結婚後に乳製品販売のお仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

専業主婦からの面接

私は、結婚して以来専業主婦をしておりました。また、結婚後に子供も生まれましたので、しばらくは働く気持ちはありませんでした。
ある日、子供を連れて散歩をしていると、「託児室ありの職場で働かないか」との誘いを受けました。
とりあえずその場では、「今は働く気がない」ということを伝え、家に帰りました。

しかし、3日後に自宅にいると、声をかけてきた人が訪ねてきました。
そして、本当に軽い気持ちで職場見学に行くことになりました。
私はもともと、独身の頃は仕事人間でした。そのせいか、話を聞いているうちに、「また働きたい」という気持ちが強くなっていきました。

しかも、職場は先輩ママ達ばかり。みんな元気で明るく、共通点も多いため、楽しそうな職場だと思いました。
そして、面接を受けることになり、主人にも相談しました。主人は、私の好きなようにして良いと言ってくれました。そして、子供を託児室にあずけて働くことになりました。

時間に自由な職場

私の仕事は、委託販売にあたるため、時間は自由な職場でした。
自分の仕事が終われば、早く帰れるというのも魅力的でした。
最初は、「女性ばかりの職場ってどうなのかな?」という不安もありましたが、先輩達はとても優しく、特に大きな人間関係のトラブルなどもなかったです。

仕事内容は、外仕事で体力も使いますが、お客様も優しくて、楽しんで仕事ができました。
毎日、何十人ものお客様とお話をしますので、自分のためになるお話が聞けたり、勉強になることも多かったと思います。

営業の経験がなかった私ですが、新しいお客様と出会えた時には、幸せな気持ちを感じることができました。そして、お客様が増えれば売り上げも増え、収入が増えるというシステムのため、頑張れば頑張るほどやりがいを感じました。

3年間働きましたが、職場は居心地が良く、第二の自宅という感じでした。

やりがいはあるが、暑さと寒さがしんどいことも

お客様の対応にも慣れてくると、自然と営業トークも身に付いていきました。
営業トークが自然にできるようになると、新しいお客様も自然と増えていきました。
この仕事の最大の魅力は、お客様との出会いだと思っていました。この仕事をしていなければ出会えなかったお客様が大半です。そんなお客様と出会える仕事に、感謝さえしていました。

お客様と色々なお話をしたり、外なので、四季を肌で感じられるのも、この仕事ならではだと思います。
しかし、暑い日も寒い日も、訪問を休むわけにはいきません。
大雨が降っても、強風が吹いても、いつもの曜日に伺わなくてはなりません。それだけは、どうしても慣れませんでした。暑い日は意識が遠のくような感覚があったり、寒い日には手や足の感覚がなくなることも少なくありませんでした。
それでも、この仕事が好きだったので続けることができました。

しかし、私はこの仕事を辞めなくてはと思う気持ちが強くなっていきました。
その理由は、腰を痛めてしまったからです。毎日重い荷物を持ち、歩くことが多いため、腰への負担がだんだんと苦痛になっていきました。
この仕事を続けたいと思っても、体のどこかの調子が悪くなったり、痛めてしまっては、続けたくても続けられないのです。

優しいお客様とも会えなくなると思うと、寂しさでいっぱいでしたが、退職することを選びました。
そして、腰の治療に専念しようと思いました。

お客様から元気がもらえる仕事

接客中は、当たり前のことですが、いつも笑顔でした。
お客様は、「いつも元気をもらってるよ」と仰っていましたが、逆にお客様から元気をもらっていたんだと、退職してから気付きました。

暑さ寒さの中での営業や訪問は、正直想像以上に大変なこともありますが、その分、やりがいもあったり、幸せを感じる瞬間もたくさんあります。
笑顔でいることは、元気でいられることにも繋がっていると思います。
仕事をしながら元気でいられる、そんな仕事だと思います。

色々な研修などもあり、接客やマナーについても学ぶことができるのも、この仕事の魅力の1つです。
そして、職場には同じ環境のママがたくさんいるので、プライベートな話もできて、楽しい職場だと思います。

体験談投稿者データ

性別:女性
年齢:36歳
業種:乳製品販売
職種:営業と販売
雇用形態:業務委託
給料:月収12万円

【JobtaS編集部より】 現在転職や就職を考えている人に”ココだけ”の耳寄り情報!

就職や転職を考えている人はまず転職エージェントへの登録される方が多いと思います。

転職エージェントに登録するメリットと言えば、非公開求人がたくさん見れたり、面倒な手続きを代行してくれたりといったことが挙げられますが、やはり最大のメリットは、親身になって相談に乗ってくれる担当者がいることです。

但し、ここで大事なのは「あなたと担当者との相性」です。いくら有能な担当者であっても、あなたにとってはベストでない場合もあります。ほとんどの人は転職エージェントを選ぶ場合、いろいろと比較サイトなどを吟味して、どこかひとつに絞って登録します。

しかし実際は大手の転職エージェントであれば、求人の登録数やサービス内容、サポートなどはそれほど大差はありません。あなたが転職で成功するための唯一にして最高の方法は「ベストな担当者を見つけること」です。

そのためには複数のエージェントに同時進行で登録をする必要があります。エージェントは「あなた自身を企業に売り込むための営業マン」でもあるので、いろんなエージェントのいろんな担当者に会って、任せる人を決めるというのが遠回りのように見えて一番良い選択です。同じ会社へのアプローチにしても、あなたのことを一番理解して売り込んでくれる担当者のほうが成功率は上がります。

まず大手だと下記の4つは最低でも押さえておいた方がいいでしょう。

リクルートエージェント
パソナキャリア
DODA
マイナビエージェント

自分のキャリアや職歴に自身がない方へ

転職エージェントと聞くと、「年収○○○万円以上の求人」とか「ハイクラスの転職」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。もちろん実際こうしたハイクラス求人もたくさんありますが、ほとんどの人は普通のサラリーマンやOLで、自分のキャリアに自身のない人も多数登録しています。

いわばそういった人たちをサポートして、最適な転職先を見つけるのが転職エージェントの仕事でもあるのです。

上記の4社は特にこのサポート体制がしっかりしているので、初めての方でも安心して転職が成功するまでサポートを受けることができます。まずは一度登録と面談をしてみていろいろと話を聞いてみるのが一番の近道ですね。複数のエージェントの担当者と話をすれば、いろいろ現状も分かってきますので、おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*