ついに40代!アラフォー男の出会いの場はネットがおすすめな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代の出会いと言えば、ほとんどの人は既婚者であり、出会いを求めるというならば対象は浮気や不倫の出会いとなるだろう。

40代にもなると、変なプライドが無い上に若い頃よりも女心が解っているので、昔よりもモテるということもある。

そこで今回は40代の出会いのポイントを紹介するので参考にしてみて欲しい。

出会いには余裕を持て

ずばり40代ともなれば「大人の余裕」を前面に出した方がいいだろう。

焦って相手を振り回すような恋愛ではなく、「君の好きなようにしてもいいよ」と言える余裕が必要だ。

もちろんどんな行動や言動が返ってきたとしても、余裕を持って返せるようにしておきたいものだ。

あくまでも焦らず、そして向こうからやってきても焦って手を出さず優しさで包み込んであげるくらいの事はできるようにしておこう。

自分が甘えるのではなく、甘えさせてやる位の気持ちで挑もう。

その余裕がモテを作り、さらにモテるいい循環を作り出す事は覚えておくべきだ。

同世代や既婚者を狙う場合

同じように同世代や既婚者の場合も余裕は必要だ。

しかしこちらはいわゆる「男」という生き物を熟知しているだけに、いざ付き合うとなるとそれなりの人生経験と引き出しが必要になってくる。小手先のカッコつけなどはすぐに見抜かれるので自分磨きも必要になってくるのだ。

女子ばかりが自分磨きをするのではなく、男性もまた自分磨きが必要になってくる。ここが人生の分かれ道でもある。

これからも浮気や不倫を楽しみたいあなたは、常に色んなことに敏感であり人を引き付ける魅力と知性、そして人間力を持たざるを得ない。

若い子だけ追いかけたいという人はあまり必要ないような気もするが、最近の若い子の情報量は凄いのでそこだけでも是非負けないようにしておきたいものだ。

見た目に自信がない場合プライドを捨てろ

見た目に自信がない場合は、当然他で勝負しないといけない。

40代の出会いで一番タブーなのは若い頃の武勇伝を持ち出す男だ。若い頃にはカッコよかったのかも知れないけど、今は40代のそこらのオッサンという事は覚えておこう。そこらのオッサンよりもマシという考えは捨てて、ガムシャラに体を鍛えてもやっぱり40代は40代という自覚を持つべきだ。

若い頃と同じようなプライドは捨てて「こんなおっさんでもいいの?」と言えるくらいの謙虚さも必要だ。

周りを見ても「俺はこんなにカッコイイんだから」と言っている男と、常に女性に優しく「本当に俺でもいいの?」という男とはモテ方が違っているはずだ。

女の心を掴むのは、いつも謙虚さだという事を覚えておこう。

常に女性にはお姫様扱いを

既婚者でもいいという女性が一番憧れているのは実はお姫様扱いだったりする。

女扱いをされるのがいくつになっても憧れなのだ。

なので褒めたりチヤホヤしたり、女の子なんだからとたしなめてやるのもいい。ここでポイントなのはどんなに年を取っていても「女」ではなく「女の子」ということだ。

常に自分を見て欲しいという無意識な欲求を叶えてやると結構簡単に女は落とせる。

誰も気が付かない事を褒めると効率的なので、狙った女性がいる場合はよく観察してその女が欲しい言葉をかけてやろう。

普段の生活に追われて旦那にも優しくされてないという女性も、日常に潰されている独身女も、誰かに自分だけが見られていると思うことであなたへの意識がまず変わってくるだろう。

そこからは簡単に落とせるはずだ。

まとめ

40代だからこその出会いがあり、楽しみ方がある。

若い頃とは違った、もう一歩進んだ恋愛を楽しめるようになるかこのまま誰とも恋愛しないで死んでいくかは自分の気持ちの持ち方にかかっているはずだ。

もっと人生を楽しみたい人は、更なるステージとして女の扱い方を改めて勉強して見るのもいいだろう。

おすすめは心理学を勉強することだ。