[35歳女性年収550万円]キャリアアップを目指して大手製造メーカーのエンジニアに転職≪みんなの転職体験談≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

志望動機~採用まで

小さい頃からプラモデルを作ったり改造したりすることが好きで大学でも理系に進んでいたのでエンジニアになりたいと思っておりました。今の会社は大学卒業後初めて就職した製造メーカーを4年で退職後キャリアアップを望んで就活を行った企業です。

前職で海外工場に1年ほど在籍した経験などを高く評価して面接で選んでもらいました。地方での第一次面接後に本社での面接があったのですが、1次面接の後になかなか連絡が来ないトラブルがありました。

結局、自分から地方の採用担当者へ電話で確認したところ本社から連絡が言っていると思って連絡をしていませんでしたとちょっとしたびっくりしたエピソードがあったことを記憶しております。

仕事内容、職場環境、人間関係、上下関係、残業、居心地、やりがい等

弊社は車部品の製造メーカーで多数の工場を抱えております。自分の仕事は工場で安定して生産ができるように行う技術部署と言う事で事前の試作品を作ったりベストな製造工程や製造方法を考案する部署に所属しております。その中でも当方の仕事は製品を作る金型と言う重要な部品を設計しております。
自分は課内では中堅に位置して、上司にも部下にも気を使いながら仕事をしないといけないところはあります。ある程度慣れている仕事ですが新しいものを設計するには集中が必要なので精神的にも疲れるところはあります。しかし。効率よく集中してこなせば残業は月30時間程度で済むような仕事量で自分のペースで仕事の予定を立てることもできるところが良いところです。
上司は他の部署から入ってきた事もあり専門的な知識が必要な自分たちの仕事はあまり理解してもらえず責任感がない残念な上司です。その点が一番不満に思っているところです。

良かったことや悪かったとこなど

弊社は東証1部に上場しているため、母体が安定しているところは大変助かっております。給料面に関しては不満なところが多々ありますが、福利厚生などは恵まれている会社と思っております。しかし、部品メーカーと言っても部品の中に使う部品と言う事もありあまり表舞台に出るような会社でない為、一般の人には会社名を話しても知らない人と言うのはちょっと残念なところです。しかし、部品メーカーの部品を作ると言う事は非常に安定した受注があることで経営が安定しているとかクレームなどが車メーカーから直接来ない点も良いところではないでしょうか。

個人的な業務として良かった点としては、前職の経験を活かして海外出張のチャンスを頂いた事もありました。ドイツへの3か月出張が一番の楽しかったと言うか非常に良い経験となりました。会社としても初めての試みで新しい機械を導入する目的で行きました。どの様な機会を選んでその技術習得するなど大変難しい仕事ではありましたが、前例が無いし失敗はないと言う開き直りから積極的に取り組んだために良い方に転がったと思っております。

悪かった点と言うか考えようによっては悪いと言う事なのですが、設計部署はミスが許されません。数百万する金型を設計していると言う事なのでちょっとしたミスでそれだけの損失を出してしまうことはプレッシャーでもあり、やりがいでもあります。その為、ちゃんとできて当たり前、しかしミスをしたときは責め立てられると言う事もあり毎日集中して取り組まないといけません。それだけ責任感がある仕事だと言う事ではありますけどね。

この仕事をする人にアドバイスをするとしたら

設計部門と言うものは、ものつくりの要でありこの設計次第で製品の出来栄えが大きく異なってきます。その為、大きなプレッシャーと比例してやりがいも大きいものです。設計したものが考えていた通りにうまくできた時や工場で量産されているのを確認するのはやりがいを感じる点です。設計はパソコンの前だけでは行えません。製造工程や製造時の不具合や癖など多くの失敗を行ったり実験して体感して現場で覚えてから行う必要があります。また、パソコンの前で設計したものがちゃんとできたかを確認するにはまた、現場へ向かうと言う一連の流れまでを確認することでやりがいもできるし、自分の経験値も上がってその後の設計に活かされます。現場に多く行く設計者が本当に良い設計者だと言うことを忘れずにいてほしいです。

体験談投稿者データ

性別:男性
年齢:35歳
業種:製造業
職種:エンジニア
雇用形態:正社員
給料:年収550万円

今すぐ転職する気がなくても最新の求人情報はチェックしておくべし!

現在転職や就職を考えている人もたくさんいると思うが、たいてい今の会社を辞めると決める→転職先を探すというパターンがほとんどだ。

しかし残念ながらこの方法ではなかなかうまく行かない。

なぜなら会社を辞めるという決断をする時点でもの凄いエネルギーが必要になるからだ。大きな決断をした後に今度はまた新しい転職先を探さないといけないという大仕事が残っている。

もちろん次の転職先が決まるまでは会社に辞表は出さないとは思うが、辞めると決めてから転職先を探すパターンはほとんどの人はうまくいかないか、結局転職をあきらめてしまうパターンに収まってしまう。

転職で成功するのは、タイミングだ。

一番いいタイミングで自分に合った転職先が回ってくるほど世の中甘くはない。

ではどうすればいいか、会社を辞める辞めないかに関わらず、まずは今どんな求人があるのか、自分の給料はどれくらいか、自分がやりたい職種はどの程度の求人があるのか、自分の市場価値はどれくらいなのか、などとにかく必要な情報を日々得ることだ。

毎日アンテナを張って、少しずつでもチェックしていれば転職市場の動向や求人多い業界なども見えてくるというものだ。そうすれば次の自分の仕事内容が明確になってくる。

転職先で自分が張り切って仕事をしているイメージができるようになれば転職は成功したも同然だ。

そういった情報を得るためにも、今のうちに転職サイトに登録しておくことを強くおすすめする。

今どんな求人があるのかというのをリアルに知るにはやはり求人サイトに登録するしか方法がないからだ。

もちろん転職サイトに登録しなくても無料で見れる求人サイトもたくさんあるが、はっきり言って量も質も全然違う。

転職サイトに登録されている求人は一般職から専門職までほとんどが出回っていない求人ばかりで未経験歓迎の仕事から40代50代向けの仕事までたくさんある。

今すぐ転職予定がなくても、今どういった求人があるのか、どれくらいの給料をもらえるのか、などを知るだけでも十分だ。

転職サイトは大手から中小の専門業種に絞ったサイトもたくさんあるが、はっきり言ってリクナビネクスト一択で良い。大手で最も求人数が多いからだ。

リクナビネクストにさえ登録しておけば、転職の求人のそのほとんどはカバーできる。売り手市場の今こそ、自分に合った転職先を探す最高のタイミングだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。