家族割引など、家族で使うのに有利な制度があるおすすめ格安SIM5つを詳しく解説しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家族割引の格安スマホ

スマホ代は一人分だけでも十分高いが、家族単位だとさらに高くなる。月に1万円や2万円、あるいはそれ以上も支払っていると、あまりに負担が大きすぎる。

スマホ代に困っているなら、さっさと格安SIMに乗り換えるべきだ。とはいえ格安SIMといっても、種類が多すぎてわけがわからず抵抗があるかもしれない。

またせっかく家族で乗り換えるなら、家族での利用に有利な割引などの制度があった方が良いだろう。

この記事では、家族での乗り換えに最適な格安SIMを5つに絞って紹介する。自分に合ったものはどれか検討して、決まったら早く乗り換えてスマホ代を節約するのが良いだろう。

家族割希望時に、まず検討するべきはY!mobileとUQ mobile

家族で契約したら安くなる格安SIMに家族で乗り換えたいなら、まずはY!mobileやUQ mobileを検討するべきだ。

なぜかというと、この2社は他の格安SIMとクオリティが桁違いになっているからである。

格安SIMの中には、

・月額料金が安い代わりに通信速度が不安定で読み込み時間が長くなる時間がある
・通話料金が高めで、電話をよくする場合むしろ割高になる

こういったデメリットを抱えているものもある。

しかしY!mobileとUQ mobileは例外として通信速度が安定しているうえに、かけ放題も最初からプランに含まれている。

Y!mobileやUQ mobileなら、それほどキャリアとサービス内容や品質が変わらないので違和感を覚える場面は少なくて済む。

そのためまず検討するべきなのは、Y!mobileかUQ mobileへの乗り換えだ。

Y!mobileでは2回線目以降が500円引きになる

Y!mobileの家族割について簡潔にまとめると、

  • 2回戦目以降の月額料金が500円引きになる(割引が適用されるのは最大9回線まで)

これだけである。シンプルでわかりやすい。

ただし注意したいのは、あくまで対象は「2回線目以降」だけであることだ。

1回線目は通常の月額料金がかかるので、クレジットカードの明細などを見て「割引が適用されていない!」と思わないように。

またY!mobileでスマホ向けのプランを契約すると、10分以内の通話はすべてかけ放題だ。

さらにオプションの「スーパーだれとでも定額」(月額1,000円)を契約するなら、通話時間は無制限の完全なかけ放題が使える。

通話をする機会が多かったり、長電話が好きだったりする人が家族の中にいるなら、Y!mobileを契約しよう。

UQ家族割で、UQ mobileのスマホ代は2回線目以降500円引き

UQ mobileでも、Y!mobileのように家族割サービスが展開されている。内容も同じで、

  • 2回線目以降のスマホ代が500円引きになる(割引適用は最大9回線まで)

このようになっている。

ただし注意したいのは、UQ家族割を適用できるのは「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」だけであることだ。

UQ mobileには他にもいくつかプランがあるが、家族割はこの二つでしか利用できない。

なおUQ mobileで家族割を適用できる「おしゃべりプラン」は5分かけ放題、「ぴったりプラン」は一定の分数までの無料通話ができる。

通話定額サービスがプランに含まれること自体は、わかりやすくて便利だ。

しかしUQ mobileには「スーパーだれとでも定額」のような長電話に対応できるオプションはない。

長電話をするなら、LINEの無料通話を使うなどして対策をしなければいけないことに注意しよう。

その他の家族向け格安SIM

続いて、月額料金が安くて家族向けの割引制度が充実している格安SIMを3つ紹介する。

ただしこれらの格安SIMにおいて注意したいのは、標準ではかけ放題に対応していなかったり、お昼や夜など通信速度が遅くなる時間帯があったりすることだ。

サービスの快適さも重視するならY!mobileやUQ mobileを契約するべきだが、快適さは多少犠牲にしてでも安さを極めたいなら、以下の候補をチェックすると良いだろう。

mineoでは、家族割でスマホ代が50円引きになる

mineoは、家族で契約すると月額料金が毎月50円引きになる「家族割」を展開している。

Y!mobileやUQ mobileが「500円引き」だったので、桁が一つ減ってしょぼくなったように感じたかもしれない。しかしこれには理由がある。そもそもの月額料金が安いのだ。

