DCカード Jizileの口コミや評判は?年会費や海外旅行保険、メリットやデメリットなども詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードには様々なタイプがあるが、リボ払い専用というものもある。リボ払いとは、毎月設定した金額+手数料を支払うタイプの支払い方法だ。

リボ払いはうまく使いこなさなければ支払いの残債が膨大になり、手数料も膨れ上がってしまう。しかしうまく活用すれば、支払いをコントロールして毎月安定した支払いを行える。

DCカード Jizileはリボ払い専用で、ポイントが貯まりやすいことが特徴だ。リボ払いとうまく付き合いつつポイントをお得に貯めたい人は、DCカード Jizileを検討してみよう。

この記事では、DCカード Jizileのメリットとデメリットについて詳しく解説する。ポイントをお得に貯められるクレジットカードを求めている人は、参考にしてみて欲しい。

DCカード Jizileはリボ払い専用カード

DCカード Jizileは、リボ払い専用のクレジットカードだ。リボ払いのみなので、一括払いや分割払いを行うことはできない。

ただしリボ払いの支払額を限度額ぴったりにしてしまえば、いくら使おうが一括払い。つまり設定をしてしまえば一括払い専用カードとして、手数料の支払いなしで活用できる。

国際ブランドはMasterCardを選択できる

DCカード Jizileは、国際ブランドがMasterCardに設定されている。MasterCardは海外の国際ブランドで、日本にも加盟店がたくさんある。

国内・海外最大手のVISAでないことには注意が必要だが、MasterCardも十分国内外で活用できる。とくにデメリットではないだろう。

DCカード Jizileの申し込み資格・審査難易度について

DCカード Jizileの申し込み資格は、「18才以上で安定した収入がある方。または18才以上で大学・短大・専門学校に在学中の方」だ。

これはクレジットカードの中では比較的易しめの条件である。まず高校生を除いた学生なら誰でも申し込み資格があるし、それ以外の場合も安定した収入さえあれば申し込める。

なお20歳未満の場合は、親権者の同意が必要なので注意しよう。

クレジットカードの中には、「安定した収入」がなければ申し込めないものが多数存在する。DCカード Jizileもまた、学生以外はそれに含まれている。

18歳以上で高校生以外、という条件以外は一切設定されていないクレジットカードも世の中には多数あるので、それらに比べると審査難易度はちょっと高いと考えられる。

安定した収入となると、パートやアルバイト、無職が発行するのはややむずかしい。派遣社員ももっと申し込み資格がゆるいものに比べると、発行は厳しくなるだろう。

DCカード Jizileを発行したい場合、学生以外ならできれば正社員や公務員など安定した収入を得られる職業に就いてから申し込みたいところだ。

DCカード Jizileに入会するメリット

続いて、DCカード Jizileに入会するメリットをチェックしていこう。

DCカード Jizileは、ポイント還元やMasterCard会員向けの特典などのメリットがある。

年会費は無料なので負担がない

DCカード Jizileは、年会費が無料となっている。本人も家族も、年会費は永年無料だ。年会費の負担がないのは、クレジットカードを発行するにあたってありがたい。

年会費がかかると、元を取るため無理にクレジットカードを使おうとして無駄なお金がかかってしまったりすることもあるだろう。年会費が無料なのは、大きなメリットだ。

海外旅行傷害保険が付帯されている

DCカード Jizileには、海外旅行傷害保険が付帯されている。これもまた大きなメリットだ。

クレジットカードの中には、年会費無料や高還元率なものでも旅行傷害保険は付帯されていないケースがしばしばある。

DCカード Jizileなら、最大1,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されている。海外旅行中に何かトラブルにあっても、DCカード Jizileがあれば保険を適用して対処できるのだ。

