ビックカメラSuicaカードの口コミや評判は?年会費や海外旅行保険、メリットやデメリットなども詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日の通勤や通学で、Suicaを使っている人は多いだろう。特に首都圏ではSuicaを使った方が、改札をスムーズに通れて便利である。

しかしこのSuica、いちいち券売機等でチャージをするのは面倒なものだ。また現金でチャージしていると、とくにそれによるメリットがないことも難点である。

クレジットカードには様々なタイプのものがある。今回紹介するビックカメラSuicaカードは、Suicaのオートチャージに対応しているクレジットカードだ。

しかもSuicaへのチャージでポイントが1.5%の高還元率。筆者も日々活用している。ビックカメラSuicaカードのどこが優れているのか、実体験も踏まえつつ解説するので参考にしてみてほしい。

ビックカメラSuicaカードはビューカード系クレジットカード

ビックカメラ Suicaカードは、年会費477円(税抜)(年1回の利用で翌年度の年会費は無料)のクレジットカードだ。

国際ブランドは、VISAとJCBを選べる。MasterCardが欲しい場合は選べないので注意しよう。

ビックカメラ Suicaカードは、ビューカード系のクレジットカードだ。JR東日本の利用者向けのクレジットカードなので、基本的にはそのエリア内に住んでいる人向けの選択肢となるだろう。

ビックカメラ Suicaカードは、クレジットカードの中でも電車やバスに乗る機会が多い人にとってメリットが豊富だ。筆者も日々、このカードで Suicaに残高をチャージして活用している。

どんな人におすすめかは後ほど詳しく紹介するが、少なくとも身の回りにSuicaが使える場所がある人が発行するべきクレジットカードであることは間違いないだろう。

ビックカメラSuicaカードのメリット

続いて、ビックカメラSuicaカードのメリットを実体験に基づいて解説する。

筆者はこのクレジットカードを学生の頃から4年ほど使い続けているので、できる限りビックカメラSuicaカードで得られたメリットを詳細に説明しよう。

 Suica対応、オートチャージもできてチャージ金額は1.5%還元

ビックカメラSuicaカードには、Suicaが搭載されている。そのためSuicaを使うにあたり本来かかる500円のデポジットなしでSuicaを利用開始できるのがまず嬉しい。

もちろん、残高へのチャージもこのクレジットカードで可能だ。

そしてビックカメラSuicaカードは、Suicaの残高が一定を下回ったら自動で一定金額をチャージしてくれるオートチャージ機能を利用可能だ。

ちなみに残高へのチャージやオートチャージは、このビックカメラSuicaカード以外のスイカカードへ行うこともできる。例えば限定の絵柄のスイカを持っていてそれで支払いたいなら、紐付ければOKだ。

Suicaへのチャージは、なんとポイントが1.5%還元になる。そのためSuicaを使う機会が多いなら、ビックカメラSuicaカードが高還元率クレジットカードになることは見逃せないだろう。

また新幹線の切符などをビックカメラSuicaカードで購入した場合も、実は1.5%還元になる。こちらも覚えておこう。

モバイルSuicaが年会費無料で使える、Apple Payにも対応

ビックカメラSuicaカードでは、Androidスマホなどで利用可能なモバイルSuicaを年会費無料で使える。あくまで「当面」となっているが、具体的な期限は決められていない。

モバイルSuicaでは残高のチャージだけでなく、新幹線の切符を買ってSuicaで新幹線に乗ることも可能だ。

チケットなしで新幹線に乗れるのは、実際にいつも利用しているがチケットをなくす心配がないので便利である。

またiPhoneのApple Payにも対応していて、Suicaのチャージにこのカードを使ったり、QUICPayとして登録して支払ったりすることもできる。

ビックカメラSuicaカードは、スマートフォンとの連携にも強いわけだ。

年会費は年1回の利用で無料になる

年会費477円(税抜)のビックカメラSuicaカードだが、年に1回でも使えば無料になる。

ビックカメラSuicaカードの発行を検討する人は、100%Suicaを日々利用するだろう。つまりSuicaへのチャージをこのカードで行うなら、条件は絶対に満たされるので安心だ。

筆者も、もちろん年会費を支払ったことはない。

ビックカメラやコジマのポイントカードにもなる

ビックカメラSuicaカードは、名前の通りビックカメラのクレジットカードだ。そのためビックカメラでは、ポイントカードとしても使える。

また地元にビックカメラがない人も、コジマがあるならそこでポイントカードとして利用可能だ。筆者は宮城県に住んでいて近所にビックカメラがないが、コジマで使えている。

2種類のポイントが貯まり実質1%還元、ポイントはSuicaと交換できる

ビックカメラSuicaカードでは、

・ビューサンクスポイント
・ビックポイント

これらが通常0.5%ずつ貯まる。

それぞれの還元率は低いが、実質1%の還元を受けられる関係上還元率は高いと言えるだろう。

ビューサンクスポイントは色々な景品と交換できるが、おすすめは400ポイントで交換できるSuicaの残高1000円分だ。iPhoneのSuicaにもチャージできる。

