[42歳男性月収32万円]製造メーカーでリストラにあい派遣社員としてメーカーへ≪みんなの派遣社員体験談≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前勤めていた会社でリストラにあい、製造メーカーで派遣社員として働いて経験

私は以前、関西の製造メーカーで働いておりました。日本の製造メーカーは現在非常に厳しい状態を迎えており、どのメーカーもリストラばかりを繰り返しております。

そういった状態の中、私の会社は経営状態が悪化し、リストラをすることとなり私もその一員として選ばれてしまったのです。もちろん何とか会社に残りたい旨は伝えたのですが無理でした。

そのため再就職先を探したのですが年齢的にも厳しく現在派遣社員として働いております。派遣社員として登録した後、いろいろな会社を経験しました。もちろん良い会社もありましたが、中にはひどい扱いを受けた会社もあります。それでも食べていかなければならずひたすら働き続けました。

私は派遣社員として製造メーカーで働くことができ、これまでのスキルを活かしつつ仕事をさせていただきました。主には社員の方のフォローをするような仕事でデータ取りやが主な仕事です。そのデータを社員の方に提出する前に加工をしてお渡しし、さらに指示を受けるような仕事でした。

仕事としてはやりがいのある仕事でした。しかし正社員さんとの境遇の違いは歴然としておりました。正社員の方はある意味仕事をサボっていることが多かったのです。そしてその分をわれわれ派遣社員に任しており、そういった部分を見ることが多かったため派遣社員の方の中には不平不満を持っている方もおられました。

派遣社員としての職場環境は微妙であったこと

職場の環境としては問題なかったのですが、休憩時間が区切られているにもかかわらず正社員の方は長いこと休んでいることが多かったです。そのため仕事の指示を受けるにしても休憩中の社員の方を待っている時間が長く他の社員の方からサボっているような感じで見られたこともありました。それでも仕事をさせてもらっていると言う感謝の気持ちを持ち続け何気ない顔で仕事をしておりました。

また他の派遣社員の方で正社員の方の仕事に対して自分なりの見解を話したときあなたの考えはいらない、データだけくださいといわれている場面もあり、派遣社員の方がひどく落ち込んでいるときもありました。

そういった状況をみると、派遣社員のステータスの低さをあらためて感じるのでした。しょうがないことではあるのですが、やはり辛い部分でありあまり見たくない光景でした。

正社員の方にはいつも感謝されておりありがたかったこと

私は自分なりのデータの加工方法を提示することでいつも感謝されておりました。その感謝の気持ちを受けることでさらに自分なりに貢献したいと思うようになっていたのです。

自分のついている正社員さんのタイプによって仕事へのモチベーションは大きく変わってきます。私の場合は常に私への配慮があったことから私は気持ちよく仕事ができました。

もちろんそういった正社員の方ばかりではありません。

そのため、派遣社員として働き出してもすぐにやめてしまう人もいます。どちらが良くてどちらが悪いと言うわけではありませんが、派遣社員の方もそれなりに馴染むように努力しなければ仕事はうまくできないものと考えます。

派遣社員として働く人へのアドバイスとして

派遣社員として働くことはとても大変であり、またやりがいのある仕事だと思います。もちろん人間関係がとても大切であり、その人間関係でうまくいかずにいやな思いをすることもあるかもしれません。

しかし、正社員であっても派遣社員であっても人間関係に関しては同じことだと思います。そう考えると、自分なりに馴染む努力をしてみて仕事をがんばってみても良いのではないかと考えております。どういった仕事にしても大変なのは変わらないと思っております。

派遣社員体験談投稿者データ

性別:男性
年齢:42歳
業種:製造業
職種:技術職
雇用形態:派遣社員
給料:月収32万円

今すぐ転職する気がなくても最新の求人情報はチェックしておくべし!

現在転職や就職を考えている人もたくさんいると思うが、たいてい今の会社を辞めると決める→転職先を探すというパターンがほとんどだ。

しかし残念ながらこの方法ではなかなかうまく行かない。

なぜなら会社を辞めるという決断をする時点でもの凄いエネルギーが必要になるからだ。大きな決断をした後に今度はまた新しい転職先を探さないといけないという大仕事が残っている。

もちろん次の転職先が決まるまでは会社に辞表は出さないとは思うが、辞めると決めてから転職先を探すパターンはほとんどの人はうまくいかないか、結局転職をあきらめてしまうパターンに収まってしまう。

転職で成功するのは、タイミングだ。

一番いいタイミングで自分に合った転職先が回ってくるほど世の中甘くはない。

ではどうすればいいか、会社を辞める辞めないかに関わらず、まずは今どんな求人があるのか、自分の給料はどれくらいか、自分がやりたい職種はどの程度の求人があるのか、自分の市場価値はどれくらいなのか、などとにかく必要な情報を日々得ることだ。

毎日アンテナを張って、少しずつでもチェックしていれば転職市場の動向や求人多い業界なども見えてくるというものだ。そうすれば次の自分の仕事内容が明確になってくる。

転職先で自分が張り切って仕事をしているイメージができるようになれば転職は成功したも同然だ。

そういった情報を得るためにも、今のうちに転職サイトに登録しておくことを強くおすすめする。

今どんな求人があるのかというのをリアルに知るにはやはり求人サイトに登録するしか方法がないからだ。

もちろん転職サイトに登録しなくても無料で見れる求人サイトもたくさんあるが、はっきり言って量も質も全然違う。

転職サイトに登録されている求人は一般職から専門職までほとんどが出回っていない求人ばかりで未経験歓迎の仕事から40代50代向けの仕事までたくさんある。

今すぐ転職予定がなくても、今どういった求人があるのか、どれくらいの給料をもらえるのか、などを知るだけでも十分だ。

転職サイトは大手から中小の専門業種に絞ったサイトもたくさんあるが、はっきり言ってリクナビネクスト一択で良い。大手で最も求人数が多いからだ。

匿名で簡単に登録ができて、いろんな求人が見れて、さらに自分に合った転職先の診断までできるので、一度登録だけでもしておいても損はないはずだ。

リクナビは以下から匿名での診断も可能だ。

リクナビネクストにさえ登録しておけば、転職の求人のそのほとんどはカバーできる。売り手市場の今こそ、自分に合った転職先を探す最高のタイミングだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。