簡単に説明すると、Y!mobileやUQ mobileの6GBプランは1年目が月額2,980円(税抜)、2年目は3,980円(税抜)で展開されている。

しかしmineoなら、6GBで月額2,190円から使えるのだ。元々の月額料金にここまで差があるのだから、割引金額は低くても十分お得となる。

徹底的にスマホ代を下げたうえで家族割を適用したいなら、mineoがおすすめだ。

3人家族は、DMM mobileのシェアコースを活用するべし!

ここまで紹介してきたY!mobile、UQ mobile、DMM mobileは、いずれも家族割のサービスを提供していた。

しかしDMM mobileは家族割を展開していない。それならなぜ紹介するのかというと、通信量を家族で共有できるシェアコースがあるからだ。

シェアコースは最大3枚のSIMカードで通信量を共有して使えるコース。3人家族までなら、DMM mobileでシェアコースを契約すれば1人ずつ契約するより月額料金が下がる。

そしてもう一つ、DMM mobileは業界最安値クラスの月額料金でサービスを展開しているのもおすすめする理由だ。

業界最安値クラスの月額料金と通信量の容量シェアが組み合わせられることで、DMM mobileは家族での契約に最適な格安SIMとなっている。

ここでは3人家族の一人一人が5GB使うとして、個別に5GBを契約した場合と15GBプランを3人でシェアした場合の月額料金を比較してみよう。

月額料金(税抜)
5GBプラン×3人 5,730円(1,910円×3)
15GBプラン容量シェア(3人) 5,380円

この通り、350円ほどの節約になった。1年単位で考えると4,200円の節約となるので、浮いたお金で少し豪華な外食が1回楽しめるだろう。

ただしDMM mobileでは家族が4人以上の場合、家族全員での容量シェアができない。4〜5人家族は、次に紹介するBIGLOBE SIMを検討してみるのが良いだろう。

BIGLOBE SIMは家族5人までの容量シェアと、エンタメフリーオプションがポイント

BIGLOBE SIMはドコモ回線の格安SIMで、3GBから30GBまでの通信量を家族5人まででシェアできる。

DMM mobileに比べて、人数面での自由度が高いことがBIGLOBE SIMのメリットだ。

そしてBIGLOBE SIMには、オプションとして「エンタメフリーオプション」が展開されていることも見逃せない。

家族の中に、毎日のようにスマホのネット回線を使ってYouTubeを見ている人がいないだろうか。

もしいるなら、エンタメフリーオプションの適用でYouTubeにおける通信量をカウント対象外にできる。

通信量の容量シェアは、一人が使いすぎると他の家族も通信制限に巻き込まれてしまう弱点がある。

しかしBIGLOBE SIMなら、エンタメフリーオプションの契約によって対象アプリの利用における通信量の浪費を防げる。

人数が4人以上だったり、YouTube好きが家族にいたりするなら、BIGLOBE SIMも検討してみよう。

まとめ

今回は、家族割や容量シェアといった家族での利用向けのサービスが展開されている格安SIMを5つ紹介した。

迷ったら、Y!mobileを契約するのがおすすめだ。10分かけ放題が標準搭載で通話面でも充実していながら、月額料金が500円引きになる家族割も展開されていて充実度が高い。

Y!mobileにそれほど魅力を感じない場合、サービス内容を公式サイトなどでも確認しながら、他の候補についても検討してみると良いだろう。

Jobtas編集部より、現在仕事を探している方へ

就職や転職を考えている人はまず転職エージェントへの登録をおすすめします。自力で求人誌などから探すのも1つの方法ではありますが、転職エージェントには非公開求人がたくさんあること、そして親身になって相談に乗ってくれる担当者がいることが最大のメリットです。

中でもおすすめなのはやはマイナビエージェントです。

また、派遣やアルバイトなら、業界TOPクラスで18万件以上の求人情報が掲載されているジョブセンス がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*