが、周りから見れば、ブラックはブラックである。自分の周りにアメックスのセンチュリオンカードなどを持っている人がいるようなら別だが、そうでなければあまり気にする必要はないだろう。

楽天とは言え、ブラックカードというだけでも十分インパクトはあるわけで、その分手に入れやすいのだから、それほど気にする必要はないだろう。

まとめ

楽天ブラックカードは実質プラチナレベルではあるが、周りから見れば、ブラックに変わりはない。しかも最近楽天のロゴが、従来の日本語の「楽天」から、ローマ字の「Rakuten」に変わった。これによってカード券面も「楽天」ではなく、「Rakuten」になったので、今までよりはデザインもかなり洗練された。

本格的なブラックカードと比べれば見劣りはするが、やはりブラックカードというだけで存在感はかなり大きいし、手に入れる価値は十分あるだろう。

どちらにしても、まずは楽天プレミアムカードをまず手に入れることから始めるしかない。

人によっては楽天プレミアムカードで十分満足してしまう人もいるようだが、まあそれはそれで問題はないだろう。

楽天プレミアムカード公式サイト  

時間があればジョブタスの楽天プレミアムカードの記事も読んでみてほしい。