楽天ANAマイレージクラブカードはマイルが貯めやすい?年会費や海外旅行保険、メリットやデメリットなども詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛行機に乗りマイルを貯める機会が多い場合、クレジットカードで貯めたポイントをマイルに交換したり、マイルを貯める機能をクレジットカードに搭載させたりしたいと感じる場合もあるだろう。

そんな場合に検討したいのが、楽天ANAマイレージクラブカードだ。

楽天カードの中には、航空会社であるANAと提携している楽天ANAマイレージクラブカードも存在している。

今回は楽天ANAマイレージクラブカードの特徴や、メリット・デメリットについて解説する。ANAを利用する機会が多い人は、要チェックだ。

楽天ANAマイレージクラブカードの特徴は?メリットを解説

楽天ANAマイレージクラブカードは、ANAマイレージクラブと楽天カードの機能が組み合わさったクレジットカードである。

通常の楽天カードでもポイントをANAのマイルに交換できるが、楽天ANAマイレージクラブカードはよりANAとの連携に特化しているのが特徴だ。

国際ブランドは3つから選べる、海外旅行に行くならおすすめはVISA

楽天ANAマイレージクラブカードではVISA、MasterCard、JCBから国際ブランドを選んで発行できる。

他社のクレジットカードだと選べる国際ブランドが特定のものに限られていることもあるが、楽天ANAマイレージクラブカードなら自由に選べるのが大きなメリットだ。

なお海外旅行に行く機会が多いなら、選ぶべきは世界で最も広く使われているVISAブランドだ。

ちなみに既に他にVISAカードを持っているならMasterCard、日本での利用が中心なら日本発の国際ブランドであるJCBを選んでも良いだろう。

楽天スーパーポイントの還元率は通常カードと変わらない

ANAマイレージクラブの機能が付いている楽天ANAマイレージクラブカードだが、還元率は1%で通常の楽天カードと共通している。つまり損はないのだ。

100円につき1ポイントが貯まるため、ポイントをお得に貯められる。クレジットカードのポイント還元率は0.5%などもっと低いものも多いが、楽天カードなら心配はない。

フライトでANAマイルを貯めることができる

楽天ANAマイレージクラブカードにはANAマイレージクラブの機能があるので、フライトの際にANAマイルも貯まる。

貯まったマイルは航空券と交換したり、商品と交換したりできて使い道が豊富だ。

ANAマイレージクラブの会員になっていないなら、楽天ANAマイレージクラブカードを発行すれば会員番号を得られるので安心である。

また他にもANAマイレージクラブカードを持っているならマイル口座をまとめることができ、さらに空港カウンターでの搭乗手続きなしで保安検査場へ行けるSKiPサービスも利用できる。

ANAマイレージクラブ関連の機能は、楽天ANAマイレージクラブカードがあればバッチリ利用可能というわけだ。

楽天市場で使えば貯まるポイントは4倍、ANAマイレージモール利用でポイントとマイルを二重取り

楽天ANAマイレージクラブカードを楽天市場で利用すると、ポイントが4倍貯まる。

例えば1,000円の買い物なら、通常10ポイント貯まるところを40ポイント貯められる。楽天市場を中心に利用するなら、ポイントはあっという間に貯まっていくだろう。

ただし楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードなら5%などもっとたくさんポイントを貯められるので、楽天市場での利用中心ならそちらも検討するのがおすすめである。

そして楽天ANAマイレージクラブカードのメリットとしては、ANAマイレージモールを一旦経由して楽天市場から買い物をすれば200円の買いものごとにANAマイル1マイル+楽天スーパーポイント2ポイントを二重にゲットできることは見逃せない。

楽天ANAマイレージクラブカードを発行したら、ANAマイレージモールを活用しない手はないだろう。

ANAマイルと楽天スーパーポイントは相互交換可能

ANAマイルは楽天スーパーポイント1ポイントを1マイルに交換することができる。反対にマイルは10,000マイルを10,000ポイントなど、等価交換可能だ。

楽天スーパーポイントからANAマイルへは50ポイント以上ならいつでも交換可能、ANAマイルから楽天スーパーポイントへは10,000マイルで交換可能となっている。

これら2つを日頃から使っているなら、相互交換できるのは大きなメリットだ。

貯めるポイントをANAマイルにすることも可能

基本的には楽天スーパーポイントを貯めて交換するのが筆者としてはおすすめだが、ANAマイル以外貯める気がないならANAマイルコースを選択し、マイルを貯めるのがおすすめだ。

