[31歳女性時給860円]楽そうだと思ってゲームセンターでアルバイトとして働くも意外と大変≪みんなのアルバイト・パート体験談≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凄く単純な志望動機

私は以前、ゲームセンターでバイトをしていました。働いていた会社を辞め「どうしたものか」と思いながら新聞と一緒に入ってきた求人広告を見ていたところ、たまたまこのゲームセンターの求人を見つけました。

家から徒歩5分ほどだから通勤も楽だし、以前遊んだことがあるところだったので「このまま遊んでいるよりいいだろう」と思い、早速応募の電話をしました。
正直「ゲームセンターってお客さんが勝手にきて勝手に帰っていくし、レジとかないから楽だろう」という物凄く不純な動機でした。
結果は即採用だったのですが、服装が決まってたのでその用意もあり、面接を受けてから数日後に働き始めることになりました。

見た目より楽じゃない仕事

先に書いたように、ゲームセンターといえばお客さんと接する機会が少ない接客業なので楽そうな印象があると思いますが、実際はそんなことはありませんでした。

まずはUFOキャッチャーの景品の入れ替え。
景品を設置して試しに操作をするのですが、その際に爪を変えたりパワー調整をするのが難しかったです。
取れやすすぎてもいけないし、取れなすぎてもいけません。
最初に仕事を教えてもらった時に「お客さんのほうが上手いから、景品が持ち上がって少し動くくらいに設定しておけばいいよ」と言われたのですが、なかなか上手く調整が出来なくて毎回凄く時間がかかってしまいました。

また自分の担当の台を持たされたので、景品の管理や入れ替えの時期、調整を自分でしないといけませんでした。
調整というのは「最近景品の出が悪いなぁ」と思ったら景品の場所を変えたりなどです。
自分の担当の台を持たされると「これを入れよう」と自分で決められのは楽しいのですが、その分「どう調整しよう;」とストレスも増えました。

この他にもパチスロ台もあったので、パチンコ玉がつまったらお客さんに呼ばれるので対処したり、メダルを預けているお客さんが遊びにきたらメダルの受け渡しなども仕事もありました。
それに加え荷物の受け取り、売上等をPCに打ち込む作業、掃除など見た目に反してやることは沢山ありました。

人間関係でトラブルはあまりありませんでした。
実は一度人間関係で少し悩んだことがあるのですが「仕事に支障はないし、プライベートで会うこともないから別にいっか!」と割り切ってからはそんなに苦になりませんでした。
相手はいたって普通に接してくるし、他の人も冷たくあたってくるとかもなかったからかもしれませんが。
なので居心地が悪いと感じることはあまりなかったです。

運悪くやっかいなお客さんにあたるなど嫌なこともありました。
しかしそれ以上に、お客さんが「ありがとう」と言って帰ってくれる方がほとんどだし、景品を渡して喜んでくれたり、呼ばれて対応した後に「忙しいのにごめんなさいね」と言ってもらえた時は頑張って良かったと思いました。

二次元好きの私はパチスロ台を眺めたり、景品を見ているだけでワクワクしていました。
また、自分が気になっている作品の景品を持って帰るお客さんには勝手に親近感が湧いたり「ちょっとお話してみたい」と感じることあありました。
なので二次元好きさんには、なかなか居心地のいい職かもしれません。

頑張れば嬉しいご褒美も

私の働いていたゲーセンでは毎月売上目標が提示されました。
それを達成すると報奨金と、ひとり2000円分ほどお昼代として貰えることがありました。
お昼代が浮いて嬉しいのですが、これを1週間ほどで使いきらないといけないので、これを使いきるのが正直キツかったです。

本社としては「みんなで集まって食事でもしてね」という目的らしいのですが、年中無休のお店なのでみんなで一同に集まるというのは不可能です。
それに昼間のシフトは主婦の方もいたので、そうなると夜に集まるというのもなかなか難しいです。