人間関係に疲れた!そんな時は人と関わらない仕事に転職するのもひとつの方法だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人間関係に疲れた

世の中にはいろんな仕事があり、いろんな人がいる。どんな人間にも向き不向きがある。人と関わる仕事が好きで仕方がないという人もいれば、その逆で全く人と関わらずにもくもくと仕事をするのが好きという人間もいる。

別にどちらかが正しくてどちらかが間違っているという訳ではない。世の中、社会には適材適所というものがあって、もし君が人と関わらない仕事をしたいと思うのなら、それもいい。

というわけで人と関わらない仕事を一気にまとめて紹介しよう。

長期的な仕事として取り組めるものや正社員としての採用も可能な仕事

人と関わらない仕事がいいとはいえ、一時的な仕事ではなく一生涯働ける居場所を見つけたいと思っている人は多い。そこで短期のアルバイトや派遣ではなく、正社員としての雇用もしっかりあるところをまずは紹介する。

運送業(中距離・長距離ドライバー)

いわゆるトラックの運転手だがどうもブラックのイメージが抜けない人が多いかもしれない。確かに夜中の運転や長距離移動などハードな面もあるかもしれないが、人によっては転職と思う人もいるようだ。とにかく車の運転が好きで旅も好きという人間には最高の職場かもしれない。

工場内作業(ライン、検品など)

どちらかと言えば工場内の仕事といえば派遣のイメージが強いかもしれない。しかし派遣から正社員になったり、最初から正社員という募集自体も少なくはない。大手の派手な募集は派遣も多いが、地域に根ざした中小企業などは正社員での募集も実はかなり多い。正社員として採用される場合は機械などのオペレーションも覚えないといけないし、工場によっては夜勤などあるが、未経験でも十分採用される職場だ。

宅配便ドライバー

今話題になっているヤマトや佐川などの個人宅への配達がメインのドライバーだ。正直かなりハードな職場ではある。配達中は完全に一人だし人と関わらない仕事ではあるが、ある程度の要領の良さと土地勘がないとしんどくて長続きしないこともある。但し待遇も今後改善されていく可能性もあるので、少し長いスパンで見れば今より悪くはなることはないかもしれない。

一般事務員(経理など)

どこの会社でも必ず必要となるのがこの一般事務の仕事だ。会社の経費の管理や給料などの支払い、伝票の整理などお金に関しての事務職だ。特に小さな会社の場合はコピーやお茶入れなどの雑用も含まれるため、圧倒的に女性が多い。しかし事務員が複数いるような会社であれば男性であっても採用される場合もある。男性が事務職として採用される方法を少し書いたので下記のエントリーも参考にしてほしい。

www.jobtas.biz

ルート配送(コンビニ・酒屋・医薬品など)

前にルート配送の仕事の種類についていろいろ書いたので詳しい業種などはそちらを参考にしてほしい。

www.jobtas.biz正社員としても雇ってもらえそうなもので行くと酒屋や医薬品などのルート配送などだろう。コンビニの場合も会社によっては正社員を募集しているところもあるが、どちらかと言えば派遣社員での募集のほうが多い。

警備員

当たり前だが自宅警備員のことではないぞ。主にビルや施設などの警備員のことだ。この仕事はアルバイトから派遣、正社員までいろんな形態がある。もちろん仕事内容も異なってくる。コンサートやイベントなどの警備も含まれるが短期的な警備はアルバイトなどで募集していることが多い。長期的に正社員で働くなら警備会社に就職するのが一番手っ取り早い。また少しでも給料を上げたいのなら、警備に関する資格も実はたくさんあるので取得をすることで手当てが付く場合もある。

自販機の商品補充

これもルート配送のところで書いたが全く人と関わることなくできる仕事だ。あまりにも人と関わらなさ過ぎて寂しさを感じてしまうぐらい孤独な仕事でもある。車の運転が好きで黙々と仕事をしたい人には最高にハッピーな仕事だ。デメリットを挙げるとすれば、募集がそれほど多くないこと、担当する自販機がかなり多いためハードな部分もあるということだ。どちらかと言えば都会より地方のほうが仕事はしやすいかもしれない。

