営業職に就きたいなら多少はお金に余裕を持ってから就職しないとますます貧乏になる可能性がある!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
営業職

一概に営業といっても個人宅への訪問販売から、海外法人営業まで求められる能力もレベルもピンキリである。ここでは特殊な能力を求められるハイレベルの営業職ではなく、一般的によく求人誌で見かけるルート営業や歩合制の訪問販売などの営業職の給料面を書いておこう。

まず良く耳にするのはルート営業というキーワードだ。ルート営業とはその会社とすでに取引のある顧客(ほとんどが法人)を訪問し、提案をしたり、注文をとってきたりする仕事だ。簡単に言うと御用聞きのような仕事や雑用なども残念ながら含まれることもある。顧客に納品している商品などでトラブルが起こったら、納品先の工場で一日中工場作業員の手伝いをさせられることも日常的だ。はっきり言ってやりがいを求める人にはちょっと物足らない部分もあるが、その反面精神的には比較的な楽な部分もある。

もうひとつは訪問販売や新規開拓など、固定給+高額歩合というちょっと気を引く文言で求人広告を出しているところだ。ごく稀にこういったところに就職して、恐ろしいぐらいに売り上げを叩き出して、短期間でものすごく稼ぐ人間がいるのも事実だが、残念ながらほとんどはなかなか売れずに辞めてしまうというパターンが多いのが現実だ。

では、その2つの仕事のメリットやデメリット、そしてなぜ貧乏になるのかについて、少し解説をしよう。

ルート営業のメリットとデメリット

まずルート営業の主なメリットといえば、先にも書いたが、すでに取引のある会社が相手だから、比較的仕事はしやすいし、お客と仲良くなればさらに仕事がやりやすくなる。ただ中には嫌な客がいたり、話がしにくい顧客ももちろん多い。たいてい相手はそこそこの役職以上であったり、経営者だったりするので無茶振りされたりすることもしょちゅうだろう。得意先の担当が自分の両親ぐらいの年齢のことも珍しくない。

もちろん上司と一緒に接待などに付き合わされることも多いはずだ。長く関係を築かないといけない立場なので人付き合いが苦手な人には全く向いていない。

歩合制の新規開拓や訪問販売などのメリットとデメリット

これらの仕事のメリットは上記のルート営業と違って顧客との関係は一時的なことが多い。もちろん相手が個人であっても生命保険など売る場合は長期的な付き合いも出てくるだろうが、高額商品を売る場合はその瞬間だけの付き合いだから、嫌な客であっても長期的に関係を築く必要はない。

もうひとつのメリットはカネだ。売る商品やサービスにもよるがたいてい完全歩合制などとうたっているところは高額なものが多い。もちろん歩合もかなり高くひとつ売れば数万円といったところも少ない。

では、なぜそんなにもらえるかというと、それはその商品自体がバカ高いからだ。だから1つ売れれば高額の歩合がもらえるわけだ。裏を返せば、圧倒的にに断られる確率が高い商品ということだ。何度も何度も何度も断られても平気な人でないとなかなか続かない仕事だ。まあこういうところはいつも求人を募集していることが多い。そしてお金に余裕がない人間が高額な歩合に釣られて応募してくるというのが現実だ。

例えば、リフォーム、高額教材、高級布団など家に売りに来たのを見たことがある人も多いだろう。

ではなぜますます貧乏になるか?

まず営業というのは、相手に気に入ってもらわなければいけない仕事であるということだ。そのためにはまず身なりを整える必要がある。髪の毛も整えないといけない。ひげもちゃんとそっておかないいけない。特に一番お金がかかるのが服だ。営業の場合はほとんどスーツ、またはそれに近い格好で仕事をすることがほとんどだからだ。

いくらファッションに無頓着だからといって、毎日同じスーツを着回していてはあっという間にボロボロになってしまう。季節ごとに最低でも3、4着、できれば5着くらいは必要だろう。5着あれば1週間被らずに毎日違うものを身に着けることができる。

それにワイシャツ、ネクタイ、ベルト、そして靴だ。仕事内容にもよるが歩きが多いと靴なんてあっという間にくたびれてしまう。かといって車で営業だから大丈夫ということは全くない。ブレーキとアクセルだけで右足だけが変な磨り減り方をしたり、右足ばかりがボロボロになる場合もある。革靴で長距離の車を運転する場合は車内のみ、運転の支障のない程度にサンダルなどに履き替えたほうが靴を長く持たすことはできる。

さらに外で仕事をするがゆえ、ランチも外食になることがほとんどだ。また外に入れば喉も渇くし、小腹もすく。下手したら、遅くなって夜も外で食べないといけなくなる場合も少なくない。ちょっと時間があくことだって多々あるだろう。そうなれば必要以上に出費がかさんでしまう。

