[27歳男性年収480万]情報系大学からIT企業のシステムエンジニアへ就職≪みんなの就職体験談≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の企業に就職するまで

私は情報系大学出身です。その大学で学んだことを生かしつつ、けれども大学と同じ地域にあって、移動せずに楽に就職活動をすることができる企業を探すとこから始めました。当時は年収など気にせず、簡単に就活を済ませたいと思っていました。成績や人受けがよかったのか、1社目で、そこそこ企業から内定をもらうことができましたので、その企業にそのまま就職することにしました。今となっては、もっと頑張って就職活動を行い、大企業に就いてもっとお金を稼ぎたかったな、と後悔しています。

就職してから今まで

私が配属された部署は電子カルテシステムの提供をメインとして行っているところです。人数は20名ほどで、人間関係は一般的なイメージよりは良いです。社員同士でのプライベートな付き合いなども多く、和気藹々としています。人間関係に関しては個人的に満足しています。唯一、嫌な点としてあげるとすると、上司で非常にゴルフが好きな方がいて、半ば私も強制的に始めさせられた、という点です。そこまでやりたくないとは思ってはいませんでしたが、ゴルフは非常にお金のかかるスポーツなので、経済的に少し厳しくなってしまうため、あまりやりたくはありませんでした。

業務に関してですが、単刀直入に言うと非常に大変です。私はシステムエンジニアとして働いており、システムのデモ・提案から導入作業、保守業務まですべてこなしております。システムの導入となると、半年から1年かけてプロジェクト単位での業務となります。システムの導入作業はやらなくてはいけないことがたくさんあり、毎日遅くまで残業となってしまいます。また、システムの導入先は基本的に病院なので、客先とのやりとりは、医師や看護師、技師、事務職員の方々がメインとなります。

就職して感じた事

私が行っている業務は非常にやりがいがあります。医師の方々は基本的に頭が良いので、その方々に対してシステムを提供するためには、病院業務や医学的な知識が絶対に必要となってきます。また、システムの改修などは自分たちで行うため、ソフトウェア開発知識、プログラミングスキルが必要です。それだけではありません。システムは基本的にネットワークを使用して、院内各所に配置されている端末から入力されたデータの管理を行ったり、他社のシステムとのデータ連携を行います。そのため、ネットワークやデータベースの知識も必要となります。もちろん、客先に提出するための資料作りのスキルも大事です。大学時代は遊んでばかりであまり勉強していなかったため、今となって休日にこれらの勉強を行う羽目になっています。仕事を初めて一番実感した事は、大学時代にもっと勉強をしておけば良かったなという後悔です。

また、今の職場は残業がほとんどなのに、残業手当が全然もらえません。今くらいの業務であれば、ほかの企業ならもっと給料が貰えるのでは?と常々思っています。そのため、今となってもっと年収の高い企業に就けばよかったなと非常に後悔しています。

就職活動をする方へ

もし、これから就職活動を行う方がいるのであれば、まずはどのような仕事を行っているか、ということをしっかりと聞きましょう。仕事の内容を聞いても、どのような知識が必要か自分でわからない場合は、その部分も遠慮せずに聞きましょう。そして、自分が持っているスキルが活かせるところであるか、判断しましょう。自分がそのようなスキルを持っていなくても、業務内容を聞いて、やりがいを感じることもあります。その時は、その企業に就いてからでも勉強すれば大体は問題ないと思いますので、やりたくない仕事よりは、やりたいと思う仕事に就くようにしましょう。

また、給料は仕事のモチベーションに大きく影響します。ですので、福利厚生がきちんとしているところ、なるべく年収が高い企業に就いたほうが良いと思います。

就職活動をするまで期間に余裕のある方は、自分のやりたい仕事を探し、それに向けての勉強を少しでも多くこなしましょう。仕事は自分の生涯の大半の時間を使うものですので、その時間をいかに充実させるかが非常に大事だと思います。

就職体験談投稿者データ

性別:男性
年齢:27歳
業種:IT企業
職種:システムエンジニア
雇用形態:正社員
給料:年収480万

今すぐ転職する気がなくても最新の求人情報はチェックしておくべし!

現在転職や就職を考えている人もたくさんいると思うが、たいてい今の会社を辞めると決める→転職先を探すというパターンがほとんどだ。

しかし残念ながらこの方法ではなかなかうまく行かない。

なぜなら会社を辞めるという決断をする時点でもの凄いエネルギーが必要になるからだ。大きな決断をした後に今度はまた新しい転職先を探さないといけないという大仕事が残っている。

もちろん次の転職先が決まるまでは会社に辞表は出さないとは思うが、辞めると決めてから転職先を探すパターンはほとんどの人はうまくいかないか、結局転職をあきらめてしまうパターンに収まってしまう。

転職で成功するのは、タイミングだ。

一番いいタイミングで自分に合った転職先が回ってくるほど世の中甘くはない。

ではどうすればいいか、会社を辞める辞めないかに関わらず、まずは今どんな求人があるのか、自分の給料はどれくらいか、自分がやりたい職種はどの程度の求人があるのか、自分の市場価値はどれくらいなのか、などとにかく必要な情報を日々得ることだ。

毎日アンテナを張って、少しずつでもチェックしていれば転職市場の動向や求人多い業界なども見えてくるというものだ。そうすれば次の自分の仕事内容が明確になってくる。

転職先で自分が張り切って仕事をしているイメージができるようになれば転職は成功したも同然だ。

そういった情報を得るためにも、今のうちに転職サイトに登録しておくことを強くおすすめする。

今どんな求人があるのかというのをリアルに知るにはやはり求人サイトに登録するしか方法がないからだ。

もちろん転職サイトに登録しなくても無料で見れる求人サイトもたくさんあるが、はっきり言って量も質も全然違う。

転職サイトに登録されている求人は一般職から専門職までほとんどが出回っていない求人ばかりで未経験歓迎の仕事から40代50代向けの仕事までたくさんある。

今すぐ転職予定がなくても、今どういった求人があるのか、どれくらいの給料をもらえるのか、などを知るだけでも十分だ。

転職サイトは大手から中小の専門業種に絞ったサイトもたくさんあるが、はっきり言ってリクナビネクスト一択で良い。大手で最も求人数が多いからだ。

匿名で簡単に登録ができて、いろんな求人が見れて、さらに自分に合った転職先の診断までできるので、一度登録だけでもしておいても損はないはずだ。

リクナビは以下から匿名での診断も可能だ。

リクナビネクストにさえ登録しておけば、転職の求人のそのほとんどはカバーできる。売り手市場の今こそ、自分に合った転職先を探す最高のタイミングだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。