転職・就職

とうとう2回目の転職!職を転々とするのは本当にイメージが悪い?転職は何回まで許されるのか

2回目の転職

2,30年前なら転職というとすごくハードルが高い時代だった。それに比べて今はみんな当たり前のように転職をする。大学を卒業してやっと入社した大手の一流企業でさえも数年働いたら、あっという間に辞めて転職をしてしまう。

もちろん転職自体は悪いことではないし、いろんな会社で社会経験を積むのは良いことでもあるが、せっかくがんばって就職活動をして新卒で入社した大手企業をそう簡単に辞めてしまうのは、非常にもったいない気持ちもある。

それでも腹を決めて転職をするのであれば、できれば1回で成功させたいが、実際には2回3回と転職を繰り返す人も多い。

単純に転職の数が多いからといって、必ずしもマイナスイメージになるわけではないが、キャリアアップのポジティブな転職なのか、そうでないネガティブな転職なのかと言う部分が一番のポイントだろう。

続きを読む

30代職歴なしでも就職できるのか?履歴書にはアルバイト経験も書くべきか?その辺りを説明しよう!

30代職歴なしの履歴書

若者と呼ばれる20代もあっという間に終わり30代に突入して人生にあせりを感じている人も多いだろう。今の時代30代になっても職歴なしというのも珍しくはなくなってきている。ただ一概に職歴なしといっても、人生で一度も働いた経験がない人もいれば、アルバイトなどはいろいろ経験しているが、正社員として雇われたことがない人に分かれると思う。

一度も働いたことがないというのはごく稀だと思うので、アルバイト経験はあるが、正社員としての職歴がない人を対象に、30代職歴なしでも希望の仕事を手に入れる方法を解説しよう。

続きを読む

男性だけど事務職として働きたい人は意外と多い!ノルマもなく定時に帰れる事務職は本当に居心地がいい!

男性の事務職

男だけど事務職で働きたいと言う人間は実は意外と多い。理系出身だったり、専門分野がある場合は別だが、文系の人間が普通に就職活動をすると、男は総合職や営業など比較的いろんな役割を求められる職に就くことが多い。

特に中途採用や転職となると専門分野がなければ、だいたい営業職というパターンになってしまう。もちろんスーツを着て仕事がしたいという場合の話ではある。もっと範囲を広げれば運送業、飲食店、工場内の仕事などいろんな仕事はあるにはあるが、デスクワークでしかも定時に帰るという事務職に憧れた男性も多いのではないだろうか。

今回はどうやったら男が事務職としての仕事に就けるかどうか?というのを考えてみよう。

続きを読む

肉体労働は本当にキツイのか?体力さえあれば実はホワイトかもしれない肉体労働のメリットをまとめておく

肉体労働

肉体労働というとしんどいのに給料安くて、社会の底辺のようなブルーカラーのイメージが完全に定着しているが、本当にそうだろうか?

まず体力が必要なのは言うまでもないが、健康で体力にさえ自信があれば、これほどやりがいのある仕事はなかなかないかもしれない。

ブラック企業で毎日サービス残業している人も、なかなか自分に合った仕事が見つからないと言ってる人も一度肉体労働をしてみるといい。もしかしたら新しい人生が開けるかもしれない。

もちろん日雇いで一ヶ月ほど働いたからといって何かが変わるわけではない。せいぜい少し体力がつく程度だ。しかしデスクワークで疲弊している人間にとっては時には外で思いっきり汗かいて働くというのはリフレッシュができるのも事実だ。

ここでは日雇いの一時的な肉体労働ではなく、転職先としての肉体労働の仕事についてみていこう。

続きを読む

手取り16万で一人暮らしは可能?将来を見据えて転職すべきかどうかの答えを教えよう!

手取り16万円

毎月の給料が手取り16万円だったらどんな生活になるか?このページにアクセスしているということは、今現在の給料が手取りで16万円ぐらいか、あるいは転職先の給料が手取り16万円ぐらいでちょっと不安になってるとかじゃないだろうか。

手取りというのは実際の給料から税金などを引いた支給額と言うことだ。その手取りが16万円ということは、給料の総支給額がだいたい20万円前後ということになる。

これは大卒男子の平均的な初任給とだいたい同じぐらいだ。大卒男子の初任給は20万円ちょっとぐらい。もちろん職種によってはここに手当てがついたり、残業がついたり、あと交通費なども出るだろうから、実際にもらえる金額はもう少し高くなるかもしれないが、まあ一般的な企業だとだいたいこれぐらいだろう。

つまり手取り16万円というのは大卒男子の初任給と同じということ、言い換えれば20代前半の独身男子の給料とさほど大差ない言うことだ。

続きを読む

営業職に就きたいなら多少はお金に余裕を持ってから就職しないとますます貧乏になる可能性がある!

