治験アルバイトは本当に危険なのか?短期間で楽に稼げる治験を詳しく解説をしよう!

治験アルバイトは危険

最近治験バイトというのが一般的に知られるようになってきて短期間でカネが稼げるということで人気のようだ。もちろん治験自体は昔からあったわけだが、なかなか一般のアルバイト情報誌に載ることはなかったので、噂でしか知らない人が多かったようだ。噂というのは尾ひれがつくと決まっている。その尾ひれというのが治験は危ない、危険のようなグレーなイメージが広まったんじゃないかと勝手に思っている。

ところが今は猫も杓子も何を調べるにもネットだ。治験バイトのことも体験談もたくさん出ているし、ネット上から直接申し込むことだってできるわけだ。しっかりと内容を理解すれば、いかに安全かということが良く分かる。もちろん100%安全ということはないかもしれないが、それはどんなバイトだって同じだ。

ではまず治験バイトについて詳しく説明をしよう。

続きを読む

高時給の稼げるアルバイトランキングを集めてみたので効率よく稼ぎたい人は参考にしてほしい

高時給の稼げるアルバイトランキング

若いうちはとにかく時間はあってもカネがない!もっとカネがあれば学生生活がどれだけ楽しいものになるか、想像しただけでワクワクする。その気持ちはすごく分かる。若い時は時間よりもとにかくカネがほしい。もっと遊びたい。学生生活を楽しみたい!そうなれば手っ取り早く稼げるアルバイト、しかもできるだけ高時給のバイトを探したいと思うのは自然な流れだ。

若いうちはいろいろと経験をしたほうがいいし、ちょっとしたバイトの経験が、後の人生にすごく役に立つということも考えられる。というわけで高時給の稼げるアルバイトランキングを勝手に作ってみた。多少個人的な主観も入っているが、そこそこは役に立つと思うのでぜひ参考にしてほしい。

ランキングと書いているが順不同だ。アルバイトは向き不向きもあるので順位をつける必要はないと思っている。

続きを読む

手取り16万で一人暮らしは可能?将来を見据えて転職すべきかどうかの答えを教えよう!

手取り16万円

毎月の給料が手取り16万円だったらどんな生活になるか?このページにアクセスしているということは、今現在の給料が手取りで16万円ぐらいか、あるいは転職先の給料が手取り16万円ぐらいでちょっと不安になってるとかじゃないか。

分かっていると思うが、手取りというのは実際の給料から税金などを引いた支給額と言うことだ。その手取りが16万円ということは、総支給額がだいたい20万円程度ということになる。

これは大卒男子の平均的な初任給とだいたい同じぐらいだ。大卒男子の初任給は20万円ちょっとぐらい。もちろん職種によってはここに手当てがついたり、残業がついたり、あと交通費なども出るだろうから、実際にもらえる金額はもう少し高くなるかもしれない。とは言え大幅に増えることはない。

つまり手取り16万円というのは大卒男子の初任給と同じということ、言い換えれば20代前半の独身男子の給料と言うことだ。

続きを読む

肉体労働は本当にキツイのか?体力さえあれば実はホワイトかもしれない肉体労働のメリットをまとめておく

肉体労働

肉体労働というとしんどいのに給料安くて、社会の底辺のようなブルーカラーのイメージが完全に定着しているが、本当にそうだろうか?

まず体力が必要なのは言うまでもないが、健康で体力にさえ自信があれば、これほどやりがいのある仕事はなかなかないかもしれないぞ。

ブラック企業で毎日サービス残業している人も、なかなか自分に合った仕事が見つからないと言ってるヤツも一度肉体労働をしてみると、もしかしたら新しい人生が開けるかもしれない。

もちろん日雇いで一ヶ月ほど働いたからといって何かが変わるわけではない。せいぜい少し体力がつく程度だ。しかしデスクワークで疲弊している人間にとっては時には外で思いっきり汗かいて働くというのはリフレッシュができるのも事実だ。

ここでは日雇いの一時的な肉体労働ではなく、転職先としての肉体労働の仕事について見ていこう。

続きを読む

男性だけど事務職として働きたい人は意外と多い!ノルマもなく定時に帰れる事務職は本当に居心地がいい!

男性の事務職

男だけど事務職で働きたいと言う人間は実は意外と多い。理系出身だったり、専門分野がある場合は別だが、文系の人間が普通に就職活動をすると、男は総合職や営業など比較的いろんな役割を求められる職に就くことが多い。

特に中途採用や転職となると専門分野がなければ、だいたい営業職というパターンになってしまう。もちろんスーツを着て仕事がしたいという場合の話ではある。もっと範囲を広げれば運送業、飲食店、工場内の仕事などいろんな仕事はあるにはあるが、デスクワークでしかも定時に帰るという事務職に憧れた男性も多いのではないだろうか。

今回はどうやったら男が事務職としての仕事に就けるかどうか?というのを考えてみよう。

続きを読む

【メンズ向け】長財布を買うか迷っている人は必読!長財布+薄い財布が最高に便利だ!

