鹿児島で出会いを求めるならおすすめ出会い系やアプリなどを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島にずっと住んでいる人はもちろん、出張や旅行で鹿児島に来て、ちょっと異性と出会いたいと思ったときに役に立つのが出会い系サイトやアプリだ。

もちろん時間やお金に余裕のある人は後で紹介する出会いスポットに行ってみるのもいいが、スマホ全盛の今の時代、わざわざ遠回りしなくても、登録してあっという間にお相手をゲットして、そのまま食事はもちろん、意気投合すればもちろんその後も・・・という展開もあっという間にできてしまうのである。

出会い系サイトやマッチングアプリ別、鹿児島でのプロフィール登録者数

最近いろんなサイトやアプリが次から次へと出てくるので、一体どこに登録すればいいか分からないと困っている人も多いだろう。

そんな人にアドバイスするのが、都道府県別の登録者数だ。一概に登録者数○○万人!とか書いてあってもイマイチピンとこない人も多いかもしれないが、都道府県別で分けられているとかなりリアルにその数字が分かるはずだ。

そこでジョブタス編集部では、大手出会い系の総登録者数が上位の3社を中心に鹿児島に登録されているユーザー数を比較してみた。

ユーザー数(全国) 鹿児島のユーザー数(男性) 鹿児島のユーザー数(女性)
PCMAX 調査中 調査中 調査中
ハッピーメール 調査中 調査中 調査中
ワクワクメール 調査中 調査中 調査中

鹿児島での出会いに出会い系を使うのがおすすめな理由

まず結論から言うと手っ取り早いということが最大の理由だろう。これは別に男性に限らず、女性にも当てはまる。

異性と出会いたいと思っても、その人それぞれ理由は様々だ。ちゃんとまじめにお付き合いができる異性がほしい。彼女(彼氏)はいるが、たまに食事に行く飲み友がほしい、不倫相手がほしい、結婚相手がほしい、大人の関係で時々会える相手がほしい・・・などなど、本当に人それぞれだ。

確かに最近は相席屋やシングルスバーなど異性と簡単に出会える店や空間が増えてきている。鹿児島にもそういったお店は増えつつある。とは言え、自分の目的と相手の目的が同じとは限らないし、実際行った人は分かると思うが、なかなか簡単にうまくはいかないものだ。

出会い系の場合、顔が見えないという最大のデメリットはあるが、お互いの目的がはっきりとしているため、非常にうまくいきやすいのだ。特に今の20代30代の人たちは出会い系を使うことに抵抗がない人がほとんどであるため、例えば5年くらい前と比べても、格段に出会い系を使う人が爆発的に増えているのだ。

それこそ昔は東京や大阪などの大都市以外のましてや地方の都市なんて登録者がほとんどいなかったのだが、上の表を見ても分かると思うが、地方でもかなりの人数が登録して普通に使っているのである。

