[32歳女性月28万円]広告営業の正社員から社会人歴で初めて派遣社員を経験≪みんなの派遣社員体験談≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣社員になった理由

約5年前、広告営業の正社員から社会人歴で初めて派遣社員として入った会社で約2年間働きました。

前職の会社はいわゆる「ブラック企業」で環境やその会社での人間関係が私には合いませんでした。朝10時~深夜、ひどければ明け方まで残業し、自分の手柄を持っていかれるような環境下で、自分で受け持った案件が遂行されたとき、「楽しい」と思えたらがんばろうと思いましたが、仕事も楽しいと思えず、入社から3ヶ月で退職しました。

金銭面でお給料がない月があると厳しかったので、辞める2週間前に派遣会社に登録し、案件紹介~面談~入社まで1週間半くらいでスピーディに決まりました。

インターネットサービスの会社へ派遣社員として働く

派遣で入社した会社は今までの営業職から総務や法務アシスタントといった会社のバックオフィス業務を行う職種にガラッと変えました。

職場環境、人間関係は前職よりも格段によかったです。もともと有期雇用の方が6割以上いらっしゃる職場で、世間で言われるような派遣社員の扱いがひどい等はまったくなかったです。若い方が多い職場で、自分よりも年下の方も多く、上下関係もあまり厳しくなかったです。

残業は業務に慣れるまでは定時後2-3時間ありましたが、慣れてしまえば定時で帰れることもあり、忙しさには波があります。ベンチャー企業ということもあり、ルーチンワークがほぼなく、自ら積極的に業務に望める環境だったため、私にとってはやりがいをもって仕事に望めました。

唯一不満があったことといえば、情報の共有が正社員よりも遅いということだけでした。ただ、それも上司に相談し、事前手配が必要なものは共有してくれるようになったため、改善できたのはありがたいことだなと思いました。

よかったこと・悪かったこと

正直この会社に限って言えば、自分にとって悪かったことが極端に少なかった気がします。ベンチャー気質の企業でしたので、雇用形態あまり関係なくコミュニケーションを取れていました。歓迎会や退職時の送別会も全社員巻き込んで盛大にやっていたことが記憶に残っています。今考えると150人規模の会社でそういうことをしてくれるってとてもありがたいなと感じました。

また、印象的だったのはバックオフィスという部署が社長直下の部署だったため、よくお昼等に話しかけていただいて、みんなでわいわい楽しくお昼を食べたりしていたことも印象的でした。平均年齢が約25歳くらいだったと記憶しているので、社長ご本人も非常に若く、フランクでした。

部署も気の合う方が多く、みんなで協力し合って乗り切るという勢いがあり、とても楽しくお仕事をさせていただきました。

そのためか、あまり悪かった思い出がありません。

派遣社員を選ぶ方へ

私は派遣で入った会社で現在は正社員として採用され、今も同じ職場で働いています。あの頃と人数規模も2倍近くになり、勤続年数も職場の中では上のほうになってきたので、ベテラン領域になりました。その間、有期雇用の方の入退社を数多く見てきました。

今派遣社員だった当時を振り返り思うことは、派遣社員で働くにあたり、派遣先に依存せず、自分の強みをもつということです。世の中の情勢によって、企業の経営状況によって、人件費というところはもっとも初期段階で見直される手段で、そこでお声がかかるのが有期雇用の方々です。あまりに会社に依存しすぎているとその会社を辞めて、次を探すときに非常に苦労するのではと思います。

企業からNGのお声がかかったら、いくらでも次を探せるくらい、日々の仕事に加えスキルをつけていくことが、年齢があがっても派遣社員として働けるコツなのではないかな?と個人的には思います。派遣会社に登録さえしておけば、優秀な人材であれば、引く手あまたです。その優秀な人材になるために、日ごろから自分の強みを意識して、お仕事に望まれるとスキルアップにもなりよいのではないかなと思います。

派遣社員体験談投稿者データ

性別:女性
年齢:32歳
業種:インターネットサービス
職種:総務・法務・経理・オフィス
雇用形態:派遣社員
給料:月収28万

今すぐ転職する気がなくても最新の求人情報はチェックしておくべし!

現在転職や就職を考えている人もたくさんいると思うが、たいてい今の会社を辞めると決める→転職先を探すというパターンがほとんどだ。

しかし残念ながらこの方法ではなかなかうまく行かない。

なぜなら会社を辞めるという決断をする時点でもの凄いエネルギーが必要になるからだ。大きな決断をした後に今度はまた新しい転職先を探さないといけないという大仕事が残っている。

もちろん次の転職先が決まるまでは会社に辞表は出さないとは思うが、辞めると決めてから転職先を探すパターンはほとんどの人はうまくいかないか、結局転職をあきらめてしまうパターンに収まってしまう。

転職で成功するのは、タイミングだ。

一番いいタイミングで自分に合った転職先が回ってくるほど世の中甘くはない。

ではどうすればいいか、会社を辞める辞めないかに関わらず、まずは今どんな求人があるのか、自分の給料はどれくらいか、自分がやりたい職種はどの程度の求人があるのか、自分の市場価値はどれくらいなのか、などとにかく必要な情報を日々得ることだ。

毎日アンテナを張って、少しずつでもチェックしていれば転職市場の動向や求人多い業界なども見えてくるというものだ。そうすれば次の自分の仕事内容が明確になってくる。

転職先で自分が張り切って仕事をしているイメージができるようになれば転職は成功したも同然だ。

そういった情報を得るためにも、今のうちに転職サイトに登録しておくことを強くおすすめする。

今どんな求人があるのかというのをリアルに知るにはやはり求人サイトに登録するしか方法がないからだ。

もちろん転職サイトに登録しなくても無料で見れる求人サイトもたくさんあるが、はっきり言って量も質も全然違う。

転職サイトに登録されている求人は一般職から専門職までほとんどが出回っていない求人ばかりで未経験歓迎の仕事から40代50代向けの仕事までたくさんある。

今すぐ転職予定がなくても、今どういった求人があるのか、どれくらいの給料をもらえるのか、などを知るだけでも十分だ。

転職サイトは大手から中小の専門業種に絞ったサイトもたくさんあるが、はっきり言ってリクナビネクスト一択で良い。大手で最も求人数が多いからだ。

匿名で簡単に登録ができて、いろんな求人が見れて、さらに自分に合った転職先の診断までできるので、一度登録だけでもしておいても損はないはずだ。

リクナビは以下から匿名での診断も可能だ。

リクナビネクストにさえ登録しておけば、転職の求人のそのほとんどはカバーできる。売り手市場の今こそ、自分に合った転職先を探す最高のタイミングだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。