愛知で出会いを求めるならおすすめ出会い系やアプリなどを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知にずっと住んでいる人はもちろん、出張や旅行で岩手に来て、ちょっと異性と出会いたいと思ったときに役に立つのが出会い系サイトやアプリだ。

もちろん時間やお金に余裕のある人は後で紹介する出会いスポットに行ってみるのもいいが、スマホ全盛の今の時代、わざわざ遠回りしなくても、登録してあっという間にお相手をゲットして、そのまま食事はもちろん、意気投合すればもちろんその後も・・・という展開もあっという間にできてしまうのである。

出会い系サイトやマッチングアプリ別、愛知でのプロフィール登録者数

最近いろんなサイトやアプリが次から次へと出てくるので、一体どこに登録すればいいか分からないと困っている人も多いだろう。

そんな人にアドバイスするのが、都道府県別の登録者数だ。一概に登録者数○○万人!とか書いてあってもイマイチピンとこない人も多いかもしれないが、都道府県別で分けられているとかなりリアルにその数字が分かるはずだ。

そこでジョブタス編集部では、大手出会い系の総登録者数が上位の3社を中心に愛知に登録されているユーザー数を比較してみた。

ユーザー数(全国) 愛知のユーザー数(男性) 愛知のユーザー数(女性)
PCMAX 調査中 調査中 調査中
ハッピーメール 調査中 調査中 調査中
ワクワクメール 調査中 調査中 調査中

愛知のおすすめスポット

愛知県の地域時な特性について

先ず、愛知とか愛知県という命名は、奈良時代の頃に制定された律令制によって既に、愛知という郡名があり、此れが元で明治期において県名にされたとも言われています。 つまり、往時からの愛知郡という地名が愛知県になったとされます。

其の愛知県といえば地域的には日本国内の中央部にあり、所謂、名古屋を中心とする中京圏に属していて、自動車を中心とした中京工業地帯を形成しています。 交通網としては東海道本線や新幹線、中央本線、其れに私鉄の近鉄や名鉄、地下鉄などが名古屋を中心に四方に走っています。

又、道路網は東名名神高速道路、新東名高速道路、其れに一般国道として国道1号、国道248号、国道301号など、中京地区でも交通の要衝として発展してきました。

愛知県の歴史的な意義について

歴史的には、名古屋城を見るように日本の歴史の深みを感じられる地域でもあります。 特に、戦国時代は織田信長や豊臣秀吉、そして徳川家康は戦国三傑ともいわれ何れも現在の愛知からの出身地となっています。 特に、愛知県の岡崎は徳川家康の出生地としても有名で、現在の岡崎城で出生していることでも知られています。

徳川家康は勿論、特に戦国時代から安土桃山時代にかけては松平氏(後の徳川氏)の居城である岡崎城にいましたが、ただ家康自身は幼名は竹千代として、幼少の頃は隣国の今川氏の人質として過ごしていたが、今川氏が信長によって桶狭間でやぶれた後は、生まれ故郷の岡崎城へ戻っています。 その後、家康は信長の庇護を受けて、秀吉に同調しながら両雄が没っしてからは、やがて天下を取り全国を統一して江戸幕府を開いて政治を執り行うことになります。

愛知県名古屋の象徴である名古屋城について

ところで愛知・名古屋の象徴である名古屋城ですが、戦国期も終わって徳川の世となり、この尾張・名古屋の地に家康が九男の義直のために天下普請によって築城したとされています。 それ以降は徳川御三家の一つでもある尾張・徳川家の居城として明治期まで利用されていました。

特に、名古屋城は日本の名城の中でも姫路城、熊本城とともに日本三名城としても知られ、民謡の伊勢音頭にも、「伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ、尾張・名古屋は城でもつ」とも歌われています。 其れに名古屋城は何といっても大天守に飾られている金の鯱(しゃちほこ)が有名です。 其の鯱は金に含有が日本一とも言われていますし、お城だけでなく尾張・名古屋の街、愛知県の象徴にもなっています。

此のように、愛知県というのは地理的にも日本の中心に有って、昔から東海道や中山道(直接愛知県は通っていないが名古屋の北部地域)の交通の要衝であり、歴史的にも特に戦国期から近世においては観るべきところが沢山あるのです。 又、気候・季節的にも冬でも比較的にも温暖なところで、多くの人々が住みやすい地域といえるでしょう。