JobtaS

アルバイト探しはもちろん転職や就職、派遣の仕事探しに役立つシゴトタイケンメディア

パチンコバイトはきつい?楽?パチンコ店でアルバイトの給料や仕事内容を経験者が語るよ!

首都圏ではどの駅にも必ずあると言っても構わないのがパチンコ店で、その数は全国で約1万店舗以上あると言われています。各駅前はもちろん、繁華街では大型店が何店も建ち並んでいることも珍しくありません。
昔から”庶民の娯楽”として有名なこのパチンコ店ではアルバイトを募集していることがよくありますが、実際にどんな仕事をするのでしょうか?

そこで、実際に最近まで約3年間、そのパチンコ店でアルバイトをしていた私(30才・女性)が、このパチンコ店のアルバイト事情について色々と説明していきたいと思います!

パチンコ店のアルバイトの主な仕事内容は?

まず、パチンコ店で働いているほとんどの人はアルバイトだと思ってください。社員は店長と副店長クラスの人間だけで、リーダークラスまでほぼアルバイトで構成されているお店がほとんどです。
というのも、入荷するパチンコ台の選定や、各台の設定、売り上げの管理などは全て店長だけで行っていることがほとんどで、アルバイトは専ら接客係と掃除係になります。

よって、余計なことは考えずにただ自分の仕事をこなせばいいだけです。売り上げなどはアルバイトにとってはどうでもいいんです。

仕事内容が分かれています

パチンコ店のアルバイトは、ホール内での接客係、掃除係、そして、コーヒーレディの3つに分かれていることが多いです。

最初にホール内での接客係ですが、これはお店の中で自動販売機やロッカー、両替機の場所などを聞かれたり、台に玉が詰まった時などに対応したり、景品カウンターで景品の交換をするのが主な仕事になります。
このどれかという訳ではなく、全てに対して研修を受けるので、まんべんなく全てをこなせるようにならないといけませんが、パチンコ台についてはよく知らなくても大丈夫です。パチンコ店のアルバイトの募集は、大抵がこの接客係です。

次に掃除係ですが、これは営業時間内とその前後に分かれています。営業時間内の場合はお客さんの邪魔にならないように、定期的にフロアの掃除を行ったり、各台の灰皿の掃除をして回ります。これは接客係が交代で行うこともありますが、営業時間前や営業時間後の場合は、それだけの別の仕事となります。
こちらの方はお客さんも入っていないので、本格的に床や各台の灰皿、ゴミ箱、トイレなどを綺麗に掃除します。この専用の係は、大体開店の2時間前から開店まで、閉店後の2時間などのシフトになることが多いです。

そして、大型のお店ではコーヒーレディがホール内で注文をとりに回っていることがあり、それだけの仕事も用意されています。台から出した玉を料金の代わりに徴収し、コーヒーを届けるお仕事です。
これは女性だけの仕事になるので、女性の場合は接客係や掃除係が嫌な場合はこれを希望してもいいでしょう。ただし、毎日1人や2人だけになるので、競争率は激しいかも知れません。

大体の年齢層と男女の比率は?

接客係は男女共に20代~40代までと幅広く、掃除専用の係はおばちゃんが多いのが特徴です。コーヒーレディには20代の比較的かわいいコが採用されることが多いです。やはりお客さんもかわいいコに頼みたいということなのでしょうね。

18歳以上ですが…

パチンコ店でアルバイトができるのは18歳以上ですが、高校生は不可となります。これはお客さんとしてパチンコ店に入場できる年齢層と一緒です。

勤務時間は?

