[35歳女性時給800円]人見知りな自分を変えようと飲食店でアルバイトとして働く≪みんなのアルバイト・パート体験談≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

志望動機と面接

私が飲食店で働き始めたきっかけは友人の誘いでした。

人見知りな性格だったので不安でしたが、そんな自分を変えられるかもしてないと思い志望しました。面接当日は、ほんとうに緊張していたのを今でも覚えています。面接では、週に何日出勤できるのか、土日出勤は可能かなど簡単な質問をいくつか聞かれました。

採用か不採用かは、その場で伝えられました。面接時間も短くて、あっさり採用されたので驚きました。いつからでも出勤可能ということだったので、さっそく次の日から働き始めました。

仕事内容と職場環境

仕事内容は、主に開店前と開店後の清掃・お客様の案内・注文を受ける・レジ・簡単な調理補助です。飲食店で働くのは初めてだったので覚えることが多く、慣れるまで失敗ばかりでした。

注文を間違えたり、お皿を割ってしまったり、よく注意されていたのを今でも覚えています。料理もほとんどした経験がなかったので、簡単な盛り付け作業でも上手くいかず苦戦していました。職場の人たちは、学生と主婦の方たちで女性が多かったです。

私の働いていた飲食店は家族で経営されていたので、アットホームな雰囲気で人間関係で不安に感じたことはありませんでした。ミスしてしまった時は、みんなでカバーし合いながら乗り越えてきました。

飲食店での接客業は、肉体的にも精神的にもつらい時はありますが、お客様の笑顔を見ているとやりがいを感じますし、人見知りだった性格も接客業のおかげで克服することができました。

飲食店なので夜のシフトもありますが、私の職場では残業はほとんどなかったの安心でした。休みの日に職場のみんなで日帰り旅行に行ったり楽しい思い出がたくさんあります。仕事を辞めてからも連絡を取り合える友人もできました。

仕事は大変でしたが良い人間関係に恵まれたおかげで長く続けることができたと思います。私はこの仕事を通して、協調性や思いやりの心や仕事の大変さなど学ぶことができましたし、人として成長することができ感謝しています。

メリットとデメリット

飲食店で働くメリットは、注文から精算や調理補助までひと通りの仕事が体験できることです。たとえばコンビニやアパレル関係の仕事に就いた場合でも、飲食店でのレジの体験や、接客業でのお客様対応の経験がとても役に立ちます。

デメリットとしては、私の職場は懐石料理のお店ですべて座敷席だったのですが、常に重いものを持ち運びしながら、立ってはしゃがんでの繰り返しが多かったので腰に負担がかかる事です。

一日中立って仕事をしていたので慣れるまで、足がむくんでしまってつらかったです。体力に自信がない方や女性の方には大変かも知れませんが、だんだん筋力もついてきますので、デメリットでもありメリットでもあると思います。

その中でも、私がとくに一番苦労したのがクレーム対応などのイレギュラーの対処でした。どうすればお客様に納得していただけるのか、満足して帰っていただけるのかが分からずに悩むことが多かったです。ですが冷静になって誠意をもって相手と向き合うことでうまくいくこともありましたし、自分の中での自信にもつながりました。

正直、つらくなって辞めてしまいたいと思うことをたくさんありましたが、お客様の笑顔を見るとこの仕事をやっていて良かったなと思いましたし、年代は違っても仕事を通して深い付き合いができる仲間にもであえてほんとうに嬉しく思っています。

最初はデメリットに感じることが多い仕事かもしれませんが、慣れてくるとメリットが増えていくことがわかりました。

経験者からのアドバイス

接客業はお客様と直接かかわる仕事になります。みなさんがそのお店の顔となるのです。時には通常業務とは違った、クレーム対応やイレギュラーな事態にも迅速に対応しなければなりません。

どうすればお客様に満足していただけるか考え、思いやりの心を忘れないでください。忙しいとつい忘れがちですが、笑顔でいることも接客業には大切なことです。あなたの笑顔でリピーターになってくれるお客様も増えてきます。

この仕事は、とくに忍耐と精神力が鍛えられる非常にやりがいのある仕事だと思います。社会に出てからの人間関係にも役に立ちますので一度経験しておいて損はありません。

アルバイト体験談投稿者データ

性別:女性
年齢:35歳
業種:飲食店
職種:接客業
雇用形態:アルバイト
給料:時給800円

今すぐ転職する気がなくても最新の求人情報はチェックしておくべし!

現在転職や就職を考えている人もたくさんいると思うが、たいてい今の会社を辞めると決める→転職先を探すというパターンがほとんどだ。

しかし残念ながらこの方法ではなかなかうまく行かない。

なぜなら会社を辞めるという決断をする時点でもの凄いエネルギーが必要になるからだ。大きな決断をした後に今度はまた新しい転職先を探さないといけないという大仕事が残っている。

もちろん次の転職先が決まるまでは会社に辞表は出さないとは思うが、辞めると決めてから転職先を探すパターンはほとんどの人はうまくいかないか、結局転職をあきらめてしまうパターンに収まってしまう。

転職で成功するのは、タイミングだ。

一番いいタイミングで自分に合った転職先が回ってくるほど世の中甘くはない。

ではどうすればいいか、会社を辞める辞めないかに関わらず、まずは今どんな求人があるのか、自分の給料はどれくらいか、自分がやりたい職種はどの程度の求人があるのか、自分の市場価値はどれくらいなのか、などとにかく必要な情報を日々得ることだ。

毎日アンテナを張って、少しずつでもチェックしていれば転職市場の動向や求人多い業界なども見えてくるというものだ。そうすれば次の自分の仕事内容が明確になってくる。

転職先で自分が張り切って仕事をしているイメージができるようになれば転職は成功したも同然だ。

そういった情報を得るためにも、今のうちに転職サイトに登録しておくことを強くおすすめする。

今どんな求人があるのかというのをリアルに知るにはやはり求人サイトに登録するしか方法がないからだ。

もちろん転職サイトに登録しなくても無料で見れる求人サイトもたくさんあるが、はっきり言って量も質も全然違う。

転職サイトに登録されている求人は一般職から専門職までほとんどが出回っていない求人ばかりで未経験歓迎の仕事から40代50代向けの仕事までたくさんある。

今すぐ転職予定がなくても、今どういった求人があるのか、どれくらいの給料をもらえるのか、などを知るだけでも十分だ。

転職サイトは大手から中小の専門業種に絞ったサイトもたくさんあるが、はっきり言ってリクナビネクスト一択で良い。大手で最も求人数が多いからだ。

匿名で簡単に登録ができて、いろんな求人が見れて、さらに自分に合った転職先の診断までできるので、一度登録だけでもしておいても損はないはずだ。

リクナビは以下から匿名での診断も可能だ。

リクナビネクストにさえ登録しておけば、転職の求人のそのほとんどはカバーできる。売り手市場の今こそ、自分に合った転職先を探す最高のタイミングだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。