保育士と出会いたいなら出会い系がおすすめの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育士と出会いたいと思う男性は結構居る。なぜなら、保育士と家庭を作るとなると自分の子供も大事にして貰えそうだし、安心して家庭を築く事ができるとイメージしやすく、それになんだって許して貰えそうなイメージが子供の頃からあるだろう。女性側も子供がとにかく好きで、保育士や幼稚園で働くのが夢だという人が夢を叶えて保育士になった!という人が大半だろう。

しかし、実際に保育士で働くとなるとそれなりに理想と現実とは違う訳である。そんな保育士の仕事を知って、保育士とうまく出会うコツを紹介するので参考にして欲しい。

保育士は過酷な仕事

最近でこそ、まだ給料が上がったものの保育士の給料は基本的に安い。肉体労働な上に、とっさの判断だって必要だし、何よりも他人の子供を預かる大変な仕事だ。一瞬だって気は抜けない。0歳から6歳まで幅広い年齢の子供たちが朝から晩までノンストップでぶつかってくるのに答えないといけない。

なのに給料は最低賃金に限りなく近いので、日本〇ね!事件までは本当に保育士として復帰する人なんて殆どいなかった。なのに、男性からは国家資格だからそんなはずはない。もっと稼げるはずだと言われ、一生懸命働いてもほぼ報われない。本当に子供が好きというだけではできない仕事であり、生計を立てていくにはかなり遠い所にあるような半ボランティア的仕事であるとも言えよう。同じボランティア精神を活躍するのなら、看護師の方がよっぽど効率的であることを就いてみてから理解するだろう。なのに、上は給料を出さないし、保護者からのクレームはドンドン入るし、何でも保育士に押し付けてくる保護者に腹を立てることだってある。体力的にも精神的にも長く続けれるような仕事ではない。

保育士にも出会いがない

もちろん保育所にやってくる男性は、お父さんであり既婚者である。

独身の若い子が保育所に来るなんてのは、宅配便位ではないだろうか?となると保育士の出会いは格段に減ってくる。その上にストレスを発散する体力も残ってないし、出会いを探す気力もないし、場所もないとなればどこへ行くかといえば結構出会い系サイトに居たりする。

出会い系サイトなら、いつだって誰かいて話を聞いてくれるからだ。それで出会って彼氏にでもなれば、別に出会い系サイトで出会ったからといっても、そのまま結婚してもいいと思っているような子だって沢山居る。というよりも、出会い系サイト無しでは出会う場所が無くなってしまうからだ。お見合いとか婚活ではなく、もっと気軽に出会って付き合いたい、普通に恋愛したいと思っているような子が多い。そこはまだ夢を見ているのだ。

保育士と付き合いたいなら話を聞いてやる事

上記の通り、保育士は本当に大変だ。いう事を聞かない子供と保護者、まとめようとしてもまとまらない同僚。意見が通らない上司。しかも肝心の給料や休み、労働時間は過酷だ。

なので、看護師と付き合いたいと思うならじっくりとひとつひとつ話をゆっくり聞いてやることだ。話を聞いてくれる人を求めているんだから、聞いてやればいい。

聞いてやるうちに仲良くなれるのは確実だ。出会って、話を聞いているうちに保育士に「この人しかいない!」と思わせる事ができれば結婚も早いだろう。結婚すれば、子供だってすぐに沢山できるだろうし、育児のプロなんだから安心して任せておけるのが最大のメリットだ。女性ばかりの中で仕事をしてきたので、きっと近所づきあいだってうまくやれるだろう。

まとめ

母性が全開の保育士という仕事をしている人を結婚相手に選ぶなら、容易に結婚後の自分の家庭が想像できるのが最大のメリットだ。結婚後にどこから見ても幸せな家庭というものが作れそうで、自分の幸せを想像しやすいので人気な職業になってくる。まずは話を聞いてやり、理解している所を見せて近づいていこう。

出会いについてよく読まれている記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*