[24歳男性月収22万円]サンマルクグループのベーカリーでアルバイトから正社員へ登用≪みんなの転職体験談≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜこの仕事に携わろうと思ったのか

私は以前より接客やサービスが好きで、言ってしまえば執事のような仕事に憧れておりました。
お料理や自分のサービスでどこまでお客様を幸せにできるのか、またどこまで自分を伸ばせるのかと期待したのが志望動機です。
私はアルバイトからの社員登用で正社員になりました。
アルバイトですと面接で希望配属部署などを書く面接シートを書いて店長や社員との面接になります。
採用になりますと初日にガイダンスを受け、勤務という形です。

どのような職場でどのような仕事なのか

サンマルクグループには多くの姉妹店がありますが、私が勤めているベーカリーレストランについてお話します。
このレストランは他のレストランとは違い、ホテルのようなサービスをお客様にといったコンセプトで営業しております。
主な仕事内容はご予約の電話対応、お食事をされるお客様へのサーブ、ベーカリーでのパン焼成とサーブ、キッチン調理部署での前菜やメイン料理の調理、洗い場などです。
重要部署として主に4か所に分けられます。
お客様をお通しし、オーダーを受けるホスト、出来た料理などを運ぶ料理運び、お食後のデザートドリンクを調理し運ぶスナッカー、そしてキッチンです。
アルバイトですと最初はパンのサービスから入ります。
焼きたてのパンをお客様に配る食べ放題のサービスです。
卓番や言葉遣いなどを覚えてきたら料理運びに移ります。
料理の名前を覚え、電話対応等も出来るようになりましたらいよいよ重要部署への配属となります。
必ず一つの部署でずっと働くのではなく、いろいろな部署に配属になるかと思います。
最終的にキッチンに入れるように教育していく方針で新人教育を行っております。
従業員同士とても仲がいいのでギスギスするような事もなく、忙しい中でも笑って働く事ができ、お互いにやる気を分け合いつつ働く事の出来るいい職場だと思います。
開店は11時で21時ラストオーダーの22時閉店になります。
11~22時で勤務するロングランシフトなど9~22時のスーパーロングシフトもありますね。
でもしっかり休憩はあるのでご安心ください。
アルバイトは月に130時間以上の勤務はできません。
社会保険加入後、契約社員になると230時間未満での勤務が許されます。

この仕事の良し悪し

この仕事に携わって4年程経ちますが、やっていて良かったと感じる事が非常に多いです。
逆にお客様からお叱りを受ける事もありますが、それは私たち社員の教育が行き届いてなかった事の表れなので私はお客様からのアドバイスとして有難く頂戴しております。
お客様は神様ではなく人間ですので、決して遠い存在ではありません。
どれだけお客様とお近づきになり、満足して頂くかが重要です。
人間は意識の生き物なのでこちらが誠意誠実に接すればお客様も心を開いてくださります。
温かい接客で心も満足し、美味しいお料理でも満足し、100点満点で帰って頂く為に従業員全体でお迎えしお見送りする必要があるのです。
間違った事や不誠実な行いをしなければ、お客様から帰り際にお礼の言葉や激励の言葉などかけて下さる事もあり、私はこれに非常にやりがいを感じています。
お客様にアンケートも書いて頂いているのですが、こちらにもアルバイトへの応援メッセージなども頂くので従業員への励ましにもなり活気の良い店舗へ繋がって行くとても良いシステムだと思います。
お客様は主役で、我々はそれを引き立てるキャストという表現が相応しいかと思います。
大変な事もありますが、非常に面白い仕事です。

アルバイトを受けようとしている方にアドバイス

最後にサンマルクのアルバイトを受けようとお考えの方にアドバイスさせていただきます。
この仕事は決して楽なものではありません。怒られる事も当然あります。
怒られたから適当に~とかめんどくさいから~など、たかがアルバイトだから…といった考えは捨ててください。
アルバイトといってもあなたも社員と同じです。
お客様から見えるあなたはアルバイトではありません。
このお店の立派なキャストなのです。
怒られてもそれをやる気と力に変え、次に変えてください。
私達は全力で応援し、サポートします。

転職体験談投稿者データ

性別:男性
年齢:24歳
業種:飲食店
職種:店舗スタッフリーダー
雇用形態:アルバイトから正社員へ
給料:月収22万円

今すぐ転職する気がなくても最新の求人情報はチェックしておくべし!

現在転職や就職を考えている人もたくさんいると思うが、たいてい今の会社を辞めると決める→転職先を探すというパターンがほとんどだ。

しかし残念ながらこの方法ではなかなかうまく行かない。

なぜなら会社を辞めるという決断をする時点でもの凄いエネルギーが必要になるからだ。大きな決断をした後に今度はまた新しい転職先を探さないといけないという大仕事が残っている。

もちろん次の転職先が決まるまでは会社に辞表は出さないとは思うが、辞めると決めてから転職先を探すパターンはほとんどの人はうまくいかないか、結局転職をあきらめてしまうパターンに収まってしまう。

転職で成功するのは、タイミングだ。

一番いいタイミングで自分に合った転職先が回ってくるほど世の中甘くはない。

ではどうすればいいか、会社を辞める辞めないかに関わらず、まずは今どんな求人があるのか、自分の給料はどれくらいか、自分がやりたい職種はどの程度の求人があるのか、自分の市場価値はどれくらいなのか、などとにかく必要な情報を日々得ることだ。

毎日アンテナを張って、少しずつでもチェックしていれば転職市場の動向や求人多い業界なども見えてくるというものだ。そうすれば次の自分の仕事内容が明確になってくる。

転職先で自分が張り切って仕事をしているイメージができるようになれば転職は成功したも同然だ。

そういった情報を得るためにも、今のうちに転職サイトに登録しておくことを強くおすすめする。

今どんな求人があるのかというのをリアルに知るにはやはり求人サイトに登録するしか方法がないからだ。

もちろん転職サイトに登録しなくても無料で見れる求人サイトもたくさんあるが、はっきり言って量も質も全然違う。

転職サイトに登録されている求人は一般職から専門職までほとんどが出回っていない求人ばかりで未経験歓迎の仕事から40代50代向けの仕事までたくさんある。

今すぐ転職予定がなくても、今どういった求人があるのか、どれくらいの給料をもらえるのか、などを知るだけでも十分だ。

転職サイトは大手から中小の専門業種に絞ったサイトもたくさんあるが、はっきり言ってリクナビネクスト一択で良い。大手で最も求人数が多いからだ。

匿名で簡単に登録ができて、いろんな求人が見れて、さらに自分に合った転職先の診断までできるので、一度登録だけでもしておいても損はないはずだ。

リクナビは以下から匿名での診断も可能だ。

リクナビネクストにさえ登録しておけば、転職の求人のそのほとんどはカバーできる。売り手市場の今こそ、自分に合った転職先を探す最高のタイミングだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。