青森で出会いを求めるならおすすめ出会い系やアプリなどを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青森にずっと住んでいる人はもちろん、出張や旅行で青森に来て、ちょっと異性と出会いたいと思ったときに役に立つのが出会い系サイトやアプリだ。

もちろん時間やお金に余裕のある人は後で紹介する出会いスポットに行ってみるのもいいが、スマホ全盛の今の時代、わざわざ遠回りしなくても、登録してあっという間にお相手をゲットして、そのまま食事はもちろん、意気投合すればもちろんその後も・・・という展開もあっという間にできてしまうのである。

出会い系サイトやマッチングアプリ別、青森でのプロフィール登録者数

最近いろんなサイトやアプリが次から次へと出てくるので、一体どこに登録すればいいか分からないと困っている人も多いだろう。

そんな人にアドバイスするのが、都道府県別の登録者数だ。一概に登録者数○○万人!とか書いてあってもイマイチピンとこない人も多いかもしれないが、都道府県別で分けられているとかなりリアルにその数字が分かるはずだ。

そこでジョブタス編集部では、大手出会い系の総登録者数が上位の3社を中心に青森に登録されているユーザー数を比較してみた。

ユーザー数(全国) 青森のユーザー数(男性) 青森のユーザー数(女性)
PCMAX 調査中 46,800人 30,000人
ハッピーメール 調査中 調査中 調査中
ワクワクメール 調査中 調査中 調査中

青森での出会いに出会い系を使うのがおすすめな理由

まず結論から言うと手っ取り早いということが最大の理由だろう。これは別に男性に限らず、女性にも当てはまる。

異性と出会いたいと思っても、その人それぞれ理由は様々だ。ちゃんとまじめにお付き合いができる異性がほしい。彼女(彼氏)はいるが、たまに食事に行く飲み友がほしい、不倫相手がほしい、結婚相手がほしい、大人の関係で時々会える相手がほしい・・・などなど、本当に人それぞれだ。

確かに最近は相席屋やシングルスバーなど異性と簡単に出会える店や空間が増えてきている。青森にもそういったお店は増えつつある。とは言え、自分の目的と相手の目的が同じとは限らないし、実際行った人は分かると思うが、なかなか簡単にうまくはいかないものだ。

出会い系の場合、顔が見えないという最大のデメリットはあるが、お互いの目的がはっきりとしているため、非常にうまくいきやすいのだ。特に今の20代30代の人たちは出会い系を使うことに抵抗がない人がほとんどであるため、例えば5年くらい前と比べても、格段に出会い系を使う人が爆発的に増えているのだ。

それこそ昔は東京や大阪などの大都市以外のましてや地方の都市なんて登録者がほとんどいなかったのだが、上の表を見ても分かると思うが、地方でもかなりの人数が登録して普通に使っているのである。

そんな事情もあり、ジョブタス編集部では青森で出会いを探すなら、出会い系サイトで探すことを強くおすすめする次第である。

もちろんどうしてもリアルで出会いたいという人のために青森の出会えるスポットなどをいくうか次項で挙げておくので参考にしてほしい。

青森でPCMAXを使ったユーザーの口コミ

41才男性 大手メーカー勤務 単身赴任中に利用
仙台からまさかの青森に単身赴任をすることになって1年。赴任当初はかなり暇を持て余していたが、PCMAXのおかげでかなり楽しい出会いライフをエンジョイしています。田舎だけど思った以上にユーザーも多いみたいで、そこそこ反応があります。最近はこっちの人妻と毎週会う関係になって、もう仙台には帰りたくなくなってきました。

青森で異性と出会えるスポット

ただ今募集中・・・

青森のおすすめスポット

一度は訪れたい青森のアートスポット

アート好きなら一度は訪れたい青森県のアートスポット。そのひとつが、十和田現代美術館です。街中に突如あらわれるホワイトキューブが美しいこの美術館は、その建物自体も魅力的。常設展はもちろん各種企画展もバラエティ豊かで、企画展毎に巨大なポスターなどで装飾される館内カフェの壁面も見応えがあります。

また、「青森犬」で有名な青森県立美術館もおすすめ。美術館というと日中訪れるのみというイメージですが、外壁のデザインイルミネーションが美しく、昼夜いずれも見応えがあります。シャガールの巨大舞台背景画は、アートに興味がないという方でもその大きさと空間に圧倒されることでしょう。

祭り期間じゃなくてもねぶたが見られる!

ねぶたの家ワ・ラッセは、その年に作られたねぶたが展示されているここだけにしかない観光スポット。お祭でみるねぶたの迫力そのままに、さらに間近でねぶたをみることができます。ねぶたに込められたストーリーなども知ることができ、ゆっくりとねぶたを鑑賞することができます。ねぶたの写真撮影もOK。

さらにねぶたに使用される和紙などを実際に触ったり、ねぶたの中がどうなっているのか見ることができるようになっていたりと、ねぶたを「体験」することができます。館内のショップでは、ねぶたに関するおみやげはもちろん、青森県ならではのお土産も多く取り揃えており、青森観光に欠かせないスポットのひとつとなっています。

美しい景色とサービスのある宿でアートを振り返る

青森県内にリゾートホテルができ、アートで満たされた心をそのまま宿でも堪能できるようになりました。岡本太郎のオブジェが見られるリゾートホテルなど、旅の締めくくりにふさわしい宿を選んでみてはいかがでしょうか。青森県といえばりんご。県産のりんごを使用したスイーツが県内各所の和菓子店・洋菓子店で見られ、リゾートホテルでもオリジナルのスイーツやカクテルなどを提供してくれます。

本州最北にある青森県の豊かな土地に、贅沢に配されたアートスポットや宿泊施設。弘前城や浅虫温泉など歴史ある観光スポットとともに、現代アートの一端に触れる旅を楽しんでみませんか。