これはお店にもよりますが、2交代制のことがほとんどになります。
早番と呼ばれるのが大体朝9時~夕方5時まで8時間で、遅番が夕方の4時~夜12時の8時間になっているといった感じです。
どちらも途中で1時間程度の休憩時間が入るので、実質的な労働時間は7時間程度だと思ってください。

この早番と遅番のどちらか専門ということはまずなく、その日のシフトの人数によって、どちらもやらされると考えておいた方がいいでしょう。多くは次の週のシフトが1週間前には決まるといった感じです。
遅番の場合は深夜手当が付くので、同じ時間を働くなら遅番の方だと考えている人も多く、好きな方を希望できる場合は遅番から埋まっていくことが多いです。

スポット的なシフトもあります

お店によっては、比較的混雑する夕方の時間帯(5~8時など)だけのシフトや、土日や祝日だけのシフトを用意していることがあります。ですが、あくまでスポット的なシフトなので、これらを希望する場合はそれほどお金にはならないと考えてください。

こういったシフトは、主に他にも仕事をしているWワークの人や、学生のちょっとしたアルバイト用だと思ってください。
ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの期間中は、このスポット用の人員を増やすことがあります。その手の募集は、学生がそういった期間中だけアルバイトをするのにはとても向いています。

体力的にはどう?

昔のパチンコ店は、それこそ玉の入ったドル箱をの上げ下げが当たり前で、かなりの重労働でした。しかし、今では各台に玉の計測器が付いているお店が多く、力仕事はほとんど無いと言っていいでしょう。

それでもお店によってはまだドル箱を使用しているところもあるので、面接の前に一度そのパチンコ店を訪れて、これを確認しておくことをおすすめします。
ドル箱だった場合は女性には厳しいと言わざるを得ません。このドル箱は玉が入ると1箱で約10キロにもなり、男性でも数ヶ月も続けると、腰を悪くしてやめていく人が少なくないくらいです。

それくらいこのドル箱の上げ下げは体にきつい仕事なので、できればやらないに越したことはありません。特に女性にはおすすめできません…

掃除係も結構ハードです

開店前や閉店後の掃除係は、結構体力的にハードだと考えておいてください。何より時間内に終わらせないといけないので、急ぐ必要もあり、むしろパチンコ店だということとは関係なく、掃除だけに特化した清掃業になります。
当然トイレも綺麗に掃除することになるので、元々掃除が好きだという人でないと、これはこれで厳しいかも知れません…

制服は貸してもらえる?

パチンコ店といえば、店員はお揃いの制服を着ていることがほとんどで、これはお店から貸してもらえます。

ですが、女性の場合はその制服だけでなく、新台が入った時などに特別な衣装を着なくてはいけないことがあります。いわゆるコスプレのような格好をさせられることもあるので、そういうことに抵抗がある人は、面接時に制服以外は着たくないと言っておいた方がいいでしょう。
しかし、それをすることでその間は時給が上がることもあるので、その点も考慮の上で判断してください。

ちなみに、メインとも言える接客係、掃除専用の係、そして、コーヒーレディは、それぞれ別の制服になります。これはお客さんから見て、誰がどれだか区別できるようにです。玉がつまった時にコーヒーレディを呼んでもしょうがないので、それらは一目で分かるようになっています。
初めて来たお客さんなど、それを知らない人からはコーヒーレディに接客を求められるようなこともありますが、その場合は係の人を呼んでくるといった対応をすれば問題ありません。

肝心の時給は?

パチンコ店のアルバイトは、時給が高いことで有名です。よっぽどパチンコが好きな場合以外、皆さんそれを目当てにアルバイトをしていると言っても過言ではありません。

これはお店や地域によっても違いますが、大体1100~1300円くらいが相場になります。経験を積むと更に上がることも多く、1ヶ月に何日シフトに入ると時給がアップするといった制度を設けていることもあり、勤務時間次第ではかなりの収入を期待できます。
また、深夜手当があるので、遅番が多いほど収入が多くなる傾向にあります。シフトをある程度自分で決められる場合、稼ぎたければ遅番を中心にシフトを組むといいでしょう。

ただし、遅番の帰りは終電がない時間になることも多いです。特に女性の場合は夜道は危険も多いので、それも考えた上でシフトを決めることも大切ですよ!

食事代などが支給されることも…

お店によっては、1日に500~1000円程度の食事代が時給とは別に支給される場合があります。また、最近では少なくなっていますが、以前はタバコを吸う人には1日1箱支給されていたことがありました。
このような時給だけではない待遇面も充実しているお店を選ぶという手もありです。

出会いなんてあったりする?