出費がかさむだけじゃない!残業しても給料は増えない

営業の場合は残業が付かない代わりに僅かばかりの営業手当てというものがもらえることは多い。歩合制を採用しているようなところは営業手当てはないが、ルート営業などの一般的な営業職の場合は手当てをもらえることが多い。しかし残業は一切つかないことがほとんどだ。つまりいくら働いても給料が増えることはない。

その代わり大きく稼ぐ可能性も秘めているのが営業の仕事でもある

営業に対してあまりよいことは書かなかったが、大きく自分自身を大きく成長させたり、大金を稼ぐ可能性を秘めているのもまた営業である。ルート営業だって、今までにない新しい商品を企画して大きな取引をまとめることだってできる、時間があれば新規の顧客を開拓するのもよい。そういうのを積み重ねれば後々大きく出世することも可能だろう。特に歩合制の営業であれば、自分の工夫次第で大金を稼ぐことももちろん可能だ。

営業職で成功したいならカネには絶対余裕を持ってから就職すべし!

就職するのに多少なりともお金を貯めないといけないというのは本末転倒だが、こと営業に関しては貯金ゼロで超貧乏状態で就職するのは全くおすすめしない。毎日パシッとした格好を維持するにはとにかくお金がかかる。だから営業で成功したいのなら、多少はお金を貯めて余裕を持ってから就職するべきだ。

少なくともシーズンごとのスーツをそれぞれ2、3着。
ネクタイを5~10本程度
革靴を3足程度
ベルト
ワイシャツはできれば各シーズンごとに5枚以上

最低でもこれくらいは揃えてから働き始めたほうが絶対にいいと思う。

お金がないからと毎日同じスーツに同じネクタイ、ボロボロの靴じゃあ、余計に営業成績も悪くなって給料も減るという貧乏スパイラルに陥って抜け出せなくなる可能性が出てくるので、良い仕事をしたいのであれば、まず最低限の余裕を持っておくことも大切だ。

今すぐ転職する気がなくても最新の求人情報はチェックしておくべし!

現在転職や就職を考えている人もたくさんいると思うが、たいてい今の会社を辞めると決める→転職先を探すというパターンがほとんどだ。

しかし残念ながらこの方法ではなかなかうまく行かない。

なぜなら会社を辞めるという決断をする時点でもの凄いエネルギーが必要になるからだ。大きな決断をした後に今度はまた新しい転職先を探さないといけないという大仕事が残っている。

もちろん次の転職先が決まるまでは会社に辞表は出さないとは思うが、辞めると決めてから転職先を探すパターンはほとんどの人はうまくいかないか、結局転職をあきらめてしまうパターンに収まってしまう。

転職で成功するのは、タイミングだ。

一番いいタイミングで自分に合った転職先が回ってくるほど世の中甘くはない。

ではどうすればいいか、会社を辞める辞めないかに関わらず、まずは今どんな求人があるのか、自分の給料はどれくらいか、自分がやりたい職種はどの程度の求人があるのか、自分の市場価値はどれくらいなのか、などとにかく必要な情報を日々得ることだ。

毎日アンテナを張って、少しずつでもチェックしていれば転職市場の動向や求人多い業界なども見えてくるというものだ。そうすれば次の自分の仕事内容が明確になってくる。

転職先で自分が張り切って仕事をしているイメージができるようになれば転職は成功したも同然だ。

そういった情報を得るためにも、今のうちに転職サイトに登録しておくことを強くおすすめする。

今どんな求人があるのかというのをリアルに知るにはやはり求人サイトに登録するしか方法がないからだ。

もちろん転職サイトに登録しなくても無料で見れる求人サイトもたくさんあるが、はっきり言って量も質も全然違う。

転職サイトに登録されている求人は一般職から専門職までほとんどが出回っていない求人ばかりで未経験歓迎の仕事から40代50代向けの仕事までたくさんある。

今すぐ転職予定がなくても、今どういった求人があるのか、どれくらいの給料をもらえるのか、などを知るだけでも十分だ。

転職サイトは大手から中小の専門業種に絞ったサイトもたくさんあるが、はっきり言ってリクナビネクスト一択で良い。大手で最も求人数が多いからだ。

匿名で簡単に登録ができて、いろんな求人が見れて、さらに自分に合った転職先の診断までできるので、一度登録だけでもしておいても損はないはずだ。

リクナビは以下から匿名での診断も可能だ。

リクナビネクストにさえ登録しておけば、転職の求人のそのほとんどはカバーできる。売り手市場の今こそ、自分に合った転職先を探す最高のタイミングだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。