50代になってコンビニのアルバイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近所だったのでやってみようと思いました

私は通勤をするのが嫌で、近所にコンビニがあったので、そこで働けば歩いて3分くらいで仕事場まで行けるので、いいかな、と思いました。コンビニで働くのは初めてのことで、何が何だかわかりませんでしたが、とにかくお店に電話して面接を受けることになりました。

私はアメリカの大学を卒業していてい、ジャーナリストという仕事もしていて、なぜ今更コンビニで働くのか聞かれましたが、毎日机の前で仕事をしていると運動不足になるので、体を使うことがしたいと思ったのでした。

コンビニでは夜のアルバイトの人を募集していたようでしたが、夜の仕事は大変なので、昼間の仕事を週に2日だったら大丈夫ということでした。面接では実年齢よりもはるかに若く見えるのでびっくりされました。そして、経歴についてもびっくりされました。採用が決まってからすぐに3時間仕事をすることになりました。

外国人が多い職場

私が働いていたコンビニではネパール人や中国人などの外国人アルバイトの人がほとんどで、日本人は少なかったです。アルバイトリーダーは日本人で、40代の女性でした。久しぶりに日本人に仕事を教えることになったということで、かなり厳しかったです。外国人だと漢字が読めないというようなことがあるけれども、日本人なのだからもっとさばけていいのではないか、というようなことでした。

仕事の内容としては、レジ打ちが基本で、何をしていても、レジでお客さんを待たせないようにしなければなりませんでした。

ゆうバックの受付もしなければなりませんでした。寸法を測って、値段を知らせて、受け付けるのですが、これが結構大変でした。それから月曜日は午後のシフトだったので、午後3時に納品があり、その納品されたものを検品して陳列棚に並べるという仕事がありました。これはものすごく面倒なことで、バーコードを読み取りながら、立ったりしゃがんだりを繰り返しながら、商品を並べていくのです。これは腰にきました。腰がすごく痛くなって、歳を感じて、続けられるかどうか不安になりました。

午後のシフトの時には午後1時から5時までの4時間の勤務だったのですが、5時15分前には次のシフトの人が来ることになっているのですが、時々、次の人が遅れてくることがあって、そんな時には残業しました。残業手当は10分おきに加算されていくようなシステムになっていました。

とにかく、アルバイト店員のほとんどが外国人なので、お客さんも日本人の店員には厳しいようで、タバコを買いに来るお客さんなど、自分がいつも買っている銘柄を覚えていないと言って怒る人もいました。

私が勤めていたコンビニではファストフードの販売もやっていて、ポテトなどはリフライするので厨房に入らねばなりませんでした。コロッケやチキンは電子レンジで温めるのですが、ファストフードの注文が入るととても嫌でした。

午前中のシフトの時には、朝9時から午後1時までの勤務でしたが、12時のランチタイムの波が来て、近所の会社で働いている人たちがお弁当を買いにたくさんやってくるので、かなり忙しかったです。ほとんどの人はお弁当を温めて欲しいということで、とにかく忙しかったです。

良かったことは別の世界のことがわかったことです

コンビニで働いて、初めてレジに年齢の区別があることがわかりました。いろいろなお客さんがいましたが、親切な人やそうではない人などいて、感じのいいお客さんが来るとホッとしました。

困ったことは、私はタバコを吸いませんし、お酒も飲みませんから、銘柄がわからず、タバコを買いに来た人がどのタバコを求めているのかがさっぱりわからず、叱られたことです。だんだんと慣れてきましたが、非常に苦手でした。

コンビニでのアルバイトに対するアドバイス

体力勝負だと思います。若い人は体力があるので、コンビニでのアルバイトは向いていると思います。外国人でもできる仕事なので、仕事自体はそれほど難しくはないと思います。根気が必要で、いつも動いていることに慣れることができる人だったら務まると思います。日本人だったら日本語ができるので、それほど難しいことではないでしょう。

体験談投稿者データ

性別:女性
年齢:55歳
業種:サービス業
職種:コンビニ店員
雇用形態:アルバイト
給料:時給760円

【JobtaS編集部より】 現在転職や就職を考えている人に”ココだけ”の耳寄り情報!

就職や転職を考えている人はまず転職エージェントへの登録される方が多いと思います。

転職エージェントに登録するメリットと言えば、非公開求人がたくさん見れたり、面倒な手続きを代行してくれたりといったことが挙げられますが、やはり最大のメリットは、親身になって相談に乗ってくれる担当者がいることです。

但し、ここで大事なのは「あなたと担当者との相性」です。いくら有能な担当者であっても、あなたにとってはベストでない場合もあります。ほとんどの人は転職エージェントを選ぶ場合、いろいろと比較サイトなどを吟味して、どこかひとつに絞って登録します。

しかし実際は大手の転職エージェントであれば、求人の登録数やサービス内容、サポートなどはそれほど大差はありません。あなたが転職で成功するための唯一にして最高の方法は「ベストな担当者を見つけること」です。

そのためには複数のエージェントに同時進行で登録をする必要があります。エージェントは「あなた自身を企業に売り込むための営業マン」でもあるので、いろんなエージェントのいろんな担当者に会って、任せる人を決めるというのが遠回りのように見えて一番良い選択です。同じ会社へのアプローチにしても、あなたのことを一番理解して売り込んでくれる担当者のほうが成功率は上がります。

まず大手だと下記の4つは最低でも押さえておいた方がいいでしょう。

リクルートエージェント
パソナキャリア
DODA
マイナビエージェント

自分のキャリアや職歴に自身がない方へ

転職エージェントと聞くと、「年収○○○万円以上の求人」とか「ハイクラスの転職」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。もちろん実際こうしたハイクラス求人もたくさんありますが、ほとんどの人は普通のサラリーマンやOLで、自分のキャリアに自身のない人も多数登録しています。

いわばそういった人たちをサポートして、最適な転職先を見つけるのが転職エージェントの仕事でもあるのです。

上記の4社は特にこのサポート体制がしっかりしているので、初めての方でも安心して転職が成功するまでサポートを受けることができます。まずは一度登録と面談をしてみていろいろと話を聞いてみるのが一番の近道ですね。複数のエージェントの担当者と話をすれば、いろいろ現状も分かってきますので、おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*