MasterCard会員向けの特典あり

DCカード Jizileには、MasterCard会員向けの特典が用意されている。

  • 各種レジャー・グルメ施設が優待価格で楽しめる
  • 明治安田生命Jリーグ体験
  • 食べログの人気店舗を優先予約、10〜15%の割引

これらの特典を受けられるのも、DCカード Jizileのメリットだ。

ポイントが3倍貯まる

DCカード Jizileでは、1,000円ごとにポイントが3ポイントが貯まる仕組みとなっている。通常の3倍、0.5%の3倍なのでポイント還元率はなんと1.5%だ。

1.5%還元のクレジットカードはそう多くはない。リボ払い専用カードなので支払い方に気をつける必要はあるが、高還元率の恩恵を受けられるのは何者にも代えがたいメリットである。

ショッピング保険も用意されている

DCカード Jizileには、ショッピング保険が付帯されている。金額は年間100万円で、90日以内に購入した商品が破損や盗難などの被害に遭ってしまっても自己負担1万円で保証してもらえるのだ。

高額な買い物をするときは、DCカード Jizileで支払えばいざという時も保険を適用可能。こちらも活用していきたいメリットである。

DCカードJizileの気をつけたいデメリット

メリットの次は、デメリットをチェックしていこう。

DCカード Jizileはリボ払い専用カード。色々と気をつけたいデメリットも存在している。

リボ払い専用なので手数料がかかる

DCカード Jizileはリボ払い専用なので、事前に支払額をしっかり設定しておかなければ手数料がかかり、なおかついつまで経っても支払いが終わらない!という事態に見舞われてしまう。

せっかくのポイント高還元率も、手数料が高くなると無駄になる。支払い方法はうまく調整していこう。

ETCカードは発行手数料がかかってしまう

DCカード JizileではETCカードを追加発行できるが、発行手数料が1,000円(税抜)に設定されている。つまり無料で利用できるわけではない。

ETCカードを活用したい場合、DCカード Jizileでの追加発行はお勧めできない。クレジットカードの中には、発行手数料も年会費も無料でETCカードを追加発行できるものがたくさんあるからだ。

国内旅行傷害保険は付帯されていない

クレジットカードの国内旅行傷害保険は、乗り物での移動中やツアー旅行中など限られた条件でしか適用できないものが多い。

そのため正直なところなくてもそこまで大きなデメリットにはならないのだが、DCカード Jizileには国内旅行傷害保険が付帯されていないことに注意しよう。

国内旅行傷害保険が必要な人は、三井住友カードなど他のクレジットカードを別途発行するのがおすすめである。

ポイントは1,000円ごとに貯まる

DCカード Jizileでは、ポイントが1,000円の利用ごとに貯まる。これはつまり、1,000円台より下の999円までの支払い金額にはポイントが加算されないことにつながっている。

楽天カードなど他のクレジットカードなら100円単位でポイントが貯まることもあるので、端数となってしまう金額が大きいことには注意が必要だ。

DCカードJizileはどんな人におすすめのクレジットカード?

最後に、DCカード Jizileがどんな人におすすめかをチェックしていこう。

DCカード Jizileはリボ払い専用カードということで注意は必要だが、比較的万人向けだ。

リボ払いをうまく活用しつつポイントをたくさん貯めたい人

DCカード Jizileは、リボ払いをうまく活用してポイントをたくさん貯めたい人におすすめだ。

支払い金額の設定や端数をできる限り出さないようにするなど、色々使っていく上で注意は必要になる。しかし使いこなせれば、これほど心強いクレジットカードはないだろう。

クレジットカードを初めて発行する学生

DCカード Jizileは、社会人にはあまり発行条件が易しくない。しかし学生なら、とくに収入がなくても申し込むことができる。

クレジットカードを初めて発行する学生は、DCカード Jizileを選ぶのも良いだろう。メリットとデメリットをしっかり理解し、発行に臨んでほしい。

まとめ

DCカード Jizileは、リボ払い専用クレジットカード。しかしポイント還元率は1.5%と非常に高いので、うまく活用すればポイントがたくさん貯まりメリット満載だ。

MasterCard会員向けの様々な特典も利用できるDCカード Jizile。活用してみてはどうだろうか。