お金を借りたいと思ったらまずは読むべし!お金を借りることの重大さとどこから借りるのが良いかのレクチャー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生に本当にお金がなくて困ってしまった時、どうしても今すぐお金が必要って言う時が多々あると思う。そんな時はいったいどうすればいいのか?というのをここで説明しよう。

高校生や大学生がちょっとお金を貸してレベルですぐ返せるようなレベルであれば問題はないが、額が大きくなってしまったりすると特にいろんなものが関わってくる。

簡単に手軽に借りてしまったばかりにその後の人生で取り返しが付かなくなってしまう事例も多々ある。というか、そういう事例のほうが圧倒的に多いのだ。

たかだ1万円、されど1万円。

1万円を借りる時は1万円の重みをしっかりと確かめて借りる。そしてすぐに返すことだ。

お金を借りる順番

ちょっとお金が足りない!という時でも今は手軽にクレジットカードのキャッシングや消費者金などで簡単に申し込みができて借りれてしまうという現状がある。

消費者金融といえば、一昔はサラ金と言われて、イメージもすごく悪く、絶対に手を出してはいけない怖いところ、というイメージだった。それが「キャッシング」とか「カードローン」という比較的ライトな言葉に置き換えられることによって、手軽にキャッシングする人が増えてしまった。

特に最近では消費者金融の申し込みもアプリをダウンロードしてできるとか、かなり手軽に感じてしまう部分があり、余計に注意が必要だ。

念のために言っておくと、クレジットカードのキャッシングや消費者金融、銀行のカードローンなどを否定している訳ではない。ただ金利というものを甘く見ている人が多いので、もし利用する場合はちゃんと理解しておくべきということだ。

そしてこういった賃金業者から借りる前に、もし可能であれば他の方法でお金を借りることを強く勧める。

ということで、借りていいところ、絶対に借りてはいけないところを以下にまとめたので参考にしてほしい。

1.親にお金を借りる → ◎

これは◎だ。もし可能であればまず最初に相談すべきは、自分の両親だ。

もちろん資金の使い道にもよるし、親の財力にもよるし、日ごろ親に当たり前のようにお金を借りて全然返さないというパターンができてしまっていたら、多少は難しいかもしれない。

もちろん起こられるかもしれないし、延々と説教されるかもしれない。

しかし、世間一般では自分のことを理解してくれる最大の理解者であることも間違いない。

せっかくなので「親の立場」で言わせてもらうと、自分の子供がお金が困っていたら、たとえ車や家を売ってでもなんとかしてやりたいと思う。もちろん内容によっては怒ることもあるかもしれないしが、しかしそれでも子供に

2.祖父母にお金を借りる → ◎

まあこれも親に借りるのと同じようなもん。親と祖父母の関係には注意。

3.質屋でお金を借りる → ○

質屋といえば、ひと昔前までは路地裏でひっそりと営業していて、お金に困った人がこっそりとお金を工面しに行くというイメージでした。もちろん今営業している質屋さんも古くから営業しているところが多く、裏通りなどにあることが多いです。ただインターネットの普及によってネットショップを立ち上げて質流れ品を販売したりするところも増えてきています。

また最近では少し前にいろいろと話題を振りまいていた質屋アプリキャッシュなども登場しています。キャッシュについての詳細はここでは省きますが、両親や祖父母などからお金を借りれない場合、何か売るものがありそうなら質屋さんを利用してみると良い。

4.銀行カードローン → △

まあこれも借金だからおすすめではないが、クレジットカードのキャッシングよりは多少金利も安いし、手軽とは言え、ちゃんと申し込みをして審査をしてという順を追うので、「自分は借金をしている」という罪悪感も味わえるので、行動にも多少は注意するようになるだろう。どうしても借りないといけない場合は、限度額内なら何度でも使えるような設定にせず、毎月の支払いは給料日当日に自動引き落としというふうにするのが一番良い。

5.消費者金融 → △

上記の銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングで借りれなかった場合は、消費者金融に行き着く人も多い。さすがに銀行よりは審査も通りやすいだろうというのがその理由だ。とは言え消費者金融からお金を借りるというハードルも昔に比べてはるかに低くなっているので、最初から大手の消費者金融に申し込みをする人も少なくない。確かに手軽に借りられることには変わりはないが、そのお金が本当に必要かどうかというのをしっかりと見極めてから借りるようにするべし。

6.クレジットカードのキャッシング → △

できれば避けたいところだが、どうしてもということなら仕方ない。もしキャッシング枠があるのなら、使えば良い。但し、リボ払いにはしないよう!ものすごく高い金利を取られることになる。もうひとつ忠告するとすでに持っているクレジットカードのキャッシングは、お金を借りるといっても銀行からお金を下ろすのと変わらない間隔なので、自分のお金と勘違いしやすい。

クレカのキャッシングが元で大きな借金に発展する人はほとんどの人がこの罠に陥っている。例えば10万円のキャッシング枠で3万円キャッシングしたら、利用残高が3万円で、その時点の利用可能額が残り7万円だ。この7万円が自分のお金だと錯覚してしまうのだ。つまり「あと7万円使える」という謎の自信がついて、ついつい使いすぎてしまうので要注意だ。

7.彼氏・彼女に借りる → △

まあこれは絶対ダメというわけでもないが、できれば避けたいところだ。特に二人の関係を崩したくないのならやめたほうがいい。

8.友達に借りる → ×

これ、意外と貸し借り多い人っているんだけど、これはダメ!絶対!

まあいろんな意味でダメだ。もちろん貸すのもダメだ。もし大学生ぐらいでちょっと2000円貸してぐらいならまあいいだろう。しかし大金はダメだ。1万円でもダメだ。

もちろん緊急時は仕方ない。一緒に旅行に行って財布をなくしたなどは助けてあげるべきだ。しかしそれ以外は絶対にだめだ。

友達に借りるとお互いに気を使う。疎遠になる。忘れててほしい。そして自分もできれば貸さない。

9.クレジットカード現金化 → ×

それ違法です!

10.闇金融で借りる → ×

もうこれは絶対に×だ。当たり前だが、ものすごい高い金利を取られる。時々ネットで「ソフト闇金」とか「やさしい闇金」といった言葉で勧誘しているサイトをよく見かけるが、はっきり言ってソフトでもなければ、やさしくもない。特に金利は「トサン(10日で3割)」とか「トゴ(10日で5割)」といったものすごい金利だ。ミナミの帝王の満田金融が低金利に思えてしまうぐらいの暴利だ。トゴなんて10日ごとに5万円返済、つまり月15万円返済したって、元金は一切減らないという悪魔のような金利だぞ。

お金を借りるよりまずは工面を考える

ここまでお金を借りるという前提で話を進めてきたが、可能であれば借りるよりもまずは工面をすることを考えてみよう。

これだけネットやスマホが普及しているのでちょっとした小遣い程度であれば、比較的簡単に稼ぐことができる時代だ。