仕事

高校卒業後ホームヘルパー2級を取得し介護施設へ就職

社会人で初めて仕事をしたのが介護職でした

わたしは高校卒業後、大学に行くことではなくすぐに社会人として働くことを目標としていました。高校は工業高校だったためたいていのクラスメイトは建築業・製造業・メーカーなどへの就職を志望し、そして大半がそれらの業界に就職していきました。

とはいえわたし自身は工業高校で学びながらも、実際社会に出たときは福祉や介護、または医療など、社会的に弱者といわれるような人たちをサポートする仕事をしたいと心から思っていました。

それで高校卒業後はホームヘルパー2級を取得するための職業訓練校に入学し、そこで講習を受け、晴れてホームヘルパーの資格を取得したのでした。

続きを読む

アラサーになってホテル業に転職

ホテル業を選んだ動機、応募と採用

都内で一人暮らしをして居ましたが、アラサーと呼ばれる年になって一つの職種にしか関わった事がないことに、少しコンプレックスがありました。好きで好きで仕方のない職種に就いているわけではないけれど、嫌いではないし、それなりにやり甲斐はある、でもいつまで続けるのだろう、この仕事を。そして、数年間、中々預金残高は増えないままでした。かなり働いて、それなりにお給料をもらっている筈なのに、金銭的な余裕が生まれない東京での一人生活をこの先どうするべきか、と考えていた頃でした。

続きを読む

結婚後に乳製品販売のお仕事

専業主婦からの面接

私は、結婚して以来専業主婦をしておりました。また、結婚後に子供も生まれましたので、しばらくは働く気持ちはありませんでした。
ある日、子供を連れて散歩をしていると、「託児室ありの職場で働かないか」との誘いを受けました。
とりあえずその場では、「今は働く気がない」ということを伝え、家に帰りました。

続きを読む

友人に勧められて工場で働くことに

友人の紹介で希望した部署に

仕事を辞めてから次の職を中々決められずにいました。そんな私の状況を見かねて、友人が自分の勤めている会社を紹介してくれることに。
私は一人で黙々と作業をしている方が向いていると自分で思っていましたので、友人の勤めている会社の工場勤務を希望しました。ちなみに友人は物流管理課でした。
採用まではとんとん拍子。友人は会社内での信用が厚く、その友人の紹介ならばということで人事の方は私の採用を即決してくれました。決まってからは配属になる工場を見学して、簡単な書類を作成して、初出勤の日を迎えました。

続きを読む

水にかかわる仕事がしたいとニッチな水質検査会社に就職

学生時代に勉強してきたことを活かせるニッチな仕事を探し、水質検査会社に就職

私は学生時代、自然分野の勉強をしていました。具体的にいうと、海や湖などの水質汚染に関する分野です。広い海から身近な水道水の水質まで学んできたため、なにか「水」に関わる仕事がしたいと考えていました。そこで見つけたのが「水質検査会社」です。一般住宅、公共施設、会社や工場などの飲料水や排水を検査し、報告する仕事です。民間の機関ではありますが、法に定められた水質検査の義務に基づいて検査を行っており、公共性の高い仕事である点が魅力でした。また、環境に関する勉強をしていたので、水質検査を通して環境問題に関われるところもこの仕事を選んだ理由です。

続きを読む

学校給食の調理師から大手企業の社員食堂へ

 

自分の生活スタイルを守るために

前職が学校給食の調理師だったのですが朝がとても早く、主人の朝ご飯やお弁当を用意することが難しくなりました。もう少し遅い出勤時間で朝の時間に余裕を持ちたいと思って転職を決めました。
働きたいと思った大手企業の社員食堂は朝9時半から18時までの勤務時間で、主婦にはちょっと時間が長いかな〜と思いましたが子供がいないうちにしか仕事は頑張れないと思ったので応募する事にしました。
面接をして下さった50代の女性の料理長さんはとても楽しい方で、気さくに話して下さり私の状況についても理解して下さいました。面接をしたその日に採用が決まり、翌日から早速働く事になりました。
主人に報告するととても喜んでくれて、良かったね、また違うお料理のお勉強も出来るといいね!と言ってくれたので嬉しかったです。

続きを読む

結婚を機に会計事務所で事務職として就職

採用されるまでのいきさつ

今の主人との結婚の話が出だした頃、ちょうど正社員で勤めていた会社の業績が悪く、私の職種も採用当初のものから変わってしまったため、後先考えずにその会社を辞めたところから話が始まります。ちなみに、その会社は人材サービスの会社で、当初の私の職種はカウンセラーでしたが、営業も付加され、ノルマが発生していました。それまでも営業の経験はありませんでしたし、採用当初の話では職種替えは絶対ないとの話でしたので、会社の業績不振というやむを得ない事情があるにせよ、私にとっては納得のいかない点もありました。

続きを読む

正社員を前提として派遣社員として情報通信サービス会社へ就職

 

派遣での採用 正社員化を前提に

私は現在31歳、都内の中小企業で営業をしているサラリーマンですが、現在就いている会社とその仕事について紹介します。
私はこの会社に入社したのは丁度2年前、29歳のときでした。そのとき就職活動をしていたのですが、過去に一度サラリーマンを辞めてフリーターを挟んでいたり、営業としての職歴がそれほど長くないこともあって就職には苦労をしていました。得意な業界というのも特にありませんでしたし、採用側からすれば「やる気」ということ以外に私を採用するこれといったポイントがなかったように感じます。

続きを読む

高校時代から憧れていたショップ店員に

 

高校時代からあこがれていた華やかな世界

私はおしゃれをするのが大好きで、キラキラした華やかな世界で働いているショップの店員さんになりたいと、中学生の頃からずっと憧れていました。
高校を卒業後は当時大好きだったアパレルブランドのriendaに応募しましたが、最終面接で落選してしまいとりあえずOLに。入社して2年くらいたった頃、休日にショッピングをしていて、フラっと寄ったアパレルブランドのEMODAで、店長さんに『うちで一緒に働かないか?』とスカウトされました。

その当時は、EMODAが大好きで凄くビックリして戸惑いましたが、憧れの職業だったし、しかも声を掛けてもらえる事なんてこの先ない‼と思い、会社の上司に気持ちを伝え一か月後に退職する事が決まりました。

続きを読む