仮想通貨は儲かる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年はビットコインの高騰とともにまさに仮想通貨元年というような年だった。春ごろに1ビットコインが10万円ほどだったのが、年末には200万円前後、最大で240万円まで一気に上がったのだ。

つい1年ほど前は仮想通過と聞いても、ほとんどの人はピンと来ない人がほとんどだったようだが、たった1年ほどの間でテレビCMやテレビの特集などでも仮想通貨という言葉が取り上げられることが多くなった。

仮想通貨の一番有名なビットコインでさえ、たった1年で20倍というすごい金額になり、昨年1年で「億り人」と呼ばれる、仮想通貨投資だけで1億円を達成した人が続出している。

ビットコインに関してはすでに1ビットコインが200万円前後になり、さすがにもう上がらないのでは?という人もいる反面、まだまだ3000万とか5000万まで上昇するという専門かもいる。

もちろん実際これからどうなるかは誰にも分からないが、1ビットコインが今の5倍の1000万円程度なら十分上昇する可能性は高いかもしれない。

また、ほとんどの人は仮想通貨=ビットコインと思っているようだが、ビットコインというのはあくまでも仮想通貨のうちの1つに過ぎない。仮想通貨は日に日に増えているので、正確な数は把握できないが、少なくとも2018年1月現在では軽く1000種類は超えていると言われている。

つまり、手堅く儲けたいならビットコイン、未来のビットコインを探すなら、アルトコインと呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨を探して投資するという方法もある。

仮想通貨の取引ができる、仮想通貨国内取引所も今年はさらに増えてくるようだから、仮想通貨はまだまだこれからだ。少なくとも2018年の1年は最も熱い投資対象になることは間違いないということを説明しよう。

「仮想通貨」と「ビットコイン」よく耳にするこの2つのキーワードの関係

仮想通貨というと真っ先に思い浮かぶのはビットコインだろう。もちろんそれは正しいのだが、ビットコインというのはあくまでも仮想通貨の中の1つであって、仮想通貨そのものではない。

例えば外貨と言えばドルを思い浮かべる人も多いが、実際にはユーロやポンドなどがあるのと同じだ。

ビットコインは取引量や時価総額一番高いため、最も取引されているため一番有名だ。

ビットコインは2017年の1年でどれくらい上昇したか

2017年1月1日
2017年6月30日
2017年12月31日

最高値は240万円

2017年のビットコイン以外の通貨の上昇率

 

2018年今から仮想通貨を始めても遅くはないのか?

確かに2017年は仮想通貨元年とも言うべき盛り上がりを見せたのは事実だ。

わずか1年で約20倍になったビットコインのことを考えれば、今から参戦してももう遅いのではないか?と思うのも無理はないだろう。

ビットコインで言うと1ビットコインが200万円になったわけだ。さらにここから20倍になれば、1ビットコインが4000万円になると考えれば、さすがにそれはないだろうと思う人がほとんどだ。

もちろんビットコインがここから50倍とか100倍とかになるのは少し考えにくいが、資産運用としてまだまだ上昇する可能性を残しているのも事実だ。

その理由を挙げよう。

仮想通貨がまだまだ儲かると考えられる理由その1.

国内の仮想通貨取引所がまだまだこれから新しく事業として立ち上がること。

爆発的に儲けたい人は

ビットコインを買うべき理由

日本の取引所に上場しているオルトコインを買う理由

海外の取引所でしか取引されていない草コインを買う理由

おすすめの国内仮想通貨取引所一覧