一人でできる仕事なら自分のペースで働ける!マイペース派におすすめの職種いろいろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一人でできる仕事

前回に人と関わらない仕事というエントリーを書いたが、人付き合いが苦手な人にとっては自分のペースで仕事ができるというのは本当にありがたい職場だ。今回は「人との関わりはあるが、自分のペースでできる仕事」を中心に紹介していこう。

人と関わらない仕事と多少重複する仕事もあるが、また少し視点も違うのでぜひ一度参考にしてほしい。

そもそも一人でできる仕事というのは、会社にいる時間が少ない仕事、もしくは外で仕事をする職種が多い。前回の人と関わらない仕事で書いたような、工場のラインなどは人と関わることは少ないかもしれないが、一人で仕事を進めることはできないわけだ。そういうわけで一人でできる仕事となるとまた見方が変わってくる。

長期的な仕事として取り組めるものや正社員としての採用も可能な一人でできる仕事、自分のペースでできる仕事

ルート営業

一人でできる仕事の一番最初に、営業?って言われるかもしれないが、取引先がある程度固定されているようなルート営業であれば、比較的自分のペースで仕事ができる。営業は苦手と言う人も実際多いのだが、取り扱っている商品や取引先との関係、会社の社風などトータル的に見るとすごく居心地のいい営業の仕事も中にはある。社内にいる時間も少ないので自分でルートを決めて仕事ができる。

仕事を探すポイントしては、ノルマがないこと、新規開拓がないことが絶対条件だ。

とは言え営業である以上、売り上げが落ちたりするといろいろと詰められる場合もある。これは仕事うんぬんというよりも会社によって居心地の良さや仕事のやりやすさは大きく変わってくるので、どういう会社なのかどうかを見極めるのが重要だ。

完全歩合制の営業

これも営業ではあるが、完全歩合の場合かなり自由度は高い。仕事の内容としては訪問販売などで高額商品を売るようなかなり厳しい仕事もあるが、外資系の保険会社のようなところに採用されたら日本全国自分の裁量でどこでも仕事に行ける仕事もある。前者の場合は簡単に採用される反面、長続きする人は少ない。後者のような仕事は採用にかなり高いハードルがある代わりに生涯の仕事として取り組むことができる上、成績がよければ給料は破格だ。

タクシー運転手

業界的に初乗りの値下げがあったり厳しいイメージが強いが、タクシードライバーの場合ある程度工夫することによって給料を上げることができる。タクシーのように完全歩合制のような仕事の場合、自分の努力と工夫である程度まで補うことは可能だ。

余談だが、以前乗車したタクシーのドライバーは40代前半の男性だったが、いろんなデータを自分なりに駆使して、少しでもお客さんが拾えそうなエリアを回ったり、かなり工夫して仕事をしていると言っていた。年収でも500万円は軽く超え、営業所の中では常に成績はトップクラスだと言っていた。ちなみにタクシーの平均年収は300万円未満だ。タクシー業界は年齢層が高いので、若い人がどんどん工夫することによってまだまだ給料は上がる可能性も秘めているということだ。

自販機の商品補充

人と関わらず、なおかつ一人で自分のペースで仕事ができる理想的な仕事ではある。但し、それなりにノルマもあって1日の仕事をこなすのは相当時間もかかるため、拘束時間はかなり長い場合が多い。

整体やマッサージ師

最初はどこかに属すことになるかもしれないが、マッサージならある程度自分のペースで仕事は可能だ。但し最初はどこかに属すか、専門学校などを卒業して、それなりに技術を身につける必要はある。独立さえすれば、個人経営であっても今の時代ネットをうまく使えばいくらでもお客さんを取ることも可能だ。

店舗を構えると人を雇ったり、マッサージ師というよりは経営者としての仕事が増えてしまうが、生涯フリーのマッサージ師として出張専門で仕事をしている人も中にはいる。

運送業(中距離・長距離ドライバー)

ブラックのようなイメージが強いが、特に長距離ともなれば道中はそれなりに自由ではある。最も大事なのは、安全に確実に時間内に目的地に荷物を届けることだ。それさえできていれば、仮眠や休憩、食事は自分の裁量でとることができるため、精神的には比較的楽だ。とは言え、長時間運転が苦手な人や車の運転自体が好きでないと苦痛を感じるかもしれない。

特に夜の運転が苦手な人には向いていない。長距離ドライバーと言えば「過酷」なイメージもあるが、長距離ドライブや旅行が好きな人など意外とこの仕事を楽しんでいる人はそれなりにいる。

宅配便ドライバー

アマゾンなどのネット通販やオークションが誰でも利用できる時代になったことで、宅配便の需要は急速に増えてきている。再配達問題など常に問題を抱えているが、ドライバーの需要はかなり多いので比較的就職はしやすいとも言える。今後この業界全体がどれくらい改善されるかがカギだ。

