読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JobtaS

アルバイト探しはもちろん転職や就職、派遣の仕事探しに役立つシゴトタイケンメディア

営業職に就きたいなら多少はカネに余裕を持ってから就職しないとますます貧乏になるかもしれないぞ!

一概に営業といっても個人宅への訪問販売から、海外法人営業まで求められる能力もレベルもピンキリである。ここでは特殊な能力を求められるハイレベルの営業職ではなく、一般的によく求人誌で見かける営業職の給料面について書いておく。

一般的に良く耳にするのはルート営業というキーワードだ。ルート営業とはその会社とすでに取引のある顧客(ほとんどが法人)を訪問し、提案をしたり、注文をとってきたりする仕事だ。簡単に言うと御用聞きのような仕事だ。はっきり言ってやりがいを求めるヤツにはちょっと物足らないかもしれないが、後述する訪問販売とか新規開拓などと比べれば、はるかに精神的には楽な仕事であることは間違いない。

ルート営業のメリットとデメリット

まずルート営業の主なメリットといえば、先にも書いたがすでに取引のある会社が相手だから、仕事はしやすいし、お客と仲良くなればさらに仕事がやりやすくなる。ただ中には嫌な客がいたり、話がしにくい顧客ももちろん多い。たいてい相手はそこそこの役職以上であったり、経営者だったりするので無茶振りされたりすることもしょちゅうだろう。得意先の担当が自分の両親ぐらいの年齢のことも珍しくない。

もちろん上司と一緒に接待などに付き合わされることも多いはずだ。長く関係を築かないといけない立場なので人付き合いが苦手なヤツには向いていない。

歩合制の新規開拓や訪問販売などのメリットとデメリット

これらの仕事のメリットはルート営業と違って顧客との関係は一時的なことが多い。もちろん相手が個人であっても生命保険など売る場合は長期的な付き合いも出てくるだろうが、高額商品を売る場合はその瞬間だけの付き合いだから、嫌な客であっても長期的に関係を築く必要はない

もうひとつのメリットはカネだ。売る商品やサービスにもよるがたいてい完全歩合制などとうたっているところは高額なものが多い。もちろん歩合もかなり高くひとつ売れば数万円といったところも少ない。

では、なぜそんなにもらえるかというと、それはその商品自体がバカ高いからだ。だから1つ売れれば高額の歩合がもらえたりするわけだ。裏を返せば、圧倒的にに断られる確率が高い商品ということだ。何度も何度も何度も断られても平気なヤツでないとなかなか続かない仕事だ。まあこういうところはいつも求人を募集していることが多い。そして金がないやつが高額な歩合に釣られて応募してくる。

ではなぜますます貧乏になるか?

まず営業というのは、相手に気に入ってもらわなければいけない仕事であるということだ。そのためにはまず身なりを整える必要がある。髪の毛も整えないといけない。ひげもちゃんとそっておかないいけない。一番金がかかるのが服だ。営業の場合はほとんどスーツ、またはそれに近い格好で仕事をすることがほとんどだ。

いくらファッションに無頓着だからといって、毎日同じスーツを着回していてはあっという間にボロボロになってしまうぞ。季節ごとに最低でも3、4着、できれば5着くらいは必要だろう。5着あれば1週間被らずに毎日違うものを身に着けることができる。

それにワイシャツ、ネクタイ、ベルト、そして靴だ。仕事内容にもよるが歩きが多いと靴なんてあっという間にくたびれてしまう。かといって車で営業だから大丈夫ということは全くない。ブレーキとアクセルだけで右足だけが変な磨り減り方をしたり、右足ばかりがボロボロになる場合もある。革靴で長距離の車を運転する場合は車内のみ、運転の支障のない程度にサンダルなどに履き替えたほうが靴を長く持たすことはできるぞ。

さらに外で仕事をするがゆえ、ランチも外食になることがほとんどだ。また外に入れば喉も渇くし、小腹もすく。下手したら、遅くなって夜も外で食べないといけなくなる場合も少なくない。ちょっと時間があくことだって多々あるだろう。そうなれば必要以上に出費がかさんでしまう。

出費がかさむだけじゃない!残業しても給料は増えないぞ!

営業の場合は残業が付かない代わりに僅かばかりの営業手当てというものがもらえることは多い。歩合制を採用しているようなところは営業手当てはないが、ルート営業などの一般的な営業職の場合は手当てをもらえることが多い。しかし残業は一切つかないことがほとんどだ。つまりいくら働いても給料が増えることはない。

その代わり大きく稼ぐ可能性も秘めているのが営業の仕事でもある

営業に対してあまりよいことは書かなかったが、大きく自分自身を大きく成長させたり、大金を稼ぐ可能性を秘めているのもまた営業である。ルート営業だって、今までにない新しい商品を企画して大きな取引をまとめることだってできる、時間があれば新規の顧客を開拓するのもよい。そういうのを積み重ねれば後々大きく出世することも可能だろう。特に歩合制の営業であれば、自分の工夫次第で大金を稼ぐことももちろん可能だ。

営業職で成功したいならカネには絶対余裕を持ってから就職すべし!

就職するのに多少なりともカネを貯めないといけないというのは本末転倒だが、こと営業に関しては貯金ゼロで超貧乏状態で就職するのは全くおすすめしない。毎日パシッとした格好を維持するにはとにかくカネがかかる。だから営業で成功したいのなら、多少はカネを貯めて余裕を持ってから就職するべきだ。じゃないとドンドンドンドン貧乏スパイラルに陥って抜け出せなくなる可能性もあるので注意が必要だぞ!