[42歳男性月収32万円]製造メーカーでリストラにあい派遣社員としてメーカーへ≪みんなの派遣社員体験談≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前勤めていた会社でリストラにあい、製造メーカーで派遣社員として働いて経験

私は以前、関西の製造メーカーで働いておりました。日本の製造メーカーは現在非常に厳しい状態を迎えており、どのメーカーもリストラばかりを繰り返しております。

そういった状態の中、私の会社は経営状態が悪化し、リストラをすることとなり私もその一員として選ばれてしまったのです。もちろん何とか会社に残りたい旨は伝えたのですが無理でした。

そのため再就職先を探したのですが年齢的にも厳しく現在派遣社員として働いております。派遣社員として登録した後、いろいろな会社を経験しました。もちろん良い会社もありましたが、中にはひどい扱いを受けた会社もあります。それでも食べていかなければならずひたすら働き続けました。

私は派遣社員として製造メーカーで働くことができ、これまでのスキルを活かしつつ仕事をさせていただきました。主には社員の方のフォローをするような仕事でデータ取りやが主な仕事です。そのデータを社員の方に提出する前に加工をしてお渡しし、さらに指示を受けるような仕事でした。

仕事としてはやりがいのある仕事でした。しかし正社員さんとの境遇の違いは歴然としておりました。正社員の方はある意味仕事をサボっていることが多かったのです。そしてその分をわれわれ派遣社員に任しており、そういった部分を見ることが多かったため派遣社員の方の中には不平不満を持っている方もおられました。

派遣社員としての職場環境は微妙であったこと

職場の環境としては問題なかったのですが、休憩時間が区切られているにもかかわらず正社員の方は長いこと休んでいることが多かったです。そのため仕事の指示を受けるにしても休憩中の社員の方を待っている時間が長く他の社員の方からサボっているような感じで見られたこともありました。それでも仕事をさせてもらっていると言う感謝の気持ちを持ち続け何気ない顔で仕事をしておりました。

また他の派遣社員の方で正社員の方の仕事に対して自分なりの見解を話したときあなたの考えはいらない、データだけくださいといわれている場面もあり、派遣社員の方がひどく落ち込んでいるときもありました。

そういった状況をみると、派遣社員のステータスの低さをあらためて感じるのでした。しょうがないことではあるのですが、やはり辛い部分でありあまり見たくない光景でした。

正社員の方にはいつも感謝されておりありがたかったこと

私は自分なりのデータの加工方法を提示することでいつも感謝されておりました。その感謝の気持ちを受けることでさらに自分なりに貢献したいと思うようになっていたのです。

自分のついている正社員さんのタイプによって仕事へのモチベーションは大きく変わってきます。私の場合は常に私への配慮があったことから私は気持ちよく仕事ができました。

もちろんそういった正社員の方ばかりではありません。

そのため、派遣社員として働き出してもすぐにやめてしまう人もいます。どちらが良くてどちらが悪いと言うわけではありませんが、派遣社員の方もそれなりに馴染むように努力しなければ仕事はうまくできないものと考えます。

派遣社員として働く人へのアドバイスとして

派遣社員として働くことはとても大変であり、またやりがいのある仕事だと思います。もちろん人間関係がとても大切であり、その人間関係でうまくいかずにいやな思いをすることもあるかもしれません。

しかし、正社員であっても派遣社員であっても人間関係に関しては同じことだと思います。そう考えると、自分なりに馴染む努力をしてみて仕事をがんばってみても良いのではないかと考えております。どういった仕事にしても大変なのは変わらないと思っております。

派遣社員体験談投稿者データ

性別:男性
年齢:42歳
業種:製造業
職種:技術職
雇用形態:派遣社員
給料:月収32万円

【JobtaS編集部より】 現在転職や就職を考えている人に”ココだけ”の耳寄り情報!

就職や転職を考えている人はまず転職エージェントへの登録される方が多いと思います。

転職エージェントに登録するメリットと言えば、非公開求人がたくさん見れたり、面倒な手続きを代行してくれたりといったことが挙げられますが、やはり最大のメリットは、親身になって相談に乗ってくれる担当者がいることです。

但し、ここで大事なのは「あなたと担当者との相性」です。いくら有能な担当者であっても、あなたにとってはベストでない場合もあります。ほとんどの人は転職エージェントを選ぶ場合、いろいろと比較サイトなどを吟味して、どこかひとつに絞って登録します。

しかし実際は大手の転職エージェントであれば、求人の登録数やサービス内容、サポートなどはそれほど大差はありません。あなたが転職で成功するための唯一にして最高の方法は「ベストな担当者を見つけること」です。

そのためには複数のエージェントに同時進行で登録をする必要があります。エージェントは「あなた自身を企業に売り込むための営業マン」でもあるので、いろんなエージェントのいろんな担当者に会って、任せる人を決めるというのが遠回りのように見えて一番良い選択です。同じ会社へのアプローチにしても、あなたのことを一番理解して売り込んでくれる担当者のほうが成功率は上がります。

まず大手だと下記の4つは最低でも押さえておいた方がいいでしょう。

リクルートエージェント
パソナキャリア
DODA
マイナビエージェント

自分のキャリアや職歴に自身がない方へ

転職エージェントと聞くと、「年収○○○万円以上の求人」とか「ハイクラスの転職」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。もちろん実際こうしたハイクラス求人もたくさんありますが、ほとんどの人は普通のサラリーマンやOLで、自分のキャリアに自身のない人も多数登録しています。

いわばそういった人たちをサポートして、最適な転職先を見つけるのが転職エージェントの仕事でもあるのです。

上記の4社は特にこのサポート体制がしっかりしているので、初めての方でも安心して転職が成功するまでサポートを受けることができます。まずは一度登録と面談をしてみていろいろと話を聞いてみるのが一番の近道ですね。複数のエージェントの担当者と話をすれば、いろいろ現状も分かってきますので、おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。