営業職

一概に営業といっても個人宅への訪問販売から、海外法人営業まで求められる能力もレベルもピンキリである。ここでは特殊な能力を求められるハイレベルの営業職ではなく、一般的によく求人誌で見かけるルート営業や歩合制の訪問販売などの営業職の給料面を書いておこう。

まず良く耳にするのはルート営業というキーワードだ。ルート営業とはその会社とすでに取引のある顧客(ほとんどが法人)を訪問し、提案をしたり、注文をとってきたりする仕事だ。簡単に言うと御用聞きのような仕事や雑用なども残念ながら含まれることもある。顧客に納品している商品などでトラブルが起こったら、納品先の工場で一日中工場作業員の手伝いをさせられることも日常的だ。はっきり言ってやりがいを求める人にはちょっと物足らない部分もあるが、その反面精神的には比較的な楽な部分もある。

もうひとつは訪問販売や新規開拓など、固定給+高額歩合というちょっと気を引く文言で求人広告を出しているところだ。ごく稀にこういったところに就職して、恐ろしいぐらいに売り上げを叩き出して、短期間でものすごく稼ぐ人間がいるのも事実だが、残念ながらほとんどはなかなか売れずに辞めてしまうというパターンが多いのが現実だ。

では、その2つの仕事のメリットやデメリット、そしてなぜ貧乏になるのかについて、少し解説をしよう。

続きを読む

一人でできる仕事なら自分のペースで働ける!マイペース派におすすめの職種いろいろ

一人でできる仕事

前回に人と関わらない仕事というエントリーを書いたが、人付き合いが苦手な人にとっては自分のペースで仕事ができるというのは本当にありがたい職場だ。今回は「人との関わりはあるが、自分のペースでできる仕事」を中心に紹介していこう。

人と関わらない仕事と多少重複する仕事もあるが、また少し視点も違うのでぜひ一度参考にしてほしい。

そもそも一人でできる仕事というのは、会社にいる時間が少ない仕事、もしくは外で仕事をする職種が多い。前回の人と関わらない仕事で書いたような、工場のラインなどは人と関わることは少ないかもしれないが、一人で仕事を進めることはできないわけだ。そういうわけで一人でできる仕事となるとまた見方が変わってくる。

続きを読む

50歳からの転職は可能?50代からの仕事や転職事情をまとめてみた

50歳からの転職

20代や30代のころは転職をする際もまだまだ仕事を選ぶ余裕もあった人でも40代から50代に差し掛かってくると、そんなことも言ってられない状態になってくる。

特に30代~50代にかけては人生で最もお金が必要になる時期でもある。もちろん結婚して家庭を持っている人の場合ではあるが、ずっと独身でもも人によっては親の介護や金銭面での援助をしないといけない場合も多い。

さらに自分がもし病気になった時のこと、自分の老後のことを考えると少しでも蓄えをしておかないと不安にもなってくる。

昔と比べて最近は40代、50代もまだまだ若いとは言われてはいるが、そろそろ体にガタが出始めたり、人生について考えたりするのもこの頃のはずだ。

続きを読む

タクシー運転手の年収や仕事内容を元タクシードライバーの50代男性に聞いてみた!

タクシードライバー

公共の交通機関として、外に出れば見ない日はないタクシーを支えているのは多くのタクシードライバーだ。今このタクシードライバーは慢性的な人手不足だと言われており、高年層の再就職先としても注目されている。

タクシードライバーは誰でもなれるのか?給料はいいのか?具体的な仕事内容やシフトは?など、これからタクシードライバーを目指す人には知りたいことばかりだろう。

今回はつい最近までタクシードライバーをしていたというYさん(50代・男性)に自分の経験を元にタクシードライバーの実態について色々と語ってもらった。

続きを読む

東京しごとセンターの評判や一般的な転職エージェントとの違いを誰にでも分かりやすく解説します!

東京しごとセンターの評判

東京しごとセンターというのをご存知だろうか?もちろん東京限定なのだが、いわゆるハローワーク的なもので公的な機関として就職や転職を斡旋している団体だ。

ヤングコーナー(34歳以下を対象)・ミドルコーナー(30歳から55歳までを対象)・シニアコーナー(55歳以上対象)などのコーナーがある。
出典:ウィキペディア

ウィキペディアによると上記のように年齢に応じて仕事先を斡旋してくれるようなのだが、一般的な掲示板や2chなどを見る限り、あまり評判はよろしくない。さすがに悪評が書かれているページへのリンクはここでは割愛するが、興味があれば自身で調べてほしい。

そもそも東京しごとセンターの評判がいまいちなのはなぜか?

紹介している仕事の内容だったり、職員の対応だったり、といった部分がいまいちの評判につながっている。しごとセンターは公的な機関だから働いていているのはもちろん公務員、またはそれに準ずる人だ。言い方は悪いが民間であまり仕事経験のない人たちばかり、ましてや転職経験なんてないって人がほとんどだ。そのため求職者との温度差が結構あったりする。

続きを読む