造園技師

簡単に言えば植木屋だ。みんなも知ってるバカボンのパパの本業が植木屋だ。植木屋といえば少し覚えれば誰でもできるように思いがちだが、そんなことはない。単に木を切るだけではなく、庭全体の手入れをしないといけない。造園技師の資格を取れば独立も可能だし、地域密着型の仕事だからある程度顧客を確保すれば比較的楽に食べていける。

大工・とび・左官・内装などの建設業

どれも仕事自体は人と関わらない仕事ではあるが、ある程度のチームワークが必要だったり、上下関係が厳しいところもある。ただ職人でもあるから経験を積んで技術を身につければ、同業への転職もそれほど難しくはないし、将来的に独立することも可能だ。

農業

農業といえばしんどいわりに給料が安いというイメージがあるが実際高くはない。また地域にもよるが、兼業農家や家族経営的な小さな農場もかなり多いので、なかなか良い求人を探すのは難しい。特に繁忙期と閑散期の差が激しいため、1年間を通して雇ってくれるところを探すのがまず大変だ。しかしある程度の技術とそこそこの農地があれば、地方なら十分生活はできるという利点もある。

ざっと長期的に生涯の仕事として取り組めそうな人と関わらない仕事と言えばこれぐらいだろう。もちろんここにはブロガーやアフィリエイター、投資家などフリーランス的な仕事は挙げていない。自分で個人事業主として仕事をするのであれば、また別の道もあるかもしれない。

アルバイトや派遣で人と関わらない主な仕事

では次はアルバイトやパート、派遣など期間限定での採用が多い仕事を挙げていこう。

先に挙げた正社員の仕事もアルバイトとして採用してくれるところはかなり多いが、上に挙げている分は重複するので省いておく。

倉庫内スタッフ(運搬や仕分けなど)

求人情報でよく見かける仕事だ。主に運送業や宅配業者などの募集が多い。また年末年始は郵便局が年賀状の仕分けスタッフなどを募集しているのも有名だ。

交通整理

工事現場などで車を誘導する係りだ。他にも大手スーパーなどの大きな駐車場での誘導などの仕事もある。人とは直接関わらないが、常に車同士のトラブルが起こらないように誘導する必要があるので神経はかなり使う。

ポスティングスタッフ

DMやチラシなどをマンションや個人宅のポストに直接投函するスタッフだ。昔に比べて募集もかなり減ってはいるが、それでもネットなどの集客とはまた違った層にアプローチできるため依然として需要はある。給料は1枚につきいくらなど歩合制を採用しているところも多い。

新聞配達

昔からある定番の仕事だ。朝刊なら早朝、といってもほとんど夜中からの出勤で午前中には終わる。夕刊は午後からの出勤で数時間といった具合だ。給料は比較的安いしあまり効率のいい仕事とも言えないが、夕刊のみや朝刊のみを募集しているところもあるので自分の都合とうまく合えば安定した仕事でもある。

工事現場などの作業員

これは人と関わらない分かなり肉体労働でもある。ただ肉体労働は人間本来の体を使って汗水流して働くという仕事でもあるのでほどほどにやれば、ほどよい充実感を味わうこともできる。長期的にやりたいのなら、先に挙げたように何かのスペシャリストになるのが近道だろう。

バイク便や自転車便

比較的都会での募集が多い。そもそもバイク便は渋滞を避けて早く届けることができるのが利点なので、車が混まない田舎では需要は少なくなる。当たり前だがバイクの免許が必要でほとんどのところがバイク持込での仕事が多いはずだ。自転車の場合も同じくロードレーサーでなければ話にならない。全くバイクにも自転車にも興味がない人にはちょっと難しいだろう。

清掃スタッフ

実は意外と求人は多いが、比較的誰でもできる仕事が多いため、給料もかなり安い場合が多い。日常のトイレ掃除から夜間のビルなどの清掃スタッフなど仕事内容もかなり異なってくる。もちろん夜間のビル清掃などになってくると給料はかなり高くなる。

