とうとう2回目の転職!職を転々とするのは本当にイメージが悪い?転職は何回まで許されるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2回目の転職

2,30年前なら転職というとすごくハードルが高い時代だった。それに比べて今はみんな当たり前のように転職をする。大学を卒業してやっと入社した大手の一流企業でさえも数年働いたら、あっという間に辞めて転職をしてしまう。

もちろん転職自体は悪いことではないし、いろんな会社で社会経験を積むのは良いことでもあるが、せっかくがんばって就職活動をして新卒で入社した大手企業をそう簡単に辞めてしまうのは、非常にもったいない気持ちもある。

それでも腹を決めて転職をするのであれば、できれば1回で成功させたいが、実際には2回3回と転職を繰り返す人も多い。

単純に転職の数が多いからといって、必ずしもマイナスイメージになるわけではないが、キャリアアップのポジティブな転職なのか、そうでないネガティブな転職なのかと言う部分が一番のポイントだろう。

職を変わるのか会社を変わるのか、そこをはっきりさせよう

日本では会社を辞めて違う会社に就職する場合は、「転職」という。しかし転職とは厳密に言えば、「職を変える」という意味でもある。例えば技術職から営業職、美容師からエステティシャンなどだ。

しかし一般的には、会社を変える場合はすべて「転職」と呼ばれている。

20代のうちはまだまだつぶしが利くし、自分は何をしたいのかということを手探りする期間でもあるから、職自体を変えるのも全然アリだ。むしろやりたいと思ったことは積極的にやっていったほうがいい。

ところが30代、40代になってくると大幅な職の変更は難しくなってくる。もちろん関連のある職であれば問題はない。20代で証券会社で10年勤めた後に、保険会社に就職といった具合だ。この場合は職種は異なるが、金融商品という大きな括りでは関連性が大いにあるため、前職の経験を存分に生かすことができるだろう。

しかし残念なことに転職が多い人間は特に関連のない職をあっちこっち転々とするパターンが多い。つまり前職が全く役に立っていない。職種がばらばらで全く関連性がないのに、転職回数が多い場合は正直かなり印象が悪くなってしまう。

逆にひとつの職でずっと仕事している人は、いくら会社を変わったところでそれほど悪い印象にはならない。

要はスキルアップの転職か単に逃げの転職かの違いによるものだ。

やりたいと思う職があれば若いうちにいろいろと経験しておくことも必要だ

本来ならば高校卒業時、もしくは大学時代には将来のやりたいことがある程度できていて、そのための準備期間兼勉強期間として学生生活を送るのが最良のパターンだ。人生が2回目や3回目ならそれほど難しくはないが、まだまだ10代の若者が将来のビジョンを決められるほど人生は簡単ではない。それに実際に社会に出ると思っていたことと全く違うことだってある。そのために20代はとにかくいろんな経験を実践で積むことを強くすすめる。

やりたいと思う仕事があれば20代のうちに可能な限りやっておくことだ。そこからまた次のステップへと広がっていく。そしてどんなに遅くとも20代後半ぐらいには将来設計をしっかり決めてそれに向けてスタートを切っておくことだ。20代のうちは転職回数なんて気にしなくても良い。

特に男は一生働いていかなくてはならないんだから、残念なおっさんになりたくなければ30歳ぐらいがタイムリミットと思っておけばいい。逆に言えばそれぐらいの年齢なら、努力次第では医者にだってパイロットにだってなれるチャンスがあるということだ。

とにかく若いうちにいろいろと経験して、自分が一生続けられる、いや続けたいと思えるだけの職を見つけること。自分が得意とする専門分野だ。別に職人になれというわけではない。保険でも不動産でも美容師でもグラフィックデザイナーでもSEでも看護師でも何でもいい。そしてその職種の中でいろんな企業に属しながら転職をしてキャリアアップをするというのが一番の理想だろう。

器用貧乏にならないために

いろんな職種を転々として挙句、いろんなことをちょっとずつできるようになってしまう場合がある。どんな仕事でもそつなく器用にこなせるけど、専門分野がないという状況だ。ちなみに器用貧乏という言葉の、貧乏=経済的に貧しいということではない。この場合は、何事も中途半端という意味として使われる。

とは言えやはり専門分野を持たないけど、何でもそこそこ器用にこなせる人というのは、会社にとっても使いやすい反面、その人でなくてもいい場合もあって、リストラの対象になったりもする。

そこでできるだけ人生の早い段階で自分の専門分野を作っておくことが重要だ。

自分の得意分野で突出している人は転職もしやすく、人生のいろんな局面で役に立つ。