ルート配送(コンビニ・酒屋・医薬品など)

コンビニのルート配送についてはどちらかと言えば派遣やアルバイトのほうが多いが、酒屋や医薬品のルート配送に関しては正社員として募集しているところも比較的多いだろう。

前者のルート配送の場合は深夜の勤務が多いようだが、決まったルートで荷物を運ぶだけなので運転が好きな人ならそれほど苦痛ではないかもしれない。しかし医薬品などのルート配送が営業という仕事も入ってくる場合もあるので就職する前にしっかり確認はしておこう。

警備員

この仕事は一人でする仕事と言っても複数の人間でひとつの現場なり、施設なりを警備するため、一人でできる仕事とはいえない部分もある。仕事中に関しては自分の持ち場では基本一人のことも多いためこの項目に入れている。

農業

一人でできる仕事と言っても農業の場合、完全に一人だと食べていくのはなかなか苦しい。最低でも家族経営レベル+繁忙期にはパートのおばちゃんに手伝ってもらう等でないとしんどいかもしれない。どこかで雇われの場合は自分のペースではなかなか仕事をするのは難しいだろう。

アルバイトや派遣で人と関わらない主な仕事

ポスティングスタッフ

会社によってはチームを作ってエリアごとに歩スティングをするというシステムを採用しているところもあるが、たいていは完全歩合制で個人が空いている時間で自由に配布するパターンが一番多い。自分の都合に合わせて働けるのはメリットではあるが、それほど給料が高くない。

バイク便や自転車便

宅配便の二輪車版である。どちらもバイクや自転車を持ち込みのところが多く、オートバイ、またはロードレーサーなどのスポーツ自転車を持っていないと難しいだろう。

自分のペースで働ける一人でできる仕事まとめ

他にもたくさんあるだろうし、独立したり、フリーランスとして活躍できるような職種、例えばライター、イラストレーター、プログラマー、ブロガー、アフィリエイターなども含めればかなりの数になるだろう。

フリーランスが多い職種などについてはまた別記事で取り上げてみたいと思う。

今すぐ転職する気がなくても最新の求人情報はチェックしておくべし!

現在転職や就職を考えている人もたくさんいると思うが、たいてい今の会社を辞めると決める→転職先を探すというパターンがほとんどだ。

しかし残念ながらこの方法ではなかなかうまく行かない。

なぜなら会社を辞めるという決断をする時点でもの凄いエネルギーが必要になるからだ。大きな決断をした後に今度はまた新しい転職先を探さないといけないという大仕事が残っている。

もちろん次の転職先が決まるまでは会社に辞表は出さないとは思うが、辞めると決めてから転職先を探すパターンはほとんどの人はうまくいかないか、結局転職をあきらめてしまうパターンに収まってしまう。

転職で成功するのは、タイミングだ。

一番いいタイミングで自分に合った転職先が回ってくるほど世の中甘くはない。

ではどうすればいいか、会社を辞める辞めないかに関わらず、まずは今どんな求人があるのか、自分の給料はどれくらいか、自分がやりたい職種はどの程度の求人があるのか、自分の市場価値はどれくらいなのか、などとにかく必要な情報を日々得ることだ。

毎日アンテナを張って、少しずつでもチェックしていれば転職市場の動向や求人多い業界なども見えてくるというものだ。そうすれば次の自分の仕事内容が明確になってくる。

転職先で自分が張り切って仕事をしているイメージができるようになれば転職は成功したも同然だ。

そういった情報を得るためにも、今のうちに転職サイトに登録しておくことを強くおすすめする。

今どんな求人があるのかというのをリアルに知るにはやはり求人サイトに登録するしか方法がないからだ。

もちろん転職サイトに登録しなくても無料で見れる求人サイトもたくさんあるが、はっきり言って量も質も全然違う。

転職サイトに登録されている求人は一般職から専門職までほとんどが出回っていない求人ばかりで未経験歓迎の仕事から40代50代向けの仕事までたくさんある。

今すぐ転職予定がなくても、今どういった求人があるのか、どれくらいの給料をもらえるのか、などを知るだけでも十分だ。

転職サイトは大手から中小の専門業種に絞ったサイトもたくさんあるが、はっきり言ってリクナビネクスト一択で良い。大手で最も求人数が多いからだ。

匿名で簡単に登録ができて、いろんな求人が見れて、さらに自分に合った転職先の診断までできるので、一度登録だけでもしておいても損はないはずだ。

リクナビは以下から匿名での診断も可能だ。

リクナビネクストにさえ登録しておけば、転職の求人のそのほとんどはカバーできる。売り手市場の今こそ、自分に合った転職先を探す最高のタイミングだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。