[31歳男性年収500万円]モノ作りや機械操作などが好きだったため製造メーカーに就職≪みんなの転職体験談≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

志望動機~採用まで

志望動機は、もともと物作りが好きで、あとは、機械操作や、乗り物に乗り運転することが好きで、この業界を志望しました。

面接では、まず簡単な一般常識のテストがあり、次に、面接がありました。

面接では、何故この業界に入ろうと思ったのですか?と聞かれました。自分も予想していた事だったのですが、緊張して、なかなか上手く話せなかったのですが、伝わってくれたのかなんとか採用になり、今現在もこの業界で働いています。

主な仕事内容など

仕事内容は、鉄の固まり(コイル)になっている物をスリットして帯状にしたり、板状にしたりする事です。この作業が、一次作業になり、二次作業では、帯状にした鉄をフォーミング加工して、角パイプにしていきます。この角パイプは、建材(ケイテン)で使われております。どういった場所かなぁと思われる方も多いかと思います。身近では、パチンコ屋の内装や、デパートの内装などで使われております。

またJIS製品も扱っており、この製品は、おもに公共機関に使われております。学校が夏休みなど長期休みになるときは、このJIS製品の注文が増えてきます。簡単に鉄鋼業界の仕事内容の説明ですが、まだまだこれだけではなくここまでする為にも色々な工具、色々な乗り物を操作して終了となります。

まずは、一番最初に紹介した鉄の固まり(コイル)なのですが、これにも、種類があり大きく分けると『レイエン』『亜鉛』『アルスター』『サンセン』などの種類があります。この他にもまだまだ細かく分けていくと種類はあるのですが、今回はこの種類だけ紹介します。この鉄の固まり(コイル)を運んでくるには、トラックや船で持ってきてくれます。この際の荷卸しするにはクレーンを使います。自分の働いている所では、トラックの荷卸しするときは、クレーンを無線運転で行い荷卸しをしています。船を荷卸しする際は、クレーンの上に乗り機上運転で荷卸しを行います。この時船に乗っている荷物は、約700トンの鉄があり、全て完了するまでには、約4時間の時間がかかります。こうして原材料となる鉄の固まり(コイル)を用意する事ができます。

そこからまず、帯状にするには、スリットしなければなりません。

ここで注目すべき点は、どうゆう風に切るのかなぁとゆう所だと思います。簡単には、コイルをアンコイラーにセットし、用意している刃もセットしリコイラーまでセットして巻き取ると、綺麗に切れ帯状が出来上がります。しかし、ここの刃が最も重要なのです。スリットでは、この刃が命と言ってもいいほど重要なのです。少し間違えると綺麗に切れなくなり見た目も汚いこらすぐに分かります。

一番身近な物で例えるとカッターナイフですかね?カッターナイフの刃がかけていたら紙も綺麗に切れなくガタガタになってしまうかと思います。すれと同じで鉄も刃が汚いと綺麗に切れなくガタガタになります。刃だけは綺麗な物を使う事が重要になります。こうして鉄を切る作業が出来上がります。

職場環境

職場環境は、工場とゆう事もあり、夏は暑く、冬は寒いです。当たり前の事では?と思うのですが、暑さと寒さはものすごい気温差があり、本気で暑く寒いです。後気になる所は、ホコリです。毎日お昼休みが終わってから5分間全員で掃除の時間があるのですが、これをしていてもホコリが舞っています。やっぱしホコリはしょうがないのでしょうかね?

人間関係

人間関係は、それほど気にする事なく、皆仲良く助けあって、います。コミュニケーションが大事ですからね。こうゆったコミュニケーションを大事にしていると怪我などした時や失敗した時に助け合いができますからね。

残業なのですがほぼ4月5月6月はなく、その他の月は、毎日二時間ほど残業しています。

これからこの業界で働こうとしている人にアドバイスをするとしたらマスクですかね(笑)

しかし、これは必要だと思います。自分も最初の頃はしていなかったのですが、汚い話なのですが鼻毛がものすごい伸びてきたので、どうにかして伸びないようにと思いマスクをするようにしました。マスクをするようになってからは気にはなりますけど以前より、伸びる事はなくなりました。自分が経験したことからこれから工場で働くひと達には、是非マスクをして楽しく働ける環境を作って欲しいです。

就職体験談投稿者データ

性別:男性
年齢:31歳
業種:鉄鋼
職種:製造
雇用形態:正社員
給料:年収500万円

今すぐ転職する気がなくても最新の求人情報はチェックしておくべし!

現在転職や就職を考えている人もたくさんいると思うが、たいてい今の会社を辞めると決める→転職先を探すというパターンがほとんどだ。

しかし残念ながらこの方法ではなかなかうまく行かない。

なぜなら会社を辞めるという決断をする時点でもの凄いエネルギーが必要になるからだ。大きな決断をした後に今度はまた新しい転職先を探さないといけないという大仕事が残っている。

もちろん次の転職先が決まるまでは会社に辞表は出さないとは思うが、辞めると決めてから転職先を探すパターンはほとんどの人はうまくいかないか、結局転職をあきらめてしまうパターンに収まってしまう。

転職で成功するのは、タイミングだ。

一番いいタイミングで自分に合った転職先が回ってくるほど世の中甘くはない。

ではどうすればいいか、会社を辞める辞めないかに関わらず、まずは今どんな求人があるのか、自分の給料はどれくらいか、自分がやりたい職種はどの程度の求人があるのか、自分の市場価値はどれくらいなのか、などとにかく必要な情報を日々得ることだ。

毎日アンテナを張って、少しずつでもチェックしていれば転職市場の動向や求人多い業界なども見えてくるというものだ。そうすれば次の自分の仕事内容が明確になってくる。

転職先で自分が張り切って仕事をしているイメージができるようになれば転職は成功したも同然だ。

そういった情報を得るためにも、今のうちに転職サイトに登録しておくことを強くおすすめする。

今どんな求人があるのかというのをリアルに知るにはやはり求人サイトに登録するしか方法がないからだ。

もちろん転職サイトに登録しなくても無料で見れる求人サイトもたくさんあるが、はっきり言って量も質も全然違う。

転職サイトに登録されている求人は一般職から専門職までほとんどが出回っていない求人ばかりで未経験歓迎の仕事から40代50代向けの仕事までたくさんある。

今すぐ転職予定がなくても、今どういった求人があるのか、どれくらいの給料をもらえるのか、などを知るだけでも十分だ。

転職サイトは大手から中小の専門業種に絞ったサイトもたくさんあるが、はっきり言ってリクナビネクスト一択で良い。大手で最も求人数が多いからだ。

匿名で簡単に登録ができて、いろんな求人が見れて、さらに自分に合った転職先の診断までできるので、一度登録だけでもしておいても損はないはずだ。

リクナビは以下から匿名での診断も可能だ。

リクナビネクストにさえ登録しておけば、転職の求人のそのほとんどはカバーできる。売り手市場の今こそ、自分に合った転職先を探す最高のタイミングだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。