データ入力

事務とは違いひたすらパソコンに向かってデータを入力する仕事だ。ひたすらといってもある程度自分のペースでできるし、それほどハードではないかもしれない。ただずっと座りっぱなしの仕事なので、人によってはきつく感じる場合もある。

人と関わらない仕事まとめ

ざっと書いたがどうだろうか?やってみたいと思える仕事はあっただろうか?ひとつだけ言える事は100%人と関わらない仕事というのはほとんど存在しないということだ。

もちろん最近はネットの普及により、”個”の時代だとも言われてきている。そうなれば在宅ワークのような仕事も増えてくるかもしれないが、まだまだ最低限の人とのつながりは持たないといけないということだ。

とはいえ、仕事の向き不向きはやってみないと分からない。星の数ほどある仕事の中で2つや3つやってうまく行かないからといってあきらめる必要はない。

今は転職のハードルもずいぶん低い。誰でも簡単に転職できる時代だ。いろんな仕事を経験することによってきっと自分に合った仕事を見つけることができるだろう。

【JobtaS編集部より】 現在転職や就職を考えている人に”ココだけ”の耳寄り情報!

就職や転職を考えている人はまず転職エージェントへの登録される方が多いと思います。

転職エージェントに登録するメリットと言えば、非公開求人がたくさん見れたり、面倒な手続きを代行してくれたりといったことが挙げられますが、やはり最大のメリットは、親身になって相談に乗ってくれる担当者がいることです。

但し、ここで大事なのは「あなたと担当者との相性」です。いくら有能な担当者であっても、あなたにとってはベストでない場合もあります。ほとんどの人は転職エージェントを選ぶ場合、いろいろと比較サイトなどを吟味して、どこかひとつに絞って登録します。

しかし実際は大手の転職エージェントであれば、求人の登録数やサービス内容、サポートなどはそれほど大差はありません。あなたが転職で成功するための唯一にして最高の方法は「ベストな担当者を見つけること」です。

そのためには複数のエージェントに同時進行で登録をする必要があります。エージェントは「あなた自身を企業に売り込むための営業マン」でもあるので、いろんなエージェントのいろんな担当者に会って、任せる人を決めるというのが遠回りのように見えて一番良い選択です。同じ会社へのアプローチにしても、あなたのことを一番理解して売り込んでくれる担当者のほうが成功率は上がります。

まず大手だと下記の4つは最低でも押さえておいた方がいいでしょう。

リクルートエージェント
パソナキャリア
DODA
マイナビエージェント

自分のキャリアや職歴に自身がない方へ

転職エージェントと聞くと、「年収○○○万円以上の求人」とか「ハイクラスの転職」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。もちろん実際こうしたハイクラス求人もたくさんありますが、ほとんどの人は普通のサラリーマンやOLで、自分のキャリアに自身のない人も多数登録しています。

いわばそういった人たちをサポートして、最適な転職先を見つけるのが転職エージェントの仕事でもあるのです。

上記の4社は特にこのサポート体制がしっかりしているので、初めての方でも安心して転職が成功するまでサポートを受けることができます。まずは一度登録と面談をしてみていろいろと話を聞いてみるのが一番の近道ですね。複数のエージェントの担当者と話をすれば、いろいろ現状も分かってきますので、おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Warning: extract() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/naturabali/jobtas.biz/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 314

人間関係に疲れた!そんな時は人と関わらない仕事に転職するのもひとつの方法だ!

世の中にはいろんな仕事があり、いろんな人がいる。どんな人間にも向き不向きがある。人と関わる仕事が好きで仕方がないという人もいれば、その逆で全く人と関わらずにもくもくと仕事をするのが好きという人間もいる。

別にどちらかが正しくてどちらかが間違っているという訳ではない。世の中、社会には適材適所というものがあって、もし君が人と関わらない仕事をしたいと思うのなら、それもいい。

というわけで人と関わらない仕事を一気にまとめて紹介しよう。

長期的な仕事として取り組めるものや正社員としての採用も可能な仕事

人と関わらない仕事がいいとはいえ、一時的な仕事ではなく一生涯働ける居場所を見つけたいと思っている人は多い。そこで短期のアルバイトや派遣ではなく、正社員としての雇用もしっかりあるところをまずは紹介する。