おすすめの長財布

スーツを着こなしてびしっと仕事をしたいと考えているなら財布は長財布に限る。特に財布に何でもかんでも詰め込んでしまうような人は長財布のほうが容量もあっておすすめだ。

しかし長財布1つしかないとオフの日はどうする?上着を着ない時はどこに入れる?とかいろいろと不便なことがあるのも事実だ。特に男は女性のように財布をかばんに入れる習慣が少ないので、大きな財布、分厚い財布だと身に付けるのに不便を感じたり、失くしやすいというデメリットもある。

また、ネットで長財布を調べると、長財布はお金持ちになりやすいとか、成功者はみんな長財布を持っているとか、そういう記事がよく出てくるが、これもある部分は当たっているとも言える。

その辺りも含めて長財布をテーマにうまく財布を使いこなす方法を教えよう。

続きを読む

職場の人間関係で悩んで転職を考えているなら、こんな必殺技もある!

職場の人間関係

社会に出れば嫌でもいろんな人間と関わりを持つことになる。会社の同僚、部下、上司はもちろん、いろんな部署の人間、それに取引先などだ。学生時代はどんなに年が離れててもせいぜい5歳程度年が上の先輩がいるぐらいだ。5歳程度なら大きな括りだと同じ若者だ。しかし一旦社会に出てしまえば一気に周りの景色が変わる。

10や20ぐらい年上ならまだまだ話は合うほうで、自分の親や下手したら、おじいちゃんやおばあちゃんぐらいの年代の人とも接しながら、仕事をしないといけない環境におかれるかもしれない。

そこでみんな一度は悩むのは人間関係だ。職場での悩みの大部分はこの人間関係に凝縮されていると言っても過言ではないぐらい大きな問題でもある。

続きを読む

おすすめの短期バイトとはいかに効率よくお金が稼げるかが重要だ!条件を欲張りすぎてはいけない!

おすすめの短期バイト

今の時代、急に会社をクビになったり、アルバイトを辞めさせられたり、派遣の契約を切られたり・・・など、ある日突然収入がなくなってしまうということも普通に起こるようになってきた。

これは正社員と言えども大手でない限りは、可能性としては考えておかなくてはならない。ある程度まとまった貯金があるのなら、しばらくは貯金を切り崩しながら次の就職先なり、アルバイト先を探せばよいのだが、なかなかそう簡単には見つからないということもある。

毎月の収入がなくなってしまうと、一気にお金が減っていく。意外とみんなこのことには気付いていない人も多い。

例えば毎月5万円ずつ貯金をしたら、1年で60万円貯まる。1ヶ月の生活費が20万だったとすると、せっかく1年間一生懸命働いてコツコツ貯めたお金がたった3ヶ月でゼロになってしまうのだ。しかも車の頭金にしたとか、ほしいものを買ったとかでなく、単なる生活費として消えてしまうわけだ。

だから収入がゼロになるというのは自分が思っている以上に恐ろしいということを認識しておくことだ。

続きを読む

フリーターだけどクレジットカードがほしい!アルバイトでも審査が通りやすくする方法とは?

クレジットカードとフリーター

フリーターとは今から約30年ほど前にできた言葉だ。それまでは高校、または大学を卒業したら社会人となる。つまり正社員として働くことが当たり前とされ、フリーターはもちろん派遣社員という言葉さえ一般的ではなかった。

ところは今は正社員以外に派遣社員、契約社員、フリーターといろんな働き方の形態がある。しかもこれだけインターネットが普及している今となっては、日々の生活にクレジットカードは欠かせないものとなっている。

もちろんクレジットカードを作るには審査があるわけだが、どうしてもフリーターの場合は収入が不安定なこともあり、普通の会社員よりは作りにくいのは確かだ。

しかしフリーターとは言えクレジットカードがないと不便なことも多いので、フリーターでも作りやすいカードや審査のことなどを少しまとめておくので参考にして欲しい。

続きを読む

出張でも旅行でも海外行くなら海外プリペイドカードは絶対に持っておこう!

海外プリペイドカード

昔と違って今は簡単に海外に行ける時代だ。しかもLCC、いわゆる格安航空会社が一般的になりつつある今は、かなり安く手軽に行けるようになった。若者の海外離れとか言われてここ数年は海外旅行者数はあまり増えてはいないようだが、それでも毎年のべ1600万人ぐらいは海外に出国している。

昔は海外旅行といえば現金は危ないからとトラベラーズチェックといって、いわゆる海外旅行者向けの小切手が銀行から発行されていたので、海外旅行に行く際は持っていく分の現金を銀行などで変えておくのが一般的だった。現金なら海外で紛失や盗難に合えば絶対に返ってこないが、トラベラーズチェックの場合は再発行してもらえるためだ。もちろんクレジットカードもあったが、今ほどどこでも使えるということもなかった時代だ。

しかし今はクレジットカードがあれば、たいていの支払いはできるが、それでもやはり現金は必要である。では海外に行く時にどうやって現金を持って行けばいいのか?また現地での管理はどうすればいいのか?を具体的に紹介しよう。

続きを読む