パチンコ店のアルバイトは出会いには向いていないと言えるでしょう。それは、あまり長く続ける人が少ない為です。

どちらかと言うと、それほど長く続けるアルバイトではありません。特にドル箱のお店ではとても体がもたないので、長く続けようと思っていても実際にはできないことが多いと言えるでしょう。
基本的にパチンコ店のアルバイトは、短期間である程度稼いで、すぐにやめていく人が多いのです。

やめてしまう理由とは?

その他の理由としては、あの大音響の空間での仕事なので、慣れてくると多少マシにこそなりますが、人によっては耳がおかしくなってしまうことがあります。
また、基本的に1日中立ち仕事という点から、それに限界を感じてやめてしまう人も少なくありません。

よって、同僚とはそれほど長く一緒に働くといったことがないので、一緒に働いていることで発展していくような出会いには期待しない方がいいでしょう。もちろん個人的にすぐ仲良くなり、お店の帰りや、やめてからも一緒に遊びに行くような関係になれば、その限りではありません。

総合的に見て…

以上にように、パチンコ店のアルバイトは短期間で一気に稼ぎたい人向きだと言うことができます。

時給の高さは他のアルバイトの比ではなく、このアルバイトをした後はどのアルバイトをしても時給が安いと思ってしまうほどです。ですが、ここまでに書いてきたような理由から、それほど長く続けられるものでもないので、それも考えて応募するようにしてください。

また、一度どこかのパチンコ店でアルバイトをすると、その他のお店で採用されやすいという特徴があります。お店ごとに違う点もありますが、接客係はどのお店でも業務内容がほとんど同じなので、きつくなったら一度そのお店はやめて、しばらくしてから違うお店で働くといったことができます。パチンコ店はお店の数だけには困りません。

ただ、パチンコ自体が好きな場合、そのお店でアルバイトをしている間は同じチェーンのお店や、近隣のライバル店には行ってはいけないなどという決まりが設けられていることがあるので、それには注意してください。

そして、お店の中の情報を外に持ち出すは一切禁止されていますが、アルバイトで知ることのできる情報など限られているので、それほどうるさくない言われることはありません。これについては特に気にしないでいいでしょう。

実際にアルバイトをしていた人からの口コミ

私以外のパチンコ店でアルバイトをしていた人からの口コミをいくつか紹介したいと思います。

◇25才・女性

高い時給に釣られて1年間ほどパチンコ店でアルバイトをしていましたが、各台計測器のあるお店だったので、力仕事はほとんどなく、毎日ホール内の見回りと対応、時間を区切って景品カウンターに立つといった繰り返しでした。また、2時間ごとに各台の掃除もやっていました。

いつもそれほどきついということはありませんでしたが、何より仕事中は一切座ることができません。その為、毎日帰ると両脚がむくんでしまっていて、そのケアが大変でした。

女性でも問題なくできる仕事ですが、それほど長く続ける仕事ではないと思います。

◇32才・男性

アルバイトをしていたのが古くからあるお店で、ドル箱を使っていたので、毎日その上げ下げで腰を痛めてしまい、泣く泣くリタイヤしました…

ですが、週に5日間早番や遅番を繰り返してシフトに入っていたので、月に20万円近くもらっていました。アルバイトで1日8時間の勤務でこれだけ稼げる仕事もそうはないと思います。

腰が治ったら、今度はドル箱がないお店でまたアルバイトをしようと考えています。

◇27歳・女性

ある大型のパチンコ店でコーヒーレディをやっていました。
ですが、コーヒーの注文は思ったより少なく、ほとんどがホール内を回っているだけの時間で、退屈してしまうこともしばしば… 私がもらっている時給ほど売り上げもない日も多く、逆に損をしているのでは?とさえ思ってしまいましたが、サービスの一環ということなんでしょう。

歩き回っていることが多いので、やはり足が疲れますが、それが我慢できれば楽な割には時給のいいアルバイトです。

まとめ

やはり、休憩時間中以外は座ることができないという点がポイントのようです。どのようなお店でも、ここだけは大変かも知れませんが、高い時給を目当てにアルバイトをしているので、これは我慢のしどころになります。

以上、パチンコ店のアルバイトについてまとめてみましたが、少しでもこれからパチンコ店でアルバイトをしようと考えている人に少しでも参考になれば幸いです。