運送業(中距離・長距離ドライバー)

いわゆるトラックの運転手だがどうもブラックのイメージが抜けない人が多いかもしれない。確かに夜中の運転や長距離移動などハードな面もあるかもしれないが、人によっては転職と思う人もいるようだ。とにかく車の運転が好きで旅も好きという人間には最高の職場かもしれない。

工場内作業(ライン、検品など)

どちらかと言えば工場内の仕事といえば派遣のイメージが強いかもしれない。しかし派遣から正社員になったり、最初から正社員という募集自体も少なくはない。大手の派手な募集は派遣も多いが、地域に根ざした中小企業などは正社員での募集も実はかなり多い。正社員として採用される場合は機械などのオペレーションも覚えないといけないし、工場によっては夜勤などあるが、未経験でも十分採用される職場だ。

宅配便ドライバー

今話題になっているヤマトや佐川などの個人宅への配達がメインのドライバーだ。正直かなりハードな職場ではある。配達中は完全に一人だし人と関わらない仕事ではあるが、ある程度の要領の良さと土地勘がないとしんどくて長続きしないこともある。但し待遇も今後改善されていく可能性もあるので、少し長いスパンで見れば今より悪くはなることはないかもしれない。

一般事務員(経理など)

どこの会社でも必ず必要となるのがこの一般事務の仕事だ。会社の経費の管理や給料などの支払い、伝票の整理などお金に関しての事務職だ。特に小さな会社の場合はコピーやお茶入れなどの雑用も含まれるため、圧倒的に女性が多い。しかし事務員が複数いるような会社であれば男性であっても採用される場合もある。男性が事務職として採用される方法を少し書いたので下記のエントリーも参考にしてほしい。

www.jobtas.biz

ルート配送(コンビニ・酒屋・医薬品など)

前にルート配送の仕事の種類についていろいろ書いたので詳しい業種などはそちらを参考にしてほしい。

www.jobtas.biz正社員としても雇ってもらえそうなもので行くと酒屋や医薬品などのルート配送などだろう。コンビニの場合も会社によっては正社員を募集しているところもあるが、どちらかと言えば派遣社員での募集のほうが多い。

警備員

当たり前だが自宅警備員のことではないぞ。主にビルや施設などの警備員のことだ。この仕事はアルバイトから派遣、正社員までいろんな形態がある。もちろん仕事内容も異なってくる。コンサートやイベントなどの警備も含まれるが短期的な警備はアルバイトなどで募集していることが多い。長期的に正社員で働くなら警備会社に就職するのが一番手っ取り早い。また少しでも給料を上げたいのなら、警備に関する資格も実はたくさんあるので取得をすることで手当てが付く場合もある。

自販機の商品補充

これもルート配送のところで書いたが全く人と関わることなくできる仕事だ。あまりにも人と関わらなさ過ぎて寂しさを感じてしまうぐらい孤独な仕事でもある。車の運転が好きで黙々と仕事をしたい人には最高にハッピーな仕事だ。デメリットを挙げるとすれば、募集がそれほど多くないこと、担当する自販機がかなり多いためハードな部分もあるということだ。どちらかと言えば都会より地方のほうが仕事はしやすいかもしれない。

造園技師

簡単に言えば植木屋だ。みんなも知ってるバカボンのパパの本業が植木屋だ。植木屋といえば少し覚えれば誰でもできるように思いがちだが、そんなことはない。単に木を切るだけではなく、庭全体の手入れをしないといけない。造園技師の資格を取れば独立も可能だし、地域密着型の仕事だからある程度顧客を確保すれば比較的楽に食べていける。

大工・とび・左官・内装などの建設業

どれも仕事自体は人と関わらない仕事ではあるが、ある程度のチームワークが必要だったり、上下関係が厳しいところもある。ただ職人でもあるから経験を積んで技術を身につければ、同業への転職もそれほど難しくはないし、将来的に独立することも可能だ。