200円の買い物につき1マイルを獲得できるので、交換の手間がなくなる。

なお貯めるポイントはいつでもウェブサイトから切り替えられるので安心である。

楽天Edy機能と楽天ポイントカード機能もある

楽天カードには楽天ポイントカードや楽天Edyの電子マネー機能が搭載されているが、楽天ANAマイレージクラブカードも同様である。

コンビニなどでかんたんに決済できる楽天Edyは200円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントを貯められる。

楽天ポイントカードは、対象店舗で提示すればそれだけでポイントを買い物金額に応じて貯められるのだ。

これら2つの機能と楽天カードで楽天スーパーポイントをどんどん貯めて、ANAマイルに交換してみても良いだろう。

楽天ANAマイレージクラブカードの、注意したいデメリット

ここまで楽天ANAマイレージクラブカードのメリットについて解説してきたが、楽天ANAマイレージクラブカードにはデメリットもある。

ANAを利用するからといって必ずしも楽天ANAマイレージクラブカードを発行するのが正解とは言えない。デメリットを踏まえつつ、必要かどうかをチェックしてみてはどうだろうか。

ANAマイルの還元率はイマイチ

楽天カード最大のメリットとも言えるのが1%還元だが、ANAマイルを貯めたりANAマイルにポイントを交換したりするとなると還元率はおよそ0.5%にまで下がる。

せっかくのメリットが消えてしまう形になるので、これには要注意だ。

楽天スーパーポイントをメインで使う場合もフライトで貯めたANAマイルは10,000マイルからでなければ楽天スーパーポイントに交換できないので、少々ハードルが高い。

年会費が完全無料ではない

「年1回の利用で年会費無料」になる、楽天ANAマイレージクラブカード。通常の楽天カードは年会費永年無料なので、はっきり言って見劣りする。

1回の利用のみが必須でとくに金額の条件はなく、年会費を無料にし続けることは非常に簡単だ。しかしそうは言っても、永年無料と比べると条件は厳しい。

もし1年間一切使わなかった場合は、年会費が500円(税抜)かかる。金額的にそこまでの負担にはならないが、楽天ANAマイレージクラブカードを発行するなら年に1回は使おう。

10円のお菓子を買うだけでも、年会費は無料にできるのだ。

通常の楽天カードでもポイントはマイルに交換できる

楽天スーパーポイントをANAマイルに交換できるのは、楽天ANAマイレージクラブカードだけの特権ではない。

そのため無理に楽天ANAマイレージクラブカードを選ばなくても、楽天カードで楽天スーパーポイントを貯めてマイルに交換しても良いのである。

これは要注意ポイントだ。無理をして年会費が完全無料というわけではない楽天ANAマイレージクラブカードを選ぶ必要はない。

楽天ANAマイレージクラブカードはどんな人におすすめ?

最後に、楽天ANAマイレージクラブカードはどんな人におすすめかをまとめる。

通常の楽天カードに比べて用途が特化しているので、万人向けとは言えないことに注意しよう。

ANAの飛行機に乗る機会が多い人におすすめ

最低限満たしているべき条件は、ANAの飛行機に乗ってマイルを貯める機会があることだ。

マイルを貯めたり使ったりすることがないのにわざわざ楽天ANAマイレージクラブカードを選ぶ必要はない。おすすめというよりは、これに当てはまらない人が発行する意味はないことになる。

飛行機に乗る機会は多いけれど、使いたいのは楽天スーパーポイントの人

楽天スーパーポイントからANAマイルへ交換すると、正直なところ損だ。還元率が1%から0.5%に下がってしまう。

しかし飛行機に乗って貯めたマイルを楽天スーパーポイントに交換するなら、等価交換できるので還元率的にも問題は無い。

飛行機に乗ってマイルはどんどん貯めるけれど、楽天スーパーポイントとして使いたい。

こんな人は楽天ANAマイレージクラブカードを発行して、普段の買い物とフライトでどんどん楽天スーパーポイントを貯めていくのがおすすめだ。

まとめ

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天スーパーポイントとANAマイルを貯められるクレジットカードだ。

2つの機能が兼ね備えられた上に、楽天Edyや楽天ポイントカードの機能も搭載。4つのカードが1枚にまとまる特徴を持っている。

ANAを利用することが多いなら、通常の楽天カードだけでなく楽天ANAマイレージクラブカードを検討してみるのも良いだろう。

しかし年会費の違いなどデメリットもあるので、じっくり検討して自分にあった方を選ぶのがベストである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。