個人事業主やフリーランスにおすすめのクレジットカードを厳選!審査が不安な方も必見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランスや自営業のおすすめのクレジットカード

個人事業主、いわゆるフリーランスや従業員が数名の自営業として生活しているなら、持っておきたいのがクレジットカードだ。

クレジットカードがなければ、むしろ事業をこなしていくのに支障が出るとさえ言えるだろう。

クレジットカードの中には、個人事業主が使いやすいように特典があるものもある。もちろん特に特典がない、個人向けのクレジットカードを使うのも良いだろう。

今回は、個人事業主が発行するべきクレジットカードについて解説する。特に法人の身分である必要がなく、発行しやすいものを中心に選んだ。

銀行口座も特に記載がなければ、個人用で発行できるものを選んでいる。あまり大々的に事業を行なっていない人でも発行できるので、安心して申し込んで欲しい。

個人事業主がクレジットカードを所有するメリットと注意点

個人事業主がなぜクレジットカードを持つべきなのか、解説しよう。

何かと預金や手持ちの現金が動きやすい個人事業主にとって、クレジットカードは事業を楽に行える便利アイテムだ。

事業用の支払いをまとめられるので、迷わずに済む

まずクレジットカードがあれば、支払いを全てカードにまとめられるのが便利だ。

現金や銀行口座の引き落としなどで支払うと、どうやって支払ったのかがわからなくなり後から整理する際に苦労させられる。

しかし1枚のクレジットカードに全ての事業関連の支払いをまとめれば、「このカードで支払った」と確認するまでもなくわかるので迷わずに済む。

また全てが明細書に記載されるので、漏れも起こりにくい。これだけでも、事業用にクレジットカードを用意するメリットは大きいと言えるだろう。

キャッシュフローを後回しにできるので、今現在手持ちが足りなくても支払える

売り物を購入したり仕事で使う機器を購入したりと、大きな金額がよく動く個人事業主もいるだろう。

買い物の際に現金や口座の預金が足りなくても、クレジットカードで支払えば実際に資金が動くのは後になる。そのため予算不足で買えない、ということが起こりにくくなるのもメリットだ。

ただし注意したいのは、翌月末や翌々月頭に支払いがあるのでそれを忘れないことだ。支払いが滞ると大問題である。

注意:個人事業主の場合、クレジットカードの発行を断られる可能性がある

学生時代や過去に会社などで働いていた頃にクレジットカードを作って滞りなく支払えていたり、携帯電話の代金を滞りなく支払っていたりといったいわゆる「クレヒス」があればおそらく問題ないが…。

個人事業主が初めてクレジットカードを作る場合は、カードによっては発行を断られる場合もあることに注意したい。信用面で、会社員などに比べて劣っているからだ。

もし発行を断られてしまったら、できるだけ収入を安定させたり今の自宅の居住年数を長くしたりなどして、信用が高い状態になってから申し込む必要があるだろう。

個人事業主は、まず楽天カードを検討すべし

楽天カードは、個人事業主でも個人会員として普通に契約できるクレジットカードだ。年会費が永年無料で、国際ブランドは3つの中から自由に選べる。

一般向けに広く普及しているクレジットカードだが、事業用にも問題なく利用可能である。

年会費 永年無料
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
ポイント 楽天スーパーポイント

楽天カードはポイント還元に優れている

事業で大金を支払う機会が多いなら、できるだけポイントを取り返したいものだ。

楽天カードなら通常100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが還元される。10万円の買い物をすれば1000ポイント戻ってくるわけだ。

支払いの機会が多い個人事業主なら、どんどんポイントをたくさん貯めていけるのが大きなメリットだ。

さらに買い物を楽天市場で行うならポイントは4%還元になる。事業で使う消耗品などをできる限り楽天市場からかうようにすれば、ポイントが貯まりに貯まって笑いが止まらない。

明細をスマホからすぐ見られるのもメリット

楽天カードは大手のクレジットカードということもあり、使いやすい工夫がいろいろなされている。

例えば利用明細をスマホ向けのアプリからすぐに確認できるのは、楽天カードのメリットだ。

利用可能額もすぐにアプリやブラウザから確認できる。自営業ならあといくら使えるかとっさに確認することがあるものだが、楽天カードならすぐに確認できるので使い勝手が良い。

