読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JobtaS

アルバイト探しはもちろん転職や就職、派遣の仕事探しに役立つシゴトタイケンメディア

治験アルバイトは本当に危険なのか?短期間で楽に稼げる治験を詳しく解説をしよう!

最近治験バイトというのが一般的に知られるようになってきて短期間でカネが稼げるということで人気のようだ。もちろん治験自体は昔からあったわけだが、なかなか一般のアルバイト情報誌に載ることはなかったので、噂でしか知らない人が多かったようだ。噂というのは尾ひれがつくと決まっている。その尾ひれというのが治験は危ない、危険のようなグレーなイメージが広まったんじゃないかと勝手に思っている。

ところが今は猫も杓子も何を調べるにもネットだ。治験バイトのことも体験談もたくさん出ているし、ネット上から直接申し込むことだってできるわけだ。しっかりと内容を理解すれば、いかに安全かということが良く分かる。もちろん100%安全ということはないかもしれないが、それはどんなバイトだって同じだ。

ではまず治験バイトについて詳しく説明をしよう。

そもそも治験バイトって何?治験の基本的なこと

一般的に治験バイトと呼ぶ人が多いようだが、厳密に言えばこれはアルバイトではなく、治験ボランティアというのが正しい呼び方だ。ボランティアというとお金がもらえないと思いがちだが、給料という形ではなく、負担軽減費(または協力費)として謝礼をもらえるようになっている。しかもかなり高額な場合が多い。

具体的にどれくらいの負担軽減費(協力費)がもらえるのか?

治験の内容などによっても異なるが、だいたい日帰り(通院)で1日1万円程度、入院の場合1日で1万円~2万円前後というのが一般的だ。

治験の安全度はどれくらい?危険なことはないのか?

治験は怖い、危険だというイメージの人も多いかもしれませんが、治験はすべて厚生労働省の管轄下に置かれています。厚生労働省の省令に「医薬品の臨床試験の実施に関する基準」というのが設けられており、治験を実施する際はこの省令を遵守する必要がある。つまり参加者には健康診断を実施して、健康状態を把握し、メリットやデメリットなどを具体的に説明しなければならない。もちろん途中で止めたい場合はいつでも可能だ。

治験バイトのメリットとは何か?

負担軽減費(協力費)が高額だということがまずひとつ。それから楽だということ。それに日ごろ健康診断を受けていない人にとっては、タダで健康診断を受けられるというもかなりのメリットだ。

治験バイトのデメリットは何か?

せっかくメリットを書いたのでデメリットも書いておこう。もちろんどんなことでもいいことばかりではない。治験のデメリットは最初に説明かがあったり、健康診断や検査を受けたりしないといけない。それとメリットに楽と書いたが、確かに体は楽かもしれないが、治験の内容によってはいろいろと節制をしないといけない場合もある。例えば徹夜はダメとか、食事の内容とか、アルコールはダメだとかだ。治験が完全に終わるまではそういった制限を日常的にしないといけないこともあるので、事前にチェックが必要だ。もちろん何も制限がない場合もあるし、制限が多いものは謝礼が高かったりすることもある。いろんなタイプの治験があるので専門サイトを一度除いてみると良いだろう。