[42歳男性年収273万]15年以上続けた自営業から派遣社員へ≪みんなの派遣社員体験談≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前職と辞めた経緯について

私は身内との自営業をこれまでやってました。仕事内容は建築関係の仕事になるのですが、色々と事情がありそこから離れることになりました。当初は仕事を探す勇気すらなく、ましてこれまで身内との関係しか築いていなかったこともあり、世間に出る自信はこれっぽっちも持ち合わせていなかったんです。

ですがそうも言ってられないのが現実ですので、どうせならまた建築関係の仕事をと思い探すことになりました。それでできれば正社員という願望を抱きながら仕事が見つかれば派遣社員でも取りあえずいいかなとも思いました。

理由としては今の自分にはあまり負担をかけたくないということがあり、それで派遣社員ならそれほど負担を強いられることも無いだろうという考えの下から派遣社員への気持ちが徐々に芽生え始めてたんです。

話は飛びますが、実際に派遣社員として働いてみて感じたことはやはりそのとおり、あまり無理を強いられることはありませんでした。前職で辛い思いをされた方には丁度良い働き方だなと改めて実感することができました。

仕事内容などについて感じたこと

前職は15年以上続けてました。なのでせっかく身に付いた技術も使わなければ勿体無いなという気持ちは否めません。

しかも同じ職に就けば技術だってあるし、もちろん給与の面でもいいに決まってるのですが、ただその頃はどうしても精神的にそこから離れたい、そして他の仕事で一からやり直したいという気持ちが強く、それでそこから離れ今に至るわけです。

そして仕事内容はこれまでなら自分が率先してあれこれと進めていかなければいけなかったことも全てにおいて、前職ほど責任感を抱くことが無くなったこと、これは私にとって大きな意味を持ちます。確かに派遣社員だとしても全ての責任を誰かに任せるということはできません。

当然それなりの責任を持ちつつ仕事をしないといけませんが、それでもその会社で学ぶべきことをある程度集中しながら自分のペースでできるというのは良い点でもあります。

派遣社員を選んで良かったこと悪かったこと

前職同様、建築関係の仕事を選んだわけですが、内容はほとんど違います。なので自分の持つスキルはあまり役に立たないものの、所々は知ってたり、活かせたりしたので経験的には仕事として十分に使えたことが良かったです。

それと指示を出してくれる人がはっきりしてること、自分以外にも派遣社員が働いてること、意外に同年代が働いてたことは嬉しかったです。後は週休2日制にして自分のペースで働けるようにできたのも良かったです。

悪かったこととしては特にその環境に慣れるまで大変だったこと、ガテン系が多いので自分を受け入れてくれるまでが勝負という感じもしました。

建築関係の仕事をする上でのアドバイスなど

私は前職で月に30万円くらいの収入がありました。今現在派遣社員をしてて23万円ほどにしかなりません。なので収入が激変することは間違いなく起きました。ただもしもう少し収入を増やしたいなと思ったら、その分仕事をすればいいし、慣れればある程度のことはできるようになります。

私が派遣社員を選んだのはあまり自分に負担をかけないこと、責任をそれほど負わないことなどがありましたので、仕事をしながらマイペースにできる環境は今の自分にとってとても精神的に余裕が生まれてます。

もちろん派遣社員として自分おスキルをもっと活かしたい方などもいらっしゃいますので、もし仕事をする上で働き方をもっと自由にしたいと考えてらっしゃるのであれば、きっと派遣社員というのはオススメできる働き方だと思います。それと建築関係なら年齢にあまり左右されることもありませんから、身体を動かし汗を掻いて仕事をしてるのを感じてみるのもいいと私は思います。

派遣社員体験談投稿者データ

性別:男性
年齢:42歳
業種:建築業
職種:建築作業員
雇用形態:派遣社員
給料:年収273万

今すぐ転職する気がなくても最新の求人情報はチェックしておくべし!

現在転職や就職を考えている人もたくさんいると思うが、たいてい今の会社を辞めると決める→転職先を探すというパターンがほとんどだ。

しかし残念ながらこの方法ではなかなかうまく行かない。

なぜなら会社を辞めるという決断をする時点でもの凄いエネルギーが必要になるからだ。大きな決断をした後に今度はまた新しい転職先を探さないといけないという大仕事が残っている。

もちろん次の転職先が決まるまでは会社に辞表は出さないとは思うが、辞めると決めてから転職先を探すパターンはほとんどの人はうまくいかないか、結局転職をあきらめてしまうパターンに収まってしまう。

転職で成功するのは、タイミングだ。

一番いいタイミングで自分に合った転職先が回ってくるほど世の中甘くはない。

ではどうすればいいか、会社を辞める辞めないかに関わらず、まずは今どんな求人があるのか、自分の給料はどれくらいか、自分がやりたい職種はどの程度の求人があるのか、自分の市場価値はどれくらいなのか、などとにかく必要な情報を日々得ることだ。

毎日アンテナを張って、少しずつでもチェックしていれば転職市場の動向や求人多い業界なども見えてくるというものだ。そうすれば次の自分の仕事内容が明確になってくる。

転職先で自分が張り切って仕事をしているイメージができるようになれば転職は成功したも同然だ。

そういった情報を得るためにも、今のうちに転職サイトに登録しておくことを強くおすすめする。

今どんな求人があるのかというのをリアルに知るにはやはり求人サイトに登録するしか方法がないからだ。

もちろん転職サイトに登録しなくても無料で見れる求人サイトもたくさんあるが、はっきり言って量も質も全然違う。

転職サイトに登録されている求人は一般職から専門職までほとんどが出回っていない求人ばかりで未経験歓迎の仕事から40代50代向けの仕事までたくさんある。

今すぐ転職予定がなくても、今どういった求人があるのか、どれくらいの給料をもらえるのか、などを知るだけでも十分だ。

転職サイトは大手から中小の専門業種に絞ったサイトもたくさんあるが、はっきり言ってリクナビネクスト一択で良い。大手で最も求人数が多いからだ。

匿名で簡単に登録ができて、いろんな求人が見れて、さらに自分に合った転職先の診断までできるので、一度登録だけでもしておいても損はないはずだ。

リクナビは以下から匿名での診断も可能だ。

リクナビネクストにさえ登録しておけば、転職の求人のそのほとんどはカバーできる。売り手市場の今こそ、自分に合った転職先を探す最高のタイミングだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。