法人口座があるなら、楽天ビジネスカードも検討したい

楽天カードはあくまで個人向けのクレジットカードとして提供されている。

もしも法人口座があるなら、より個人事業主が使いやすい楽天ビジネスカードも検討してみたい。

年会費 2,000 円(税抜)
国際ブランド VISA
支払い口座 法人口座
ポイント 楽天スーパーポイント

楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードの子カードとして発行できる、個人事業主や法人向けのクレジットカードだ。支払い口座が法人口座に限られている。

プライベート用は楽天プレミアムカード、事業用には楽天ビジネスカードというように使い分けられるのがまず便利だ。

そして楽天ビジネスカードがあれば、VISAビジネスオファーを使える。事業関連の優待サービスを受けられるので、何かと便利だ。

また複数人従業員がいてそれぞれが事業用の車を使い高速道路に乗ることがあるなら、ETCカードが複数枚発行できることもメリットとなる。

無理に選ぶ必要はないが、楽天カードを発行する際はよりビジネス向けの楽天ビジネスカードも検討してみると良いだろう。

20代前半なら、三井住友VISAデビュープラスから徐々にランクアップすべし

まだ20代前半なら、事業用に発行したいのは三井住友VISAデビュープラスだ。デビュープラスは18歳以上25歳以下の個人が申し込める。

年会費 1,250円(税抜)、年1回以上利用で無料
国際ブランド VISA
ポイント ワールドプレゼントポイント

通常の三井住友VISAカードよりポイントを貯めやすい

ポイントは通常の三井住友VISAカードの2倍、つまり1,000円利用につき2ポイント貯まる。

10万円買い物をすれば200ポイント貯まり、提携先のポイントや景品と交換できる。これだけでも、出費の多い個人事業主には大助かりだ。

将来的にプライムゴールドやゴールドカードへランクアップできる

25歳を超えてからカードが更新される際に三井住友VISAプライムゴールドカードへ、30歳を超えてからプライムゴールドを更新する際はゴールドカードへランクアップできる。

段階的にゴールドカードを所有できるのも三井住友VISAデビュープラスの強みだ。

プライムゴールドカード以上になれば利用可能額が最大200万円まで上がるので、事業の規模がアップするに従って事業での支払額が膨れ上がっていっても対応できる。

クレジットカードを事業で長期的に活用したいなら、三井住友VISAデビュープラスカードを検討すると良いだろう。

発行しやすさを最優先にするなら、ACマスターカードがベスト

冒頭で説明したが、個人事業主など自営業者はクレジットカードの発行に不利だ。

もしもここまで紹介した様々なカードを発行できる自信がないなら、どんな人でも審査に通りやすいと言われるACマスターカードを検討してみると良いだろう。

年会費 無料
国際ブランド MasterCard
ポイント なし

ポイントサービスがないのは難点だが大手国際ブランドのMasterCardで、年会費は無料だ。最短即日で発行できるので、すぐに必要になっても対応できる。

また利用明細もアコムのホームページから、すぐに確認可能となっている。

まずはACマスターカードを事業用に発行し、しばらく利用してクレジットカードの支払い実績が貯まったら、より使いやすい楽天カードや三井住友VISAデビュープラスなどを申し込もう。

まとめ

今回は主に3つの個人事業主向けクレジットカードを紹介した。最後に内容を簡潔にまとめると、

・楽天カードはポイントを貯めやすく、アプリがあるなど使い勝手も良い
・18〜25歳なら三井住友VISAデビュープラスカードを発行して使えば、将来的にゴールドカードにランクアップできる
・今までクレジットカードを持っていなかったなら、審査に通りやすいと言われがちなACマスターカードをまず発行するのがベスト

以上の通りだ。

世の中には個人事業主や法人向けのクレジットカードもたくさんあるが、フリーランスや従業員数名程度の小規模な自営業者なら、無理にそういったものを選ぶ必要はない。

まずは個人向けのクレジットカードの中から、サービスが充実していたり発行しやすかったりするクレジットカードを選ぶべきである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。