JobtaS

アルバイト探しはもちろん転職や就職、派遣の仕事探しに役立つシゴトタイケンメディア

出張でも旅行でも海外行くなら海外プリペイドカードは絶対に持っておけ

昔と違って今は簡単に海外に行ける時代だ。しかもLCC、いわゆる格安航空会社が一般的になりつつある今は、かなり安く手軽に行けるようになった。若者の海外離れとか言われてここ数年は海外旅行者数はあまり増えてはいないようだが、それでも毎年のべ1600万人ぐらいは海外に出国している。

昔は海外旅行といえば現金は危ないからとトラベラーズチェックといって、いわゆる海外旅行者向けの小切手が銀行から発行されていたので、海外旅行に行く際は持っていく分の現金を銀行などで変えておく。現金なら海外で紛失や盗難に合えば絶対に返ってこないが、トラベラーズチェックの場合は再発行してもらえるため、

海外へ行く場合のお金の管理はどうすればいいか?

今は決済方法もあらゆるものが増えてきているため、極端な話クレジットカード1枚あれば事足りる場合もある。どうしても現金が必要な支払い(チップや自販機等)を除けば、ほとんどクレジットカードだけで旅行をすることも可能になっている。

しかしこれはある程度予算のある旅行をした場合だ。日本から近い東南アジアをはじめ、後進国へ行けばまだまだクレジットカードが使えないところも多々ある。ましてやバックパッカーに泊まって屋台で飯を食うような長期滞在型旅行をする場合は特に現金が必要となることも多い。

というわけで海外へ行く場合、クレジットカード1枚+現金を引き出せるカード1枚の2枚を持っていくのがベストだ。で、クレジットカードはみんな1枚は持っているだろうからその話は今回は置いといて、もう1枚の現金を引き出せるカードについて説明しよう。

国際キャッシュカードなど提携銀行のキャッシュカードを使って海外ATMでお金を引き出せる場合がある

国際キャッシュカードというと、何それ?ってなる人も多いかもしれないが、いつも使っているキャッシュカードが海外のATMでいつものように使える場合もある。もちろん渡航する国や地域、それにキャッシュカードの種類にもよるので事前に確認は絶対にしておくと良い。

また、別に国際キャッシュカードというのを発行している銀行もあるので、その辺りも事前にチェックしておこう。現地のATMで現金がおろせれば、あとはクレジットカードが1枚あればどうにでもなる。

事前に現金をチャージできる海外プリペイドカード

では海外で使えるキャッシュカードがない場合どうすればいいか?そういう時のために最近人気なのが、海外プリペイドカードだ。これは予め決めた金額を自分でチャージしておき、現地でその金額の範囲内で使えるというものだ。

VISAやマスターカードとの提携カードなので普通のクレジットカードと全く同じ要領で世界中のお店やホテル、レストランなどの加盟店で使うことができる。最初に入金をした範囲内での利用なので使いすぎることもない。

ここまでならクレジットカードとさほど変わらないのだが、さらに便利なのが現地のATMで現金を引き出せるということだ。予め出国前にチャージをしておくことによって現地通貨をいつでも手に入れることができる。クレジットカードでキャッシングをするという手もあるが、その場合は借金になるため高い金利を取られてしまうが、プリペイドカードならATM手数料のみだから安心だ。

もうひとつこのカードが優れている点は、クレジットカードが作れない人、年齢が若い人でもすぐに発行してもらえるというのが便利だ。一部カードによっては年齢制限があるところもあるが、それでも13歳以上や16歳以上なので、一般的なクレカと比べればはるかに若い人でも持っていくことができる。

海外で多額の現金を持ち歩くほど物騒なことはない。これからは安全のためにもスマートにカードにチャージして旅にでることをおすすめする。

クレジットカードとプリペイドカードは絶対に別の場所に携帯せよ!

手軽に海外に行けるようになってしまったため、みんな海外に慣れてしまってカードとかも普通に財布に一緒に入れて出かける人がかなり多い。しかし現金、クレジットカード、プリペイドカード、これらをひとつに財布に入れておくほど危険なことはない。渡航先の治安にかかわらず、最低でもプリペイドカードとクレジットカードは別の場所に入れおくことだ。

現金とクレジットカード、プリペイドカードこの3枚が入った財布を落としたりしたらどうするつもりなのか?プリペイドだけなくしてもクレカがあれば何とかなる。最悪キャッシングもできる。その逆もしかり。別々の場所で携帯して両方なくす可能性はさすがに低いと思うから、不便だとは思うが絶対に別々に携行するようアドバイスをしておこう。