[24歳女性時給800円]ダンスが好きでスポーツクラブのジョイフィットにインストラクターとして採用≪みんなのアルバイト・パート体験談≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョイフィットで仕事を始めた理由

私は以前よりダンスが好きで、月に複数回専門のダンススクールにてダンスを学んでいました。

将来はダンスに携わる仕事をしたいとかねてから思っていました。

そんな中このジョイフィットの求人を見かけました。

以前会員で利用していたときにダンスを習っていて、いつかはこの仕事で自分も指導する立場になりたいと考えていたので、応募してみました。

採用時に話を聞いてみたところ、将来的にはダンスのインストラクターをやってもらいたいというところと、現在のダンススクールでの経験が高く買われ、数日後に採用通知が来ました。

正社員としての登用も打診されたのですが、プライベートとの兼ね合いもあり、最初はアルバイトにて様子を見ることにしました。

業務内容、人間関係について

最初の配属は子供の水泳、体操、運動のインストラクターの担当でした。

以前は保育士だったので、子供のあつかいについても重々心得があり、6歳までの子供を担当しました。

跳び箱、マット運動、反復横跳び、鬼ごっこ、鉄棒など体育の授業で行っていることや遊びを交えて子供たちと一緒に運動しました。

上記の運動の結果について、おおよそ2週間に1度親が子供の様子を見るテストのようなものがあり、子供と運動しているときとはまた違った緊張感がありました。

その後は子供のダンスのインストラクターに配属されました。

私が前にいって踊り、子供が見て踊ることがメインでした。

曲については「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」などの子供が見るアニメの主題歌が多く、私が担当していた曲は、きゃりーぱみゅぱみゅのファミリーパーティーでした。

このことについては採用面接の時と話が違っており、当初は一人でインストラクターをやらせてもらえるということでしたが、二人のインストラクターをつけることになっていました。

子供はみんな私によくなついてくれ、子供のインストラクターについては順調にいきましたが、話の食い違いは不満点でした。

またこの職場での問題点はあまり人間関係が良くなかったことです。

想定したよりも男性より年配女性の数が多く、正直女の職場という印象でした。

陰口やねっちこい性格のかたが多く、あまり気持ちよく仕事ができませんでした。

男性の方も全く好みではない方にご飯にいこうと誘われ、LINEのIDを渡されたり、業務内容について教えてもらっているときに体をソフトに触られたりなど、セクハラ気味なところがあり、あまり気持ちの良い環境とは言えませんでした。

ジョイフィットに勤めてよかった点、悪かった点

このジョイフィットに勤めてよかった点は、私の趣味である運動が時給を貰いながらできるということです。

幼い頃からから体を動かすことが非常に好きで、運動が大好きでした。

スポーツクラブも常日頃からいっていましたので、無料でプールを利用することが出来たり、ダンスができることは非常に魅力的でした。

また無料で水素水を飲むことができたのも良いことでした。

以前から水素水をスーパーで購入していたので、300-400円近くかかっていましたが、これが無料で飲むことが出来るという特典がありました。

健康に良く、美容にも良い水素水を無料で飲むことができ家計には非常に助かりました。

しかしながら、ずっと体を動かしているので、他のアルバイト(私が経験したコンビニやレストランなどのアルバイトよりも非常に疲れがたまりやすく、帰ったときにはクタクタでした。

正直時給に合った仕事かといわれると疑問符が付きました。

もう一つ悪かった点はやりたかった仕事ができなかったことです。

私がやりたかったのはダンスのインストラクターだったのですが、担当はプールになることが多かったです。

もしこの仕事に就くならば

この仕事は基本的にはお金を稼ぐことが目的ではなく、体を動かすことが好きな人におススメできる仕事です。

仕事内容がスポーツクラブというだけあって、非常にハードなものです。

帰宅するときは体に相当疲れがたまり、帰宅する前でも体を休めるため休憩室で睡眠をとっている方が多かったです。

お金目的の人は仕事のハードさのことを考えるとあまりお勧めできない仕事になります。

アルバイト体験談投稿者データ

性別:女性
年齢:24歳
業種:サービス業
職種:インストラクター
雇用形態:アルバイト・パート
給料:時給800円

今すぐ転職する気がなくても最新の求人情報はチェックしておくべし!

現在転職や就職を考えている人もたくさんいると思うが、たいてい今の会社を辞めると決める→転職先を探すというパターンがほとんどだ。

しかし残念ながらこの方法ではなかなかうまく行かない。

なぜなら会社を辞めるという決断をする時点でもの凄いエネルギーが必要になるからだ。大きな決断をした後に今度はまた新しい転職先を探さないといけないという大仕事が残っている。

もちろん次の転職先が決まるまでは会社に辞表は出さないとは思うが、辞めると決めてから転職先を探すパターンはほとんどの人はうまくいかないか、結局転職をあきらめてしまうパターンに収まってしまう。

転職で成功するのは、タイミングだ。

一番いいタイミングで自分に合った転職先が回ってくるほど世の中甘くはない。

ではどうすればいいか、会社を辞める辞めないかに関わらず、まずは今どんな求人があるのか、自分の給料はどれくらいか、自分がやりたい職種はどの程度の求人があるのか、自分の市場価値はどれくらいなのか、などとにかく必要な情報を日々得ることだ。

毎日アンテナを張って、少しずつでもチェックしていれば転職市場の動向や求人多い業界なども見えてくるというものだ。そうすれば次の自分の仕事内容が明確になってくる。

転職先で自分が張り切って仕事をしているイメージができるようになれば転職は成功したも同然だ。

そういった情報を得るためにも、今のうちに転職サイトに登録しておくことを強くおすすめする。

今どんな求人があるのかというのをリアルに知るにはやはり求人サイトに登録するしか方法がないからだ。

もちろん転職サイトに登録しなくても無料で見れる求人サイトもたくさんあるが、はっきり言って量も質も全然違う。

転職サイトに登録されている求人は一般職から専門職までほとんどが出回っていない求人ばかりで未経験歓迎の仕事から40代50代向けの仕事までたくさんある。

今すぐ転職予定がなくても、今どういった求人があるのか、どれくらいの給料をもらえるのか、などを知るだけでも十分だ。

転職サイトは大手から中小の専門業種に絞ったサイトもたくさんあるが、はっきり言ってリクナビネクスト一択で良い。大手で最も求人数が多いからだ。

匿名で簡単に登録ができて、いろんな求人が見れて、さらに自分に合った転職先の診断までできるので、一度登録だけでもしておいても損はないはずだ。

リクナビは以下から匿名での診断も可能だ。

リクナビネクストにさえ登録しておけば、転職の求人のそのほとんどはカバーできる。売り手市場の今こそ、自分に合った転職先を探す最高のタイミングだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。