[18歳女性時給900円]学費を稼ぐために近所のピザ屋でのアルバイト≪みんなのアルバイト・パート体験談≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルバイトをはじめた経歴

わたしがアルバイトを始めたのは、高校二年生のときの冬です。小さいころからバレーボールばかりして育ってきたわたしだったので、高校生になってもバレーボール部でずっと運動をして毎日を過ごしていました。しかし、高校生二年生の秋から冬にかけて受験についてちょうど考え始めた時期に、大学進学に向けての塾代や受験費、さらには大学の入学費用や毎年の学費などがまったく無く、偶然にも家庭自体がお金に困るという事態に陥ってしまったためにアルバイトを始めることになってしまいました。最後の大会に出ることを諦めてアルバイトをしなければならなくなったことは本当につらい決断でしたが、しょうがないことだと自分に言い聞かせて心を改めて頑張ることにしました。

高校生であるわたしにとっては、はじめての社会経験である上に、アルバイトなど疎遠であった進学に真面目である高校だったので友だちに頼ることはできませんでした。とりあえず、家に近いところから時給の高めなところを探して見つけたのが、持ち帰りのみのピザ屋さんです。居酒屋さんなどもあったのですが、最初のアルバイトだったので安全そうなピザ屋さんの方を選ぶことにしました。そんなに有名どころのピザ屋さんではありませんが、若干のチェーンになっていて、かなりお安い値段でピザを買うことのできる市民に人気の窯焼きピザでした。

仕事内容など

給料は時給制で、まず嬉しいことに研修期間が存在しないので、始めから全員が900円でした。土日と祝日に入ると1000円に上ります。今では東京都の最低賃金の上昇によって950円になりましたが、会社の事情によって今から入ってきた新入アルバイトさんは土日や祝日に入っても時給が上がらないシステムに変わっていました。そして、主な仕事はレジでの接客、ピザに乗せるトッピングの材料の仕込み、お皿洗いを一括する方と、ピザを作ったり材料の仕込みなどの食材管理がメインの2つに分かれます。最初はみんな前方の仕事がスタートなのですが、経験を積につれて後方に進み、認められたらプラス100円の昇給がなされます。現在わたしはこの昇給のための届けを本部に提出していたところでした。ここの職場にはたくさんの学生さんがいて、高校二年生だったわたしは最年少だったのですが、社員さんである店長が大体30歳くらい、あとのアルバイトさんは大学生か高校生でしたので話しやすくて良い環境でした。居酒屋などに比べたらバイトのメンバー同士の交友は浅かったのですが、マニュアルどうりのとても良い真面目なバイト先であり、よく来ているお客さんとは会話が弾んだり、外国人の方が来店なさったりして毎回が楽しい職場です。わたしがアルバイトを始めたばっかりのときの店長は本当にしっかりしている完璧な素晴らしい人で、他の社員さんやアルバイトさんたちからも崇拝され尊敬されているほどでした。しかし、最近ここの職場は大きく変化してしまったのです。

現在の職場への不満

しかし、最近のここの職場の問題点は、本部の方で社員の減少が著しく、全ての店舗にちゃんとした社員の店長を配置できていないという現実です。わたしがアルバイトを始めたばっかりのときの店長は今、自分でピザ屋さんをオープンしたために本社を辞めてしまいました。その次に来た新しい店長さんは少しチャラいヤンキー要素の入った人で、マニュアルなんて無視、すごくゆるい職場に変わりました。その時代に入ったアルバイトさんはすごくゆるい環境に慣れているように育ってしまっています。そして現在はその店長までも本社を辞めてしまったために、店長が不在というありえない状態で営業をしているのです。だから、新しいアルバイトさんへの厳しい教育などを今いる若いアルバイトの人たちでやっていかなければならない上、食品の発注や本部との話などをアルバイトさんまで任されなくてはならないという自体が起こっているのです。クレームがきたりトラブルが起こったりしても、すぐにお客様に対応できないという現実があります。これは、責任問題としてどうなのかと思います。しかしそれでも営業は続けて行わなければならないというのが現実です。アルバイト達だけでまかなうのは大変厳しく、だんだんと今までのマニュアルが緩くなっているように感じてしまいます。こういう点では、本社がしっかり軸を持っているところに入れば安心できたというのはあるなと感じました。

最後に

わたしはこういう職場での大きな変化を経験して、こんな職場は辞めたいと思いました。もし辞めることができるのならばすぐに辞めているはずなのですが、先ほども言ったようにわたしの職場は人が不足してバイトのみんなで色々と重要な職務を任されているためにそう簡単にそれを放棄することはできないのです。この辞めたくてもやめれない状況も問題です。真面目にしっかり働きたいと思うわたしにとってはすごく本社のグダグダ感を感じて不安の絶えない職場だなと感じました。

アルバイト体験談投稿者データ

性別:女性
年齢:18歳
業種:飲食店
職種:接客と飲食作り
雇用形態:アルバイト・パート
給料:時給900円

【JobtaS編集部より】 現在転職や就職を考えている人に”ココだけ”の耳寄り情報!

就職や転職を考えている人はまず転職エージェントへの登録される方が多いと思います。

転職エージェントに登録するメリットと言えば、非公開求人がたくさん見れたり、面倒な手続きを代行してくれたりといったことが挙げられますが、やはり最大のメリットは、親身になって相談に乗ってくれる担当者がいることです。

但し、ここで大事なのは「あなたと担当者との相性」です。いくら有能な担当者であっても、あなたにとってはベストでない場合もあります。ほとんどの人は転職エージェントを選ぶ場合、いろいろと比較サイトなどを吟味して、どこかひとつに絞って登録します。

しかし実際は大手の転職エージェントであれば、求人の登録数やサービス内容、サポートなどはそれほど大差はありません。あなたが転職で成功するための唯一にして最高の方法は「ベストな担当者を見つけること」です。

そのためには複数のエージェントに同時進行で登録をする必要があります。エージェントは「あなた自身を企業に売り込むための営業マン」でもあるので、いろんなエージェントのいろんな担当者に会って、任せる人を決めるというのが遠回りのように見えて一番良い選択です。同じ会社へのアプローチにしても、あなたのことを一番理解して売り込んでくれる担当者のほうが成功率は上がります。

まず大手だと下記の4つは最低でも押さえておいた方がいいでしょう。

リクルートエージェント
パソナキャリア
DODA
マイナビエージェント

自分のキャリアや職歴に自身がない方へ

転職エージェントと聞くと、「年収○○○万円以上の求人」とか「ハイクラスの転職」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。もちろん実際こうしたハイクラス求人もたくさんありますが、ほとんどの人は普通のサラリーマンやOLで、自分のキャリアに自身のない人も多数登録しています。

いわばそういった人たちをサポートして、最適な転職先を見つけるのが転職エージェントの仕事でもあるのです。

上記の4社は特にこのサポート体制がしっかりしているので、初めての方でも安心して転職が成功するまでサポートを受けることができます。まずは一度登録と面談をしてみていろいろと話を聞いてみるのが一番の近道ですね。複数のエージェントの担当者と話をすれば、いろいろ現状も分かってきますので、おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*