イオンカードの口コミや評判は?ポイントや年会費、メリットやデメリットなども詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本全国にあるイオン。都会にも田舎にも、イオンはあるものだ。そのためイオンに行く機会がある人もまた、多いだろう。

食品や生活用品などをイオンで買っているなら持っておいて損はないどころか、絶対に発行するべきなのがイオンカードである。

イオンカードがあればイオンの買い物をいつでもお得にでき、ポイントの還元率も高くなる。今回はイオンカードの特徴について、徹底解説する。

イオンカードとは?特徴を解説

イオンカードはその名の通り、イオン利用者向けのクレジットカードだ。主な特徴は、以下の表の通りである。

年会費 永年無料
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
付帯保険 カード盗難保障
ポイント還元率 通常0.5%
申し込み資格 18歳以上で電話連絡可能な方(高校生を除く)

イオンカードの国際ブランドは3つから選ぶことができ、またカードはWAONが一体型になったものを選ぶこともできる。年会費は永年無料なので、負担にもならない。

それでは、イオンカードの優れている特徴をチェックしていこう。

イオングループなら常時1%還元、10日はポイントがどこでも2倍貯まる

イオンカードは、イオングループの店舗で使うならいつでもポイントが2倍貯まる。

通常はときめきポイントが200円につき1ポイント貯まるイオンカードだが、イオングループでは2ポイント貯まるため1%還元となるのだ。

そして毎月10日は、イオングループに限らずどこでもポイントが200円ごとに2ポイント貯まるシステムとなっている。

ポイントをお得に貯められる機会が多いことが、イオンカードの優れているポイントだ。

20日・30日はイオンに行けば5%オフで買い物できる

イオンカードを20日や30日にイオングループ店舗で使えば、支払額が5%オフになる。

例えば1万円買い物をすれば、500円が割引になるわけだ。これは大きい。

毎月20日と30日にまとめて買い物をするようにすれば、イオンカードはさらに活用できる。

WAONを利用したり、WAON POINTを貯めたりもできる

イオンカードはWAON POINTカードとして、提示することでWAON POINTを貯めることもできる。

そしてWAON機能が搭載されたイオンカードを発行するなら、電子マネー機能で買い物をすることだって可能だ。

ただカードで支払う以外にも活用できるのが、イオンカードの便利な点である。

仮カードなら即日発行も可能

WAON一体型のイオンカードかイオンカードセレクトを申し込むなら、対応するイオン店舗で仮カードを即日発行し、すぐに使うこともできる。

本カードではないのでイオン以外では使えないのがデメリットではあるが、ネットで申し込んで即仮カードを発行・使い始められるのは急にカードが必要になった時などに有利だ。

ちなみに仮カードを入手したら、国際ブランドが搭載された本カードは後から自宅に届く。

イオンカードの審査はかなり甘い

イオンカードは高校生以外で18歳以上、そして電話連絡ができるなら誰でも申し込める。安定した収入など余計な条件は一切ない。

会員数はなんと、国内で2,669万人。日本人の5人に1人以上はイオンカードを持っていると言っても良いくらい、会員数が多いのだ。

またイオンカードの利用層はイオンでよく買い物をする女性層が65%を占めている。つまり自分自身の収入がない人も多くがイオンカードを発行できていると考えられる。

これら3つの条件を踏まえると、他社で延滞等の経験があったり、多重申し込みだったりといったあからさまな失敗さえなければ発行は十分可能だ。審査は甘いと言えるだろう。

イオンカードのメリット・どんな人におすすめ?

イオンカードのメリットを踏まえて、どんな人におすすめのクレジットカードであるかを解説しよう。

イオンやイオン関連店舗を活用している人におすすめ

イオンカードは、イオンやイオン関連のお店で使うことでお得になるクレジットカードだ。

都会でも田舎でも、イオン関連のお店がある場所は多いだろう。もしそこで買い物をする機会がしばしばあるなら、イオンカードを持っておいて損はない。

イオンカードで貯めたポイントは、景品と交換できるだけでなくWAONポイントに交換し、電子マネーのWAONとして使うことも可能だ。

イオンでお得にポイントを貯めてイオンで使う、イオンで20日・30日に割引で買い物をするなど、イオンカードはイオンで活用する機会がとにかく多いクレジットカードである。

イオン銀行を利用している・する予定ならイオンカードセレクトを選べばカードがまとまる

イオンやミニストップなどで利用できるイオン銀行だが、イオン銀行のキャッシュカードとイオンカードとWAONがまとまったイオンカードセレクトというクレジットカードがある。

イオン銀行を利用するなら、イオンカードセレクトを申し込めばイオンの各種サービスを1枚のクレジットカードで利用できるため財布が分厚くならずに済んで有利だ。

イオンカードのデメリット・おすすめしない人は?

イオンカードは、イオンでの利用に特化しているクレジットカードである。それがメリットであり、言い換えればデメリットにもなるのだ。

ここからはイオンカードのデメリットについて解説する。どんな人には不向きか、しっかり知っておこう。

保険は充実していないので、別途保険ありのカードを用意しておくべき

イオンカードには、カード盗難時の保険しか付帯されていない。海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険は、利用できないのだ。

保険を利用したいなら、別途保険が付帯されているクレジットカードを用意しておいた方が良いだろう。

イオンカードはメインで使うというよりはあくまでイオン様に絞り、ネットショッピングや保険などその他の場面での活用は他のクレジットカードに任せるのがおすすめだ。

当然ながら、イオンに行かないなら発行する意味はない

イオン店舗でなら、

・20日、30日の5%オフ

・ときめきポイント2倍

・WAON POINTカードやWAONの利用

これらの便利サービスを利用できるイオンカード。しかしイオンに行かないなら、当然ながら全て利用不可だ。

イオンに行く機会がない人が、イオンカードを発行する意味は全くもって皆無である。活用できる機会が、10日のときめきWポイントデーくらいしかない。

ときめきポイントは1,000ポイント貯めなければ使えない

筆者もイオンカードを持っているが、一つ使っていて不満なのが1,000ポイント貯めなければときめきポイントを使えないことだ。

1,000ポイント貯めるにはイオン店舗なら10万円、他の店舗なら20万円も利用しなければいけない。長い道のりである。

楽天カードやYahoo!JAPANカードなどはポイントを1ポイントから使えるが、イオンカードはそうは行かない。

また余談だが、ときめきポイントをWAONポイントに交換した場合、WAONポイントをさらに通常のWAON残高に変換する作業も必要となり二度手間なのもちょっと不便である。

まとめ

イオンカードは、イオンでの買い物時に割引やポイント還元率のアップといった魅力的な特典があるクレジットカードである。

イオンに通っているなら、絶対にイオンカードを持っていた方が良い。イオンカード会員向けのお得な割引や特典は、今回紹介した以外にも行われることがある。

反対にイオンに行かないなら特典をさっぱり利用できないため、これほど無駄なカードもないことになってしまう。イオン利用者にはイオンカードがおすすめだが、イオンを利用しない人にはあまりおすすめできないので注意しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*