[28歳女性時給750円]派遣会社に登録して希望の事務職として採用≪みんなの就職体験談≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣会社に登録後、採用されるまで

事務職に就きたいと思っていたものの、なかなか自分では探しきれず、派遣会社に登録しました。登録してすぐ、派遣会社の方には早い対応をしていただき、トントン拍子で面接、採用まで行くことができました。
ただ、私の場合、1日からと募集の際に聞かされていたのですが、面接を受けたのが前月の中旬。その後、すぐに合否通知が来たあと、下旬には就業してほしいと言われました。
早まる分には問題はなかったので、予定より1週間早く仕事が始まることになりました。

すると、前任の事務の方は1日付けで部署移動だったらしく、1週間しか研修期間がありませんでした。その1週間は、前任の方が仕事をしながら教えてくださっていたので、十分には教われませんでした。そのため、その後は仕事をしながら分からなくなったら聞く、という日々が始まりました。

仕事内容と職場環境

仕事内容としては、主に営業の方の出す郵便物のチェックと封入、届いた郵便物の振り分けがありました。その他にも、お客様からかかってきた電話の取り次ぎや来客応対、備品の補充などがあり、曜日によっては本社から届く郵便物の振り分けなどもプラスされます。事務員は2名だったため、それぞれ役割分担をしながら、協力して業務に当たっていました。
保険会社でしたが、事務の仕事をしていく上で保険の専門の知識などはさほど必要はなく、営業の方が送る郵便物の中身のチェックも、相手先の名前が間違っていないかや、申請された内容物と中身が相違ないかを見ていくだけでした。
営業の方たちは優しい人ばかりでしたが、何件も案件を抱えているのでピリピリしていることもありました。ただ、こちらが不審に思った点や、宛先間違いなどを確認に行くと、丁寧に対応してくださいました。時にはこちらは知らなかった専門的なことも分かりやすく教えてくれ、同じような物が出た場合に迷わぬよう指導もしてくださいました。これらのことから、職場環境としては、恵まれていたと思います。

仕事をしていて良かった点、辛かった点

良かった点は、職場環境の良さです。社内も清潔で、喫煙ルームが別に設けられていたのがタバコの臭いが苦手な私からすると助かりました。人間関係も良好で、1週間しか研修期間がなかったことも、気遣ってくださいました。分からないことだらけでしたが、1聞けば10教えてくれるといった感じで、円滑に仕事をすることができました。大半の方が年上だったということもあるかもしれませんが、変な上下関係もなく、気さくに話しかけてくださる方が多く、楽しく仕事に取り組むことができました。
辛かった点としては、力仕事がたまにあったことです。紙媒体で管理していたお客様の情報で既に解決済の物をまとめる際に、どうしても女一人で持ち上げるのは骨が折れました。また、設置されているウォーターサーバーの水を変える際も力が要ります。
ただ、必死になってやっていると、見かねた方が助けてくださることもあり、周りの方の気配りに助けられもしました。

これから、事務の仕事をされる方へのアドバイス

事務の仕事は、縁の下の力持ちだと思います。お客様と直接話し、案件を解決するのは営業の方の仕事であり、事務はそのサポートに過ぎません。ですが、営業の方の手の回らない部分や少しでも負担を軽くするためにいるのが事務の人間です。
現代社会では機械の発達により、お客様の情報をデータ化する所が多く、私が経験した紙媒体の資料の管理は珍しい方だと思います。その作業がなくなれば、事務の仕事も楽にはなりますが、人員削減の対象に成りかねないのだとも感じます。それでも、人の目で間違いがないか見落とさないようにする事を重視し、事務の仕事があるのだと感じていました。

毎日同じことの繰り返しであり、時には理不尽な目に合うこともあるかもしれません。けれど、営業の方が気持ちよく、円滑に仕事ができるようサポートする事務の仕事は、目立たなくても大切な仕事だと思います。
これから事務の仕事をしようと考えている方は、1つ1つの作業を流れ作業にしてしまうのではなく、丁寧にこなしていくことを心懸け、力強い縁の下の力持ちになっていけるよう頑張ってほしいと思います。

派遣体験談投稿者データ

性別:女性
年齢:28歳
業種:保険会社
職種:事務職
雇用形態:派遣社員
給料:時給750円

【JobtaS編集部より】 現在転職や就職を考えている人に”ココだけ”の耳寄り情報!

就職や転職を考えている人はまず転職エージェントへの登録される方が多いと思います。

転職エージェントに登録するメリットと言えば、非公開求人がたくさん見れたり、面倒な手続きを代行してくれたりといったことが挙げられますが、やはり最大のメリットは、親身になって相談に乗ってくれる担当者がいることです。

但し、ここで大事なのは「あなたと担当者との相性」です。いくら有能な担当者であっても、あなたにとってはベストでない場合もあります。ほとんどの人は転職エージェントを選ぶ場合、いろいろと比較サイトなどを吟味して、どこかひとつに絞って登録します。

しかし実際は大手の転職エージェントであれば、求人の登録数やサービス内容、サポートなどはそれほど大差はありません。あなたが転職で成功するための唯一にして最高の方法は「ベストな担当者を見つけること」です。

そのためには複数のエージェントに同時進行で登録をする必要があります。エージェントは「あなた自身を企業に売り込むための営業マン」でもあるので、いろんなエージェントのいろんな担当者に会って、任せる人を決めるというのが遠回りのように見えて一番良い選択です。同じ会社へのアプローチにしても、あなたのことを一番理解して売り込んでくれる担当者のほうが成功率は上がります。

まず大手だと下記の4つは最低でも押さえておいた方がいいでしょう。

リクルートエージェント
パソナキャリア
DODA
マイナビエージェント

自分のキャリアや職歴に自身がない方へ

転職エージェントと聞くと、「年収○○○万円以上の求人」とか「ハイクラスの転職」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。もちろん実際こうしたハイクラス求人もたくさんありますが、ほとんどの人は普通のサラリーマンやOLで、自分のキャリアに自身のない人も多数登録しています。

いわばそういった人たちをサポートして、最適な転職先を見つけるのが転職エージェントの仕事でもあるのです。

上記の4社は特にこのサポート体制がしっかりしているので、初めての方でも安心して転職が成功するまでサポートを受けることができます。まずは一度登録と面談をしてみていろいろと話を聞いてみるのが一番の近道ですね。複数のエージェントの担当者と話をすれば、いろいろ現状も分かってきますので、おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*