そんな事情もあり、ジョブタス編集部では鹿児島で出会いを探すなら、出会い系サイトで探すことを強くおすすめする次第である。

もちろんどうしてもリアルで出会いたいという人のために鹿児島の出会えるスポットなどをいくうか次項で挙げておくので参考にしてほしい。

鹿児島でPCMAXを使ったユーザーの口コミ

36歳男性 会社員 日常的に利用
会社から帰る電車の中で出会い系アプリを使って、気に入った女性にアプローチをしていました。乗り換えの駅で、スマホをチェックすると、女性からメッセージが届いているのに気付きました。立ち止まってメッセージをやり取りし、1時間後に今いる場所で会う約束ができました。コーヒーショップで時間をつぶしていると、「着いた。白いワンピース」というメッセージが届きました。コーヒーショップの入口に、色っぽい大人の女性が立っていたので、走って店を出て、彼女と会う事ができました。そしてコンビニでビールを大量に購入し、タクシーでラブホに行きました。飲み会とエッチとで、とても楽しい夜になりました。
30歳男性 会社員 日常的に利用
出会いアプリで飲み友を募集していた23歳のOLの女性とやり取りをしてアポを取る事が出来ました。女性が指定してきた駅で待ち合わせをして近くに居酒屋に飲みに行きました。容姿は普通の女の子という感じでしたが、愛嬌が良くて話しやすかったので楽しくお酒を飲む事が出来ました。また女性の趣味がスポーツ観戦で自分と同じでしたのですぐ意気投合する事も出来てしまいました。今後は飲みに行くだけでなくスポーツ観戦も一緒に楽しみたいと考えていきます。
36歳男性 会社員 日常的に利用
出会いアプリの掲示板に暇だから誰か遊びませんかと投稿していたら22歳の女子大生がメッセージが来ました。女子大生も暇みたいで遊んでほしいという事でした。女子大生が指定してきた駅前のコンビニで待ち合せる事にしました。それで待ち合せ場所に行ってみると白のミニワンピを着た若い女性が一人で待っていました。話しかけてみるとやり取りしていた女子大生ですごく可愛いので驚きました。カラオケをしたりゲームセンターで遊んだりして楽しい時間を過ごせました。

鹿児島で異性と出会えるスポット

相席屋 鹿児島天文館店

鹿児島市東千石町1 東千石町1−24 セイワ文化ビル B1F
公式サイト:https://aiseki-ya.com/shop/area_kyusyu-okinawa/kagoshima/kagoshimatenmonkan/

ORIENTAL LOUNGE RIGO KAGOSHIMA (オリエンタル ラウンジ リゴ カゴシマ)

鹿児島市東千石町13−13−3 VISION BILD
公式サイト:http://kagoshima.oriental-lounge.com/

鹿児島のおすすめスポット

市街地のすぐそばに活火山

噴煙を高々と上げる桜島が県庁所在地の鹿児島市、市街地数キロのところにあります。時には火山弾が車のボンネットを貫通することもあります。風向きによっては、火山灰で街が覆われることもあります。火山灰はわずかなすきまから入り込んでしまうため、車や電化製品の傷みや消耗が激しいです。暑い季節の場合、窓を開けられなくなるので、エアコンがない部屋は蒸し風呂状態になります。

晴れていても洗濯ものには注意していないと火山灰が降ると洗濯をやり直す必要があります。一方で鹿児島市からは朝日が昇る東方向に位置します。朝日に映し出されるシルエットは見事です。冬には南国ながら冠雪し
夏は緑にもえ、四季折々の美しい景観で見る人々を魅了してくれます。

本土最南端ながら明治維新を主導

京都や江戸から遥か遠くに立地しているにも関わらず維新の志士を多数生みました。NHK大河ドラマで有名な天璋院篤姫、西郷隆盛は鹿児島の出身です。西郷とともに維新を主導した大久保利通も薩摩藩の下級武士出身です。薩摩藩は関ケ原の戦いでは豊臣方であったため外様大名になります。

しかしその石高は公称では全国二位の77万国を誇っていました。ある意味統治の中心から遠かったことが独自の価値観を広げていくことに幸いしたのかもしれません。少し時代をあとにする大山巌、東郷平八郎も鹿児島の出身です。大山巌は西郷隆盛の従妹にあたります。幕末から明治、大正、昭和にかけて鹿児島からきら星のごとく大人物が輩出しています。

男性天国、極端な男尊女卑の風土

薩摩の女性は男性を立てるだけでなく、朝早くから夜遅くまで良く働きます。本土最南端のため昔も今も見どころのある男性は中央へ海外へと飛躍していきます。そのため県内に残っている男性で経済力が高い、容姿に秀でる者の割合はわずかです。

そういう男性の心を射止めるには女性の器量だけでは足りず、謙虚さ、あげくの果てには就労能力の高さまで求められます。男性の方は都会と違って女性に困ることはないので、余り身なりにも構わず粗忽にふるまうことが許容されています。前知事が「女性に三角関数は要らない。草花の名前を知っていればいい。」などと発言し全国的には物議を醸しましたが、地元の人は男女とも本音では「その通り」と思っていました。

出会いについてよく読まれている記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*