楽天カードのデメリットや注意点まとめ!これから楽天カードを作る人は必ずチェックすべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天カードのデメリット

楽天カードは、人気の高いクレジットカードだ。テレビCMも頻繁に放送されていて知名度が高く、年会費は無料でポイントも常時1%還元と、充実している。

確かに、迷ったらとりあえず楽天カードを申し込んでおけばOK、というくらい魅力的なクレジットカードであることは間違いないだろう。

国際ブランドは3種類から自由に選ぶことができ、ポイントも1%還元。はっきり言って、メリットが多く、向かう所敵なしと断言してしまっても良いくらいだ。

しかし楽天カードには、デメリットもないわけではない。人によっては、使いづらいと感じられる場合もあるだろう。

今回は、実際に使ってみての経験も含めて楽天カードのデメリットを徹底的に挙げていく。

揚げ足取りに近いものもあるが、それでも実際にデメリットだと感じたもののみを解説している。楽天カードにデメリットがあるのか気になるなら、じっくり読み込んでみるべきだ。

楽天カードの支払い日は翌月の27日

楽天カードを使って買い物をすると後日銀行口座からの引き落としになるわけだが、支払い日は翌月の27日となっている。

筆者としては、支払日が月末のこの日であることはデメリットに感じられる。タイミングとしてはわかりやすいものの、月末日の締め日から26日程度しか猶予期間がないからだ。

セゾンカードやVIEWカードなら、月末日が締め日でありつつも引き落としは翌々月の4日。1ヶ月以上の猶予があるので、資金のやりくりをしやすい。

支払日をできるだけ伸ばしたいなら、楽天カード以外のクレジットカードを検討した方が良いだろう。

貯まるポイントが楽天スーパーポイントであることは、人によってはデメリットになり得る

楽天カードで貯まるポイントは、楽天スーパーポイントである。これは一般的にメリットとして挙げられがちだが、人によってはデメリットになり得るだろう。

楽天市場や楽天のサービスを日頃から活用しているなら、問題はない。しかし楽天を全然使っていないなら、いくらポイント還元率が高くても使い道に困ってしまうだろう。

楽天関連のサービスを使っていないなら、ポイント還元率が下がっても活用先の多い永久不滅ポイントや三井住友VISAカードなどを選んだ方が有利である。

また新規入会時にキャンペーン等でたくさんの楽天スーパーポイントがもらえるのも楽天カードのメリットだが、こちらも楽天関連のサービスを使わないなら意味がない。

楽天スーパーポイントに興味がないなら、他社のクレジットカードを検討するのが良いだろう。

ETCカードが有料

楽天カードのデメリットとして挙げられやすいのが、ETCカードが有料になっていることだ。

100円の利用につき1ポイントの楽天スーパーポイントが還元されるメリットこそあるものの、年会費が500円(税抜)に設定されている。

つまり少なくとも毎年5万円以上利用しなければ、ETCカードの年会費を相殺できないわけだ。これは損である。

なお、クレジットカードの中には、ETCカードが無料で使えるものもたくさんある。

楽天カードは年会費永年無料のクレジットカードなので負担にならない。別に ETCを無料で使えるクレジットカードを発行して、両者を併用するなどの対策をすると良いだろう。

特にETCにしか使わないカードを発行するなら、カード自体の年会費も安いクレジットカードを選びたいところだ。

例えば楽天カードと同じくポイント還元率1%で年会費も永年無料のオリコカードTHE POINTは、ETCカードの年会費も無料となっている。楽天カードと合わせて使ってみても良いだろう。

「あとから分割」で2回払いに変更できない

楽天カードに限ったことではないのだが、「あとから分割」で一括払いを2回払いに変更できないのは残念だ。

「あとから分割」とは、一度一括で支払ったものを後から分割購入に切り替えられる機能のことである。

クレジットカードは、2回払いの場合手数料が無料になることが多い。

楽天カードもそうなのだが、「あとから分割」で後から分割払いにする際は手数料がかかる3回以上の分割しか選べない。

VIEWカードならあとから分割で手数料無料の2回払いにも変更できたので、楽天カードにおけるこの制限には物足りなさを感じた。

とくにAmazonのような一回払いしか選べない通販サイトで購入した商品を後から分割払いにできるのは、「あとから分割」の大きなメリットだ。

しかし最低でも3回払いからとなると、手数料がかかってしまいイマイチ満足度に欠ける。今後改善され、「あとから分割」が2回払いへの変更に対応することに期待したい。

アプリで全ての情報をチェックできるわけではない

楽天カードには専用アプリがある。アプリからユーザー情報や利用明細、キャンペーンなどの情報を確認できるのは、大きなメリットである。

iPhoneの場合指紋認証ですぐにログインできるので、パスワードを入れる煩わしさなどもない。

しかしながらアプリは、まだまだ未完成な面も目立つ。というのも、完全に全ての情報をアプリからチェックできるわけではないからだ。

情報の中にはアプリ内で表示できず、タップするとブラウザアプリが開いてそちらで表示される項目もある。アプリの完成度は、もう少し上がって欲しいと感じた。

利用明細書は郵送されない、郵送の場合別料金がかかる

楽天カードの利用明細はe-naviに登録することによってネット上のマイページやアプリから確認するのが基本で、基本的に利用明細書が紙で発行されることはない。

郵送で紙の明細書をどうしても送ってもらいたいならe-naviから設定し、別料金として毎月82円を支払う代わりに発行してもらうこととなる。

キャンペーンの通知メールが多すぎる

楽天カードは筆者も利用しているのだが、使っていて一番不満なのはキャンペーンなどに関連した通知メールが多すぎてくどいことだ。

楽天カードに限ったことではなく楽天のサービス全般に言えることだが、メールが毎日何通も来るのはいい加減にして欲しい。

こちらで色々設定すれば解決できる場合もあるだろう。しかしその手間をかけさせられるのが、また面倒だ。

スマホで使っているGmailなどを楽天カードに登録するとやたらに通知音が鳴って、うんざりさせられる。

スマホで受信しない楽天カード用のメールアドレスを別に用意し、そちらにメールを送信させるようにするなどの対策をした方が良いだろう。

ただしこうすると、カードの利用を知らせるメールなどもすぐに受け取れなくなる。また自分が対象のキャンペーンも見逃すかもしれない。

利用明細をこまめに確認する、3日に1回は楽天カードから届いたメールをチェックする習慣をつけるなど、対策に伴うさらなる対策も必要になってくる。

メールには難点が多いので、楽天カードを利用するうえで注意したい。

まとめ

今回は楽天カードのデメリットについて解説した。

楽天カードのデメリットは全体的にそれほど致命的なものがなく、他のクレジットカードと併用するなどして対策ができるものも多い。

例えばあとから分割で2回払いを選べないことについては、対応するクレジットカードを別に用意して高額な買い物の際はそちらを使えば良いだろう。

楽天カードは年会費永年無料、ポイントも貯まりやすく、基本的には優良なクレジットカードだ。

しかし細かい部分で注意したいポイントはあるので、発行前に確認しておくのが大事である。

Jobtas編集部より、現在仕事を探している方へ

就職や転職を考えている人はまず転職エージェントへの登録をおすすめします。自力で求人誌などから探すのも1つの方法ではありますが、転職エージェントには非公開求人がたくさんあること、そして親身になって相談に乗ってくれる担当者がいることが最大のメリットです。

中でもおすすめなのはやはマイナビエージェントです。

また、派遣やアルバイトなら、業界TOPクラスで18万件以上の求人情報が掲載されているジョブセンス がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*