クレジットカードは何歳から作れるの?初めてカードを作る人のためにおすすめのカードを初心者にも分かるように詳しく解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード初めて

いまやクレジットカードは生活の一部として欠かせないものになっている。ネットショッピングはもちろん航空券、新幹線、電車やバス、高速道路のETCなどなどカード経由での支払いが一般的になっているものは、とにかくカードがないと不便なことが多い。

今までなら若い時はカードがなくてもそれほど不自由はしなかったが、今は高校卒業したばかりの若い人でもクレジットカードを持ちたがる人は増えてきている。そんな若い人たちに初めてカードを持つ人のための注意点、そして星の数ほどあるカードからおすすめの一枚を紹介しよう。

1枚目のクレジットカードとして最適なのは比較的簡単に作れて、なおかつ年会費が無料のカード

日本人は平均して2、3枚程度のカードを保有している。今回は初めてカードを作る人向けの記事だが、今後はまた別のカードを作る機会も出てくると思う。2枚目や3枚目のカードは自分のライフスタイルや目的に合わせて作るのが良い。

例えば海外旅行が好きな人は海外旅行保険が充実しているカードを選んだり、日常的に車に乗る機会が多い人ならガソリン系のカードといった具合だ。

しかし1枚目となると話はまた違ってくる。初めて作るカードは比較的簡単に作れてなおかつ年会費も無料のカード。さらに日常的にも便利に使えるカードだ。

年会費無料のカードなら持っているだけではお金はかからない

初めてカードを作る若い人は経済的にもそれほど余裕があるわけではないだろうから、少しでも負担は少ないほうがいい。そのためには年会費無料は絶対はずせない条件。

比較的簡単に作れるということ

これも非常に大切。クレジットカードを作る場合は必ず入会のための審査というものがある。今までの信用情報について調べられるわけだが、今まで一度もカードを作ったことがない、さらに消費者金融や自動車ローンなども使ったことがない人であれば、信用情報はきれいなままだ。なら全く問題ないじゃないか、と思う人も多いだろう。

しかし逆に言えば何もない状態なので、ちゃんと返済する人かどうかさえの判断もできないというわけだ。

極端な話、すごく給料の良い会社に就職したとしても就職していきなりステータスの高いカードを申し込んでも審査には通らない可能性もあるということ。

このあたりの判断はクレジットカード会社によるものだが、若い人の場合はいろんな属性によって審査に通らない可能性も否定はできない。もし審査に落ちたらまた別のところに申し込むという負のスパイラルに陥ってしまう可能性もあるので、1枚目のクレジットカードは比較的審査も厳しくなく作りやすいところをチョイスするべきだ。

初めてのクレジットカードにおすすめはこの3枚

これらの条件を満たすカードでおすすめなのは以下の3つのカードだ。最初のカードとしてはこの3つのうちの1枚を持っておけば、まず間違いはない。

楽天カード

審査も比較的やさしく作りやすいカードでもあり、楽天でのお買い物でポイント還元率も高い。もちろん年会費も無料なので持っているだけでは1円もかからない。1枚目のデビューカードとしては、これ以上最適なものはないだろう。また、LINEスタンプでもおなじみのお買い物パンダのデザインや女子向けのピンク色のカードなどデザイン面でも選択肢が多いのも特徴だ。

三井住友VISAデビュープラスカード

一般的に発行されている三井住友VISAカードではなく、18歳~25歳の人限定のクレジットカード。もちろん年会費も無料で大人な感じのシンプルなデザインが大人の仲間入りをした感じを与える。その反面18歳~25歳まではポイントが倍という嬉しい特典もある。

セゾンカード

年会費はもちろん永久無料でさらにこのカードのすごいところは永久不滅ポイントだ。その名の通り貯めたポイントは永久に消滅しない。通常ポイントは気が付けば消滅していて全然貯まらないということが多い。特に利用頻度や金額それほど多くない若い人はなおさら貯まりにくい。しかしこのカードであればカードを持ち続ける限りずっとポイントを貯めることができるのが最大のメリットだ。

これだけは知っておこう!初めてクレジットカードを作る前に知っておくべきこと

1.18歳以上であること。なおかつ20歳未満は親の承諾が必要であること。

一般的には18歳以上であればクレジットカードを作ることができる。但し、18歳と19歳の場合、つまり未成年の場合は親の承諾が必要。もちろん18歳以上であっても高校生は作ることができない。18歳未満、または高校生で留学などの理由でどうしてもカードが必要な場合は家族カードを作るのが良い。

2.返済日は忘れずに!

初めてカードで買い物をするとお金を払っていないのに商品が買えたり、ご飯が食べれたり・・・なんて素晴らしい!と思う人もいるだろう。当たり前だがちゃんと1、2ヵ月後には返済日がやってくる。カードの返済日に引き落としが出来ないと今後のカードの利用に影響を及ぼすこともある。返済日(引き落とし日)はきっちりと忘れずに口座にお金を準備しておこう。

3.ちりも積もれば・・・使った金額は忘れずに!

お金に余裕があってカードの引き落とし口座にもたくさんお金が入っていれば問題はないが、毎月ギリギリでやりくりしている若い人たちは特に使った金額をしっかり覚えておくこと。特にコンビニやETCなど細かい買い物の分は忘れがちなので、気をつけるように。あまり何も考えずに使っていると思ってた以上に引き落としが多くてビックリすることも多い。

クレジットカードをうまく使って大人の仲間入りを!

日本人はマネーリテラシーが低いとよく言われる。お金は汚いものというイメージがあり、お金についてはあまり教育がされないまま大人になっている。特に年配の人たちはカードに対する抵抗感がある人も多く、現金主義の人も多い。

しかし今の時代クレジットカードを上手に使いこなせば、お金だけでなく時間も節約できる時代だ。カードの利用は借金ではない(厳密に言えば借金だが)ので、支払いができる範囲であれば、積極的に使うのが良いだろう。

その中で自分に合ったカードや使い方を見つけるのがいいだろう。