読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JobtaS

アルバイト探しはもちろん転職や就職、派遣の仕事探しに役立つシゴトタイケンメディア

50歳からの転職は可能?50代からの仕事や転職事情をまとめてみた

20代や30代のころは転職をする際もまだまだ仕事を選ぶ余裕もあった人でも40代から50代に差し掛かってくると、そんなことも言ってられない状態になってくる。

特に30代~50代にかけては人生で最もお金のいる時でもある。もちろん結婚して家庭を持っている人の場合ではあるが、ずっと独身であっても人によっては親の介護や金銭面での援助をしないといけない場合もある。

さらに自分がもし病気になった時のこと、自分の老後のことを考えると少しでも蓄えをしておかないと不安にもなってくる。

昔と比べて最近は40代、50代もまだまだ若いとは言われてはいるが、そろそろ体にガタが出始めたり、人生について考えたりするのもこの頃のはずだ。

そうなるとやはり頭を悩ますのはお金と仕事である。仕事も順調で十分満足できるだけの収入を得ている人であれば問題はないかもしれない。しかしそうでない人のほうがはるかに多いのが今の日本の現状だ。50代になってもやりがいを持って働ける仕事があれば転職したい、今より少しでもたくさん給料をもらえるのなら転職をしたいと思うのも無理はないだろう。

50代で転職と言っても手に職がある人、キャリアを築いている人もいれば、単に職を転々としていただけの人も少なくはない。今回はタイプに応じて解説をしよう。

社会人になってからずっとひとつの会社で働いている人

1つの会社で10代20代から50代までずっと働いている人は意外と多い。特に今の50代と言えば、社会人になったのは30年ぐらい前。今のように転職が当たり前ではない時代に社会に出た人たちだ。

こういう人が転職するとなると、はっきり言ってもの凄いエネルギーが必要となる。なんせ人生で初めての転職だからだ。実際このタイプはいろいろ考えて検討した挙句、結局は転職しないというパターンの人が意外と多いのだが、それでも自分が納得できるのなら問題はない。要は転職をするのではなく、自分が納得する道を見つけられるかどうかということだ。

プロ野球選手たちがFA権を行使して、自分の市場価値を知り、元の球団に残るというパターンと同じようなものだ。

今の会社に自分と言う人間が必要とされているということ、そしてあんなに青く見えていた隣の芝が思ったほどではなかった、ということが分かるだけでも幸せ度はアップする。

もちろん隣の芝生、つまり他の会社が本当に良いところであれば思い切って転職をしたって構わない。

要は転職をしようと行動できるかどうか?ということだ。定年退職を迎えたときに今を振り返って、「あの時転職していれば・・・」と思わないように、一度行動に移してみた上で決めればいいのだ。

今は転職エージェントなどがあるから、登録するだけでも自分の市場価値というのはある程度分かる。さらにどんな会社からどんなオファーがあるのか、エージェントによってはスカウトを受けられる場合もある。

まずは転職エージェントなどに登録して一度自分の市場価値を見てみるというのはすごくいいことだ。いろんな会社と面談したり転職エージェントの話を聞いた結果、自分がいかに恵まれている職場であるか?というのが分かるかもしれないし、本当にもっといい職場が見つかる可能性だってある。

将来後悔しないためにも一度は行動してみるというのも悪くはないはずだ。

いろんな会社を転々としながらなかなかいい会社が見つからない人

今までいろんな会社を渡り歩いて来た人も多いかもしれないが、このタイプは2つに分けられる。ひとつは自分の専門分野や得意分野を持ちつつ職場だけを変えてきた人、もうひとつは中々自分に合った仕事が見つからず、派遣なども含めていろんな職を転々としてきた人だ。もちろん中には自営業や会社経営などから失敗して新たに仕事先を探すという人もいるだろう。というわけで2つのパターンに分けて解説をしよう。

専門職や得意分野がある人

自分の専門分野がある人は転職にはもちろん強い。もちろん業界や職種、スキルレベルにもよるので一概には言えないが、今までの経験を買ってくれる会社は多いだろう。

ただ必ずしも給料や待遇がアップするわけではない。50代という年齢的なこともあり、専門分野があったとしても、それ自体の知識やスキルよりもマネジメント能力を重視する会社も多いからだ。

また50代からの転職の場合はなかなか新しい会社に馴染むのが難しいのだが、今までいろんな会社を渡り歩いて来た人は意外とコミュニケーション能力が高い人もいる。

そういう意味では転職にそれほど抵抗もなく、さらに専門分野の知識やスキルを持っている人と言うのは年齢に関係なく最も転職向きかもしれない。

特に専門分野もなくいろんな会社を渡り歩いて来た人

50代でこのタイプだと一番就職先を探すのは難しいかもしれない。なかなかやりたいことが見つからなかったと言う人は自分の能力以上のものを求めすぎている傾向が強い。まず現実をしっかりと認識することが必要だ。

人生50年も生きていればある程度自分の立ち位置というか能力も分かるはずだ。そこでやりたいことではなく、まず自分ができることを見つけよう。自分ができないのにやりたい仕事を探そうとするとなかなか面接に行く勇気も湧いてこないだろう。だから自分が確実にできる仕事をまず書き出す。そしてその中から自分がやりたいことを見つけるという方法だ。

ある意味妥協かもしれないが、これはポジティブで幸せな人生を送るための妥協だと言える。給料は多いに越したことはないが、年齢的なことも考えると体への負担も少ない仕事のほうが良い。目先だけの給料にとらわれず、できる限り少ないストレスで長く働ける場所を見つけるほうがトータルで考えると得をする可能性が高い。仕事内容や環境、居心地などいろんな視点で探してみる必要があるだろう。

50代から未経験の新しい仕事を始めたい人

人生は一度きりだからもちろんありだろう。50代60代から起業する人だってたくさんいる。フライドチキンで世界的に有名になったカーネルおじさんだって、40回以上転職を繰り返した挙句、ケンタッキーフライドチキンのFC展開を始めたのは還暦を過ぎてからだ。人生どこでどんな成功が待っているかなんて誰にも分からない。

70代80代でも現役でバリバリ働いている人がいる時代だ。今50代ならその年齢に達するまでにまだ20年~30年ぐらいある。その頃にはさらに医療も発達しているだろうから、もしかしたら80歳90歳ぐらいまで働ける時代が来るかもしれない。今以上に元気な老人が増えているだろう。

仮に50歳から何かを始めたとしても70歳までにはまだ20年はある。独立やフリーランスとしても活躍できるような仕事であれば一生涯働ける可能性もある。新しいことを始めるのに遅すぎると言うことは全くない。やれる自信があるのなら年齢に関係なくどんどんチャレンジをすべきだろう。