ビックポイントはビックカメラやコジマで使えるが、生活圏内にビックカメラやコジマがない場合も、ビックポイントを1500P=1000円分のSuica残高としてチャージできるので安心だ。

末日締め翌々月4日払いで、支払いまでの余裕がある

ここからはこのビックカメラSuicaカードの仕様に関する地味に嬉しいメリットを紹介する。ビックカメラSuicaカードは、支払日がちょっと遅い。

毎月末日締めなのは普通だが、実は支払日が翌々月の4日なのだ。

クレジットカードというと、翌月の26日など基本的には翌月に支払いを行うしくみである。しかしビックカメラSuicaカードは、翌々月だ。

丸々1ヶ月以上も支払日までに余裕があるので、万が一うっかりちょっと支払いが多くなった時もゆっくりと資金を調達できるのは嬉しいポイントである。

後から2回払いに分割可能

ビックカメラSuicaカードは、ウェブ上のマイページから支払い回数を変更できる。

これ自体は他のクレジットカードでもよくあるサービスだが、実はビックカメラSuicaカードなら後から2回払いに分割することもできるのだ。

2回払いには、手数料がかからないメリットがある。ちょっと支払いに余裕がないときは、後から支払い金額を2回に変更すれば対処できるだろう。

ビックカメラSuicaカードのデメリット

ここからは、ビックカメラSuicaカードのデメリットをチェックしていこう。

そこまで大きなデメリットはないと感じているが、注意したい点はいくつかある。

通常の支払いにおける還元率は0.5%と低い

実質1%ではあるものの、通常の支払いにおける還元率はビューサンクスポイントとビックポイントでそれぞれ0.5%だ。

Suica以外の支払いを中心に利用する場合は、ポイントの貯まりやすさという点で他の高還元率なクレジットカードに比べてイマイチである。

できる限りSuicaに残高をチャージして、それで商品を購入するようにしてポイント還元率のイマイチさを補おう。

支払いが明細に載るまで若干長い

4年間使ってきて感じていることだが、三井住友カードなど他のクレジットカードに比べて支払いが明細に載るまでの時間がちょっと長い。

Suicaへのチャージや新幹線の切符代はすぐに反映されるが、ネットショッピングなど他の買い物は反映まで2〜3週間くらいかかる印象だ。

明細に反映されるまで長い結果、その買い物の支払い月が若干後にずれることがあったりなかったりする。次の支払額を把握しづらいことに注意が必要となるだろう。

明細を確認できるアプリがない

ビューカードにはアプリがないため、明細を確認する場合はパソコンやスマートフォンのブラウザからマイページを開く必要がある。

楽天カードや三井住友カードなどは専用アプリがあるので、明細を確認できるアプリがないのはちょっとイマイチに感じている。

ビックカメラSuicaカードはどんな人におすすめ?

最後に、ビックカメラSuicaカードはどんな人におすすめかをチェックしていこう。

iPhoneやカードのSuicaを使って電車・バスに乗る機会が多い人

ビックカメラSuicaカードは、なんと言ってもSuicaを使う人向けのクレジットカードだ。

できる限り毎日、毎日ではないにしても月に数回はSuicaで電車やバスに乗っている人におすすめしたい。

Suicaへのチャージにおけるポイント還元率が高いため、普段の買い物は楽天カードなど他の高還元率カードで行なってビックカメラSuicaカードは交通用として使うのが良いだろう。

モバイルSuicaも使いつつお得に新幹線に乗りたい人

ビックカメラSuicaカードがあれば、新幹線の切符代をこのカードで支払える。もちろん、ポイントも1.5%還元だ。

モバイルSuicaなら、窓口に行かなくてもその場で新幹線の切符を買ってそのままスマホをかざして新幹線に乗れる。

モバイルSuicaを使いつつ、ポイントをお得に手に入れたい人にはビックカメラSuicaカードがおすすめだ。

Suicaで買い物をできる場所が多いなら、Suicaにチャージしてポイントを貯められるのでおすすめ

通常還元率は0.5%+0.5%と低いビックカメラSuicaカードだが、Suicaへのチャージならビューサンクスポイントが1.5%還元だ。

最近はイオンやイトーヨーカドーなどのスーパーや各種コンビニなど、Suicaで支払えるお店がかなり多くなっている。

そのためSuicaにチャージしてからSuicaで支払うようにすれば、どんな買い物でもポイント還元率は1.5%というわけだ。

身の回りにSuicaで買い物できる場所が多いなら、ビックカメラSuicaカードを活用しよう。

ビックカメラやコジマで買い物をする機会が多いなら、ビックポイントを活用できる

ビックカメラSuicaカードは、ビューサンクスポイントに加えてビックポイントも貯められるクレジットカードだ。

ビックカメラやコジマで買い物をする機会が多いなら、ビックカメラSuicaカードを持って入ればビックポイントを活用できて有利である。

まとめ

ビックカメラSuicaカードは、Suicaを使う機会が多い人にとって最適なクレジットカードである。

貯まったポイントはSuicaの残高にチャージできるので、電車やバスにSuicaで乗るなら絶対に持っておきたいオススメのクレジットカードだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*