派遣社員として地元のケーブルテレビ会社へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新規事業の事務員として、面接即採用されました

派遣会社に登録していたころに、新しく派遣社員を大量に募集している会社がある、条件もいいし、同時に入る人がたくさんいるので教育もしっかりしてもらえると声をかけてもらいました。地元でもとても有名な大きい会社でしたし、それまでも事務で何社か派遣で入っていたので不安はありませんでした。派遣会社の担当の人と面接に行き、簡単な質問や条件面の説明だけで、すんなりと採用が決まりました。当時新規事業の立ち上げを計画していて、とにかく事務になれた人がたくさん必要だったそうです。

仕事はしっかり、休暇もしっかり

ケーブルテレビ会社で、新規に電話事業を始めるにあたり、その契約書を登録する人員として採用されました。
まずは会社が行っているサービス内容について、かなり詳しい説明がありました。その後は同じ部署に同時に2人入って、教育を受けながらの仕事になりました。基本的には営業がとってきた契約書の内容を確認し、専用のシステムに入力をします。本社ビルの4階で、みなさん事務仕事をしているとても静かな職場でした。社風なのか、上司は部下を呼び捨て、なんらかの話をしに行くときは机の横にひざまずいて視線を合わせて話します。ちょっと不思議な雰囲気の会社でした。ビルはキレイで、休憩室もロッカーもまずまず広くて使いやすかったです。新規事業ということで確認事項も多く、営業の書類もまだまだ不備が多かったのでその都度確認がとても大変でした。
入って半年くらいはほぼ毎日残業でしたが、派遣なので時給はきちんとつきましたし、正社員よりは早く返してもらえました。派遣社員同士はとても仲が良くて、休日にはいっしょにドライブにも行きました。それだけ忙しかったのですが有給はきちんととる会社で、正社員も派遣社員も、毎月きっちりと消化していました。そのうちに自分の得意な分野などが見つかり、それを中心に任せてもらえたのでやりがいはあったと思います。

処理が済んだ書類は保管庫にいれるのですが、とても立派な保管庫でした。ひとり専属で書類のスキャニングと整理の派遣社員がいましたが、その人が書類登録にまわり、他の派遣社員が手分けして書類整理にあたることになりました。とても書類の量が多く、それも創業のころからあるような書類も詰まっていたので大勢で大変な思いをして整頓のし直しをした記憶があります。力もいるし、時間もかかりましたがこういう作業に時間を使えるのは会社としてはいいことだと思いました。

制服はいまひとつで、社員の守秘意識もいまひとつ

女性は制服着用です。基本は赤いジャンパーと紺のタイトスカートという、事務にしては思い切った色でした。夏も冬も同じジャンパーなので、2枚を洗濯して使っていましたが2年目にはかなりくたびれてしまいました。そのうち夏はポロシャツに切り替わったのですが、誰が採用したのか生地が薄っぺらいので体形が良く分かって好きになれませんでした。事務ならベストや他のブラウスなど、事務に適した制服が良かったです。
デスクは広くて、パソコンも一人必ず一台とディスプレイは2面あったので作業環境は良かったです。契約書を扱うので気を遣いましたが、社員の中には平気で仕事中に私物の携帯電話を取り出す人がいて、どういう教育をしているのだと思うことがありました。入社後の正社員にはOJTも含めあまり教育をしようという意識は無いようでした。社内異動が多いのも原因かもしれません。

注意と忍耐が必要。でも体力的にはとても楽です

毎日が契約書との戦いになります。書類仕事、パソコン仕事が苦手な人は出来ないでしょう。
しかし作業をすすめれば1枚終わるごとにちょっとした達成感がありますし、手抜きしなければさくさくと終わります。ただし契約書ですので、間違いは許されません。営業の人も完全に確認はしてくれませんし、お客様が書いて下さる内容も意外といい加減だったりします。漢字や数字の確認をくどいくらい確実にする意識が必要でしょう。その点で、地域の地名は確実に読めて紛らわしい地名なら区別が出来ないとなりませんし、漢字、特に人名は似て非なる漢字がいくらでもありますので、注意力とともに知識が必要です。
自分の出来る範囲をしっかりとやっておけば、大きなトラブルは発生しませんし、基本的には座っている仕事なので体が辛いことはありません。土日休みも取れますし、有給休暇もちゃんと取れます。
またパソコン作業がほとんどですので、自分の字がきれいでない、自信がない人でも事務が出来るのは嬉しかったです。
専用のソフトをいくつも使うので、新しいことを覚えるのが好き、チャレンジが好きな人には向いていると思います。

体験談投稿者データ

性別:女性
年齢:51歳
業種:通信業
職種:事務職
雇用形態:派遣社員
給料:時給1200万円

今すぐ転職する気がなくても最新の求人情報はチェックしておくべし!

現在転職や就職を考えている人もたくさんいると思うが、たいてい今の会社を辞めると決める→転職先を探すというパターンがほとんどだ。

しかし残念ながらこの方法ではなかなかうまく行かない。

なぜなら会社を辞めるという決断をする時点でもの凄いエネルギーが必要になるからだ。大きな決断をした後に今度はまた新しい転職先を探さないといけないという大仕事が残っている。

もちろん次の転職先が決まるまでは会社に辞表は出さないとは思うが、辞めると決めてから転職先を探すパターンはほとんどの人はうまくいかないか、結局転職をあきらめてしまうパターンに収まってしまう。

転職で成功するのは、タイミングだ。

一番いいタイミングで自分に合った転職先が回ってくるほど世の中甘くはない。

ではどうすればいいか、会社を辞める辞めないかに関わらず、まずは今どんな求人があるのか、自分の給料はどれくらいか、自分がやりたい職種はどの程度の求人があるのか、自分の市場価値はどれくらいなのか、などとにかく必要な情報を日々得ることだ。

毎日アンテナを張って、少しずつでもチェックしていれば転職市場の動向や求人多い業界なども見えてくるというものだ。そうすれば次の自分の仕事内容が明確になってくる。

転職先で自分が張り切って仕事をしているイメージができるようになれば転職は成功したも同然だ。

そういった情報を得るためにも、今のうちに転職サイトに登録しておくことを強くおすすめする。

今どんな求人があるのかというのをリアルに知るにはやはり求人サイトに登録するしか方法がないからだ。

もちろん転職サイトに登録しなくても無料で見れる求人サイトもたくさんあるが、はっきり言って量も質も全然違う。

転職サイトに登録されている求人は一般職から専門職までほとんどが出回っていない求人ばかりで未経験歓迎の仕事から40代50代向けの仕事までたくさんある。

今すぐ転職予定がなくても、今どういった求人があるのか、どれくらいの給料をもらえるのか、などを知るだけでも十分だ。

転職サイトは大手から中小の専門業種に絞ったサイトもたくさんあるが、はっきり言ってリクナビネクスト一択で良い。大手で最も求人数が多いからだ。

匿名で簡単に登録ができて、いろんな求人が見れて、さらに自分に合った転職先の診断までできるので、一度登録だけでもしておいても損はないはずだ。

リクナビは以下から匿名での診断も可能だ。

リクナビネクストにさえ登録しておけば、転職の求人のそのほとんどはカバーできる。売り手市場の今こそ、自分に合った転職先を探す最高のタイミングだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。