手取り16万で一人暮らしは可能?将来を見据えて転職すべきかどうかの答えを教えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手取り16万円

毎月の給料が手取り16万円だったらどんな生活になるか?このページにアクセスしているということは、今現在の給料が手取りで16万円ぐらいか、あるいは転職先の給料が手取り16万円ぐらいでちょっと不安になってるとかじゃないだろうか。

手取りというのは実際の給料から税金などを引いた支給額と言うことだ。その手取りが16万円ということは、給料の総支給額がだいたい20万円前後ということになる。

これは大卒男子の平均的な初任給とだいたい同じぐらいだ。大卒男子の初任給は20万円ちょっとぐらい。もちろん職種によってはここに手当てがついたり、残業がついたり、あと交通費なども出るだろうから、実際にもらえる金額はもう少し高くなるかもしれないが、まあ一般的な企業だとだいたいこれぐらいだろう。

つまり手取り16万円というのは大卒男子の初任給と同じということ、言い換えれば20代前半の独身男子の給料とさほど大差ない言うことだ。

会社の将来性と君の今の年齢を考えて必要であれば転職やむなしだ!

もし君が今、就職したばっかりの若者であれば、例え手取りが16万円であっても、将来性のある会社に勤めているとか、自分のやりたい仕事に就いているとかであれば、全く問題はない。高い目標を持って仕事すればキャリアアップも望めるだろうし、給料だってまだまだ上がるようになっている。

特に大手企業の場合はそれが顕著だ。昔と違って年功序列は少なくなったとは言え、やはりある程度の年齢になってくると支出が増えてくる。だから企業側としてもある程度は給料も上げざるを得ないわけだ。

ところが中小企業となると話は別だ。残念ながら40代や50代で家庭持ちであるにも関わらず、たいした給料はもらっていない人間はたくさん存在する。自分の会社の40代、50代世代の給料はどれぐらいか?彼らがある程度いい給料をもらってそこそこの生活をしているのなら、自分もそれくらいはもらえるだろうという予測もつく。

しかし意外かもしれないが、自分とあまり変わらない場合も実は多い。一度機会があれば仲の良い上司や先輩などに給料を教えてもらうといいだろう。今から10年20年と会社に貢献して一生懸命働いても月10万程度しか昇給していないなんて会社は山ほどあるし、一般的な中小企業だとほとんどそれぐらいかもしれない。

もちろん未来のことなんて分からない。しかし勢いのあるベンチャー企業ならともかく長年同じような体質で経営している中小企業は残念ながらそれほど大きな昇給も望めないだろう。むしろ今より水準が下がる可能性だって十分に考えられる。

それを40代、50代になって気が付いても時すでに遅しだ。少しでも若いうちに転職をするなり、得意分野を見つけるなりして将来に備えたほうが絶対にいい。

手取り16万円の生活はどんなもんか?一人暮らしはできるかどうか?

いちおう書いておくと一人暮らしでも手取りで16万円あれば十分に生活はできる。ただし、無駄使いをしなければ、の話だ。友達や上司の誘いを断れない、恋人とデートする時にすぐに見栄を張ってしまう、節約とかがまったくできない、後先考えずにカードとかで簡単に買い物をする、そんな人にはちょっと厳しいかもしれない。もちろんそれでもなんとか生活はできるだろう。もちろん借金などない、という前提の話だから、もし奨学金の返済やその他消費者金融などからお金を借りている場合は、かなり厳しい未来が待っている可能性もある。

20代独身の一人暮らしの収支モデル

家賃:50,000円
食費:30,000円
光熱費:10,000円
携帯:5,000円
通信費:5,000円
日用品:5,000円
--------------------------------
合計:100,000円

必要経費だけをざっと書けば、こんな感じだろうか。

これを見て、なんだ16万もあれば余裕じゃん!って思うかもしれないが、ちょっと待って欲しい。

まずは家賃だ。5万円というのは共益費込みの家賃として書いている。きっちり5万円に収まるかどうかは住んでいる地域にもよるので6万、7万となる場合も多いだろう。

次に食費だ。3万円といのは1日1000円だ。毎日ランチを外で食べれば節約しても500円程度はかかるだろう。そうなれば残りは500円。これで朝と夜を凌がなければならない。そうなれば自動的に自炊となってしまう。外食が多い人や残業が多い仕事の場合は自炊も難しくなるし、とうてい3万円じゃ収まらないだろう。

それ以外はだいたい上記の範囲内で収まるかもしれないが、ここには小遣いが入っていない。同僚と仕事帰りに食事や飲みに行ったり、休みの日に遊びに行ったり、服を買ったり、デートしたり・・・だ。

いくら生活する上での支出を抑えていても、交際費や服代などで出費がかさむことが多いのも社会人だ。

仕事内容にもよるが、営業マンなんて外に出る機会が多いからカネなんていくらでも出て行く。わずかな営業手当てが付いたとしても、スーツ、靴、ワイシャツ、ネクタイ、カバンなど出費が非常に大きい職種だ。

前に記事で書いたが、歩合制で稼ぐ自信があるヤツは別として、カネがギリギリの状態で営業マンになると一気に貧乏になるから注意したほうがいい。

参考:営業職に就きたいなら多少はお金に余裕を持ってから就職しないとますます貧乏になる可能性がある!

仕事内容にもよるが少なくとも今以上の給料をくれる会社はたくさんある!

自分がやりたい仕事や今やっている仕事との兼ね合いもあるだろうが、少しでもたくさん給料がほしいというのなら、少しでも若いうちに転職をしておくほうがいい。

ひとつの会社に骨を埋めるのも悪くはないが、転職をしていろんな会社を見るのもまた経験だ。

ネット上にはいろんな会社の求人が掲載されている。一度自分のスキルや経験、やりたいことなどと照らし合わせて、給料を見比べてみるのもいいんじゃないか。

カネは人生にとって命の次に最も大切なものだ。少しでも効率良くカネを稼いだほうが人生は豊かになるぞ。