農業

農業といえばしんどいわりに給料が安いというイメージがあるが実際高くはない。また地域にもよるが、兼業農家や家族経営的な小さな農場もかなり多いので、なかなか良い求人を探すのは難しい。特に繁忙期と閑散期の差が激しいため、1年間を通して雇ってくれるところを探すのがまず大変だ。しかしある程度の技術とそこそこの農地があれば、地方なら十分生活はできるという利点もある。

ざっと長期的に生涯の仕事として取り組めそうな人と関わらない仕事と言えばこれぐらいだろう。もちろんここにはブロガーやアフィリエイター、投資家などフリーランス的な仕事は挙げていない。自分で個人事業主として仕事をするのであれば、また別の道もあるかもしれない。

アルバイトや派遣で人と関わらない主な仕事

では次はアルバイトやパート、派遣など期間限定での採用が多い仕事を挙げていこう。

先に挙げた正社員の仕事もアルバイトとして採用してくれるところはかなり多いが、上に挙げている分は重複するので省いておく。

倉庫内スタッフ(運搬や仕分けなど)

求人情報でよく見かける仕事だ。主に運送業や宅配業者などの募集が多い。また年末年始は郵便局が年賀状の仕分けスタッフなどを募集しているのも有名だ。

交通整理

工事現場などで車を誘導する係りだ。他にも大手スーパーなどの大きな駐車場での誘導などの仕事もある。人とは直接関わらないが、常に車同士のトラブルが起こらないように誘導する必要があるので神経はかなり使う。

ポスティングスタッフ

DMやチラシなどをマンションや個人宅のポストに直接投函するスタッフだ。昔に比べて募集もかなり減ってはいるが、それでもネットなどの集客とはまた違った層にアプローチできるため依然として需要はある。給料は1枚につきいくらなど歩合制を採用しているところも多い。

新聞配達

昔からある定番の仕事だ。朝刊なら早朝、といってもほとんど夜中からの出勤で午前中には終わる。夕刊は午後からの出勤で数時間といった具合だ。給料は比較的安いしあまり効率のいい仕事とも言えないが、夕刊のみや朝刊のみを募集しているところもあるので自分の都合とうまく合えば安定した仕事でもある。

工事現場などの作業員

これは人と関わらない分かなり肉体労働でもある。ただ肉体労働は人間本来の体を使って汗水流して働くという仕事でもあるのでほどほどにやれば、ほどよい充実感を味わうこともできる。長期的にやりたいのなら、先に挙げたように何かのスペシャリストになるのが近道だろう。

バイク便や自転車便

比較的都会での募集が多い。そもそもバイク便は渋滞を避けて早く届けることができるのが利点なので、車が混まない田舎では需要は少なくなる。当たり前だがバイクの免許が必要でほとんどのところがバイク持込での仕事が多いはずだ。自転車の場合も同じくロードレーサーでなければ話にならない。全くバイクにも自転車にも興味がない人にはちょっと難しいだろう。

清掃スタッフ

実は意外と求人は多いが、比較的誰でもできる仕事が多いため、給料もかなり安い場合が多い。日常のトイレ掃除から夜間のビルなどの清掃スタッフなど仕事内容もかなり異なってくる。もちろん夜間のビル清掃などになってくると給料はかなり高くなる。

データ入力

事務とは違いひたすらパソコンに向かってデータを入力する仕事だ。ひたすらといってもある程度自分のペースでできるし、それほどハードではないかもしれない。ただずっと座りっぱなしの仕事なので、人によってはきつく感じる場合もある。

人と関わらない仕事まとめ

ざっと書いたがどうだろうか?やってみたいと思える仕事はあっただろうか?ひとつだけ言える事は100%人と関わらない仕事というのはほとんど存在しないということだ。

もちろん最近はネットの普及により、”個”の時代だとも言われてきている。そうなれば在宅ワークのような仕事も増えてくるかもしれないが、まだまだ最低限の人とのつながりは持たないといけないということだ。

とはいえ、仕事の向き不向きはやってみないと分からない。星の数ほどある仕事の中で2つや3つやってうまく行かないからといってあきらめる必要はない。

今は転職のハードルもずいぶん低い。誰でも簡単に転職できる時代だ。いろんな仕事を経験することによってきっと自分に合った仕事を見つけることができるだろう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*