[20歳女性月収25万円]給料も良くて未経験でもできるということでDHCの販売員として働くことに≪みんなの転職体験談≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私がDHCの販売員になるまで

私は高校卒業後、進学はせず、高校時代勤めていたマクドナルドのアルバイトを継続していました。最初はこれでいいと思っていましたが、やはり収入の面で考えると続けていくのは難しいと考えて転職することに決めました。その当時は、まだ10代で考えが浅く、未熟だったと思います。

とにかく、給料がよくて、資格や経験が少ない私でもできそうな仕事を片っ端から探していました。その中で、一番給料もよく、お休みが多く、一番働きやすそうだったのがDHCのショップアテンダントの仕事でした。早速、電話し、面接の約束をとりつけました。

私は、イオンモールの店舗を希望したのですが、面接はそのイオンモールの中の会議室のようなところで行われました。内容はごくありふれた内容から、どこの化粧品を使っているのか、アレルギーはあるのかなど、化粧品会社ならではの質問もありました。後日、アルバイトがお休みのときに、突然お昼頃電話がかかってきて、見事合格のお知らせを頂きました。

15日間の研修、そして店頭へ

DHCでは東京で15日間の研修があり、DHCの商品から、肌についての基礎知識や、メークの仕方までを一通り頭に詰め込みます。私の時は、入社が7月で入社する人が少なく、私を入れて5人でした。いつもは何十人といるようです。平日15日間土日は休みで、都内在住の人以外は横浜の鶴見駅近くのビジネスホテルに宿泊しました。

研修の間も給料は発生していました。研修では、ほぼ毎日テストがあるのですが、私は化粧品を使うようになったのが、高校生からで、入社した当時は19歳で、メークや化粧品の知識、経験が浅かったために、赤点ばかり取っていました。

無事に、研修が終わり、店頭に立つことになりました。DHCは転職で入社する方が多く、私の店舗は30代の方が一人、25歳の方が一人、パートの40歳前後の方が2人で、私が最年少でした。

最初は、品出しやお会計の際の袋詰めや、カウンセリングだけでしたが、やがてレジなどもやらせて頂くようになりました。

店頭に立つまでは、レジやカウンセリングをやるだけだと思っていましたが、商品やお客様にお渡しするサンプルの発注や、商品の使用期限の確認、POP作成、テスターの管理、ご希望される方にはメークのサービスもして差し上げます。

一番私が大変だと思ったのは、キャンペーンの入れ替えです。一か月に一回のペースで行われます。販売終了の商品の引き下げ、商品の値段の入れ替え、商品の展開などを閉店後に行います。その日はとてつもない、体力を消耗します。

しかし、化粧品会社でよく耳にするノルマなどはなく、残業も基本的になく、給料もよいので、働きやすい会社ではないかと思います。

私がDHCに勤めてよかったと思ったこと、悪かったこと

DHCでは、お客様からお褒めや感謝の言葉を手紙など、形に残るもので頂くと、1万円とスマイルスターバッジというものが贈られます。入社して半年ほどたった頃、笑顔がとてもよかったというお言葉を頂きました。

お金を頂けることはもちろん嬉しかったのですが、なにより、スマイルスターバッジをつけたときにとても自分の自信につながったし、販売員としての意識が高まりました。また、お客様に喜んで頂けるような接客をしたい、もっとスマイルスターバッジを増やしたい、と思いました。

悪かったことは、とても厳しい会社だったということです。レジの際に1円でも金銭の授受ミスがあれば、専用の報告書に記入して報告しなければいけません。また、もしDHC側がマイナスであれば、自分の財布からお金を納めなければなりません。

クレームがあれば、対応したスタッフを特定して、本部の人とどういう経緯でクレームになったのか、これからそうならないようにどうしていくのか明確に報告しなければなりません。

なかでも、厳しいのが勤怠についてです。私は、入社して1年近くたった頃、遅刻をしてしまいました。早番で遅刻をしてしまったため、半年間遅番しかできないという罰則を与えられました。賞与も減額され、少し前に正社員試験があったのですが、遅刻を理由に落とされてしまいました。とても後悔し、もう二度としないと自分を戒めました。

DHCで勤めることを考えているあなたへ

DHCで働いていくには、ある程度、化粧品や健康食品についての知識を深めておくことをお勧めします。また、今は人不足で、人が少ない店舗は、人が多い店舗から応援を頂いているような状態にあります。

頂く店舗はそこまで負担はないのですが、もし人の多い店舗に配属された場合、他県に応援に行かなくてはならないかもしれないリスクを理解しておきましょう。

だいたい、約5日間という日数が多いですが、遠いところだと、約1週間くらいになります。会社自体はとてもホワイトで、働きやすい会社なので、化粧品や健康食品に興味がある方や接客が好きな方にはとてもお勧めです。

そういった方は私たちと一緒にDHCの商品のすばらしさを伝えていきましょう。

転職体験談投稿者データ

性別:女性
年齢:20歳
業種:化粧品・健康食品販売
職種:美容部員    契約社員    月収25万円
雇用形態:契約社員
給料:月収25万円

【JobtaS編集部より】 現在転職や就職を考えている人に”ココだけ”の耳寄り情報!

就職や転職を考えている人はまず転職エージェントへの登録される方が多いと思います。

転職エージェントに登録するメリットと言えば、非公開求人がたくさん見れたり、面倒な手続きを代行してくれたりといったことが挙げられますが、やはり最大のメリットは、親身になって相談に乗ってくれる担当者がいることです。

但し、ここで大事なのは「あなたと担当者との相性」です。いくら有能な担当者であっても、あなたにとってはベストでない場合もあります。ほとんどの人は転職エージェントを選ぶ場合、いろいろと比較サイトなどを吟味して、どこかひとつに絞って登録します。

しかし実際は大手の転職エージェントであれば、求人の登録数やサービス内容、サポートなどはそれほど大差はありません。あなたが転職で成功するための唯一にして最高の方法は「ベストな担当者を見つけること」です。

そのためには複数のエージェントに同時進行で登録をする必要があります。エージェントは「あなた自身を企業に売り込むための営業マン」でもあるので、いろんなエージェントのいろんな担当者に会って、任せる人を決めるというのが遠回りのように見えて一番良い選択です。同じ会社へのアプローチにしても、あなたのことを一番理解して売り込んでくれる担当者のほうが成功率は上がります。

まず大手だと下記の4つは最低でも押さえておいた方がいいでしょう。

リクルートエージェント
パソナキャリア
DODA
マイナビエージェント

自分のキャリアや職歴に自身がない方へ

転職エージェントと聞くと、「年収○○○万円以上の求人」とか「ハイクラスの転職」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。もちろん実際こうしたハイクラス求人もたくさんありますが、ほとんどの人は普通のサラリーマンやOLで、自分のキャリアに自身のない人も多数登録しています。

いわばそういった人たちをサポートして、最適な転職先を見つけるのが転職エージェントの仕事でもあるのです。

上記の4社は特にこのサポート体制がしっかりしているので、初めての方でも安心して転職が成功するまでサポートを受けることができます。まずは一度登録と面談をしてみていろいろと話を聞いてみるのが一番の近道ですね。複数のエージェントの担当者と話をすれば、いろいろ現状も分かってきますので、おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*