[31歳女性年収240万円]接客が好きでパンの製造販売の仕事に!新規店舗の立ち上げも経験できた≪みんなの転職体験談≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の直感を信じて応募

専門学校を卒業し、アルバイトをして生活していましたが、いつまでもこの生活を続けることは出来ないと思っていました。就職活動をしなければと思い、とりあえず無料冊子を読み探します。

そうすると、自分も利用したことがある、デパ地下でパンの製造販売をしている会社が社員を募集していました。記事を読んでなぜかピンときました。

そのまま応募し、いよいよ面接です。面接は社長が直々に行ってくれます。わたしの他にも2名いました。他の方がすらすらと志望動機を答えいき、わたしの番になりました。わたしは自分の直感を信じて応募したこと。記事をみて、ピンときたこと。ここで働きたいと思ったことを話しました。

おそらく一番変な志望動機であったと思います。

わたしも家に帰り冷静になって考えると、なんておかしなことを言ったんだと反省しました。これは不採用決定だと思っていましたが、結果は採用。

驚いたと同時に、大丈夫か?とも思ってしまいました。

配属は利用したことのある店舗

本社での研修が終わり、配属店舗が決まりました。配属先は家から一番近く、利用したこともある店舗です。

駅ビルの地下の食品街にある店舗で、駅を利用する客で夕方以降混雑します。店の場所はエレベーターを降りて目の前の好立地。目についたからとりあえず立ち寄ってみるという客も多いです。仕事内容は、販売接客、パンやサンドイッチの製造です。わたしの他に社員は3名。店長と数か月前に入社した社員が2人で全員女性です。

店長の印象は怖かったです。とにかく厳しいく、仕事に対して自分なりのこだわりやルールがある人でした。今までアルバイト生活で、社会の辛さを味わったことがないわたしは、何度か涙しました。しかし、だんだんと打ち解けてきてだいぶ優しくなってくれました。

しかしもう一人の社員が曲者で、一緒にいるのが嫌でした。労働時間はとにかく多かったです。会社は月8回の休暇を取り入れることを目標にしていましたが、いつになるやらという感じ。毎日2時間以上の残業は当たり前、残業しても自分の仕事が遅いからだと残業手当はもらえません。当時はブラック企業でしたね。現在はだいぶ改善されています。

異動になり心機一転

新店舗を立ち上げるということで、そのメンバーに選ばれ異動になりました。新店舗は今までよりも5駅くらい離れた、有名デパートのデパ地下に入ることになります。今まで接点がなかった本社勤務の社員と一緒に進めていきます。

デパートでの研修や新しいアルバイトへの教育などやることはたくさんあります。しかし、今までとは全く違う毎日がとても楽しかったし、やりがいがありました。仕事が楽しい!と初めて思えました。

毎日の満員電車は辛かったですが、それを上回るやりがいを感じていました。そしていよいよオープンの日です。社長や専務も駆けつけて、一気に緊張が走ります。沢山の客がオープン特別セットを目指してやってきます。

目が回る忙しさとはこのこと!というくらいでした。緊張のあまり、レジ打ちを何回も何回も間違え、釣銭を間違え、とにかくいっぱいいっぱいでした。無事に初日を終えその日の反省点をあげ、次の日に生かします。

次の日も大変ではありましたが、だいぶ慣れてきた自分がいます。新店舗の立ち上げは大変ではあったけど、貴重な経験が出来たと思っていますし、楽しかったと思えることが何よりだと思いました。その後、旧店舗の人間関係が大変になっているとまた戻されます・・・。

店の商品が好きなら働いてみて!

まずは接客が好きな人向けです。そして一日に大量の客を捌いていくわけですから、容量の良さも求められます。

また、自分の店の商品が大好きで、みんなに知ってほしい!こんなにおいしいものがあるんだよ!とアピールしたいと思っているなら尚更向いています。

まずは店舗での仕事から始まりますが、後々は店舗統括や本社勤務となりメニュー開発やマーケティング、社員教育や事務などの仕事があります。また、パン製造では工場での作業や、店舗での作業場にこもりずっとパンを作っていきます。なのでコツコツと作業できる忍耐力も必要になってきます。小麦を扱うので手が荒れるかもしれません。

転職体験談投稿者データ

性別:女性
年齢:31歳
業種:飲食店
職種:店舗スタッフ
雇用形態:正社員
給料:年収240万円

今すぐ転職する気がなくても最新の求人情報はチェックしておくべし!

現在転職や就職を考えている人もたくさんいると思うが、たいてい今の会社を辞めると決める→転職先を探すというパターンがほとんどだ。

しかし残念ながらこの方法ではなかなかうまく行かない。

なぜなら会社を辞めるという決断をする時点でもの凄いエネルギーが必要になるからだ。大きな決断をした後に今度はまた新しい転職先を探さないといけないという大仕事が残っている。

もちろん次の転職先が決まるまでは会社に辞表は出さないとは思うが、辞めると決めてから転職先を探すパターンはほとんどの人はうまくいかないか、結局転職をあきらめてしまうパターンに収まってしまう。

転職で成功するのは、タイミングだ。

一番いいタイミングで自分に合った転職先が回ってくるほど世の中甘くはない。

ではどうすればいいか、会社を辞める辞めないかに関わらず、まずは今どんな求人があるのか、自分の給料はどれくらいか、自分がやりたい職種はどの程度の求人があるのか、自分の市場価値はどれくらいなのか、などとにかく必要な情報を日々得ることだ。

毎日アンテナを張って、少しずつでもチェックしていれば転職市場の動向や求人多い業界なども見えてくるというものだ。そうすれば次の自分の仕事内容が明確になってくる。

転職先で自分が張り切って仕事をしているイメージができるようになれば転職は成功したも同然だ。

そういった情報を得るためにも、今のうちに転職サイトに登録しておくことを強くおすすめする。

今どんな求人があるのかというのをリアルに知るにはやはり求人サイトに登録するしか方法がないからだ。

もちろん転職サイトに登録しなくても無料で見れる求人サイトもたくさんあるが、はっきり言って量も質も全然違う。

転職サイトに登録されている求人は一般職から専門職までほとんどが出回っていない求人ばかりで未経験歓迎の仕事から40代50代向けの仕事までたくさんある。

今すぐ転職予定がなくても、今どういった求人があるのか、どれくらいの給料をもらえるのか、などを知るだけでも十分だ。

転職サイトは大手から中小の専門業種に絞ったサイトもたくさんあるが、はっきり言ってリクナビネクスト一択で良い。大手で最も求人数が多いからだ。

匿名で簡単に登録ができて、いろんな求人が見れて、さらに自分に合った転職先の診断までできるので、一度登録だけでもしておいても損はないはずだ。

リクナビは以下から匿名での診断も可能だ。

リクナビネクストにさえ登録しておけば、転職の求人のそのほとんどはカバーできる。売り手市場の今こそ、自分に合った転職先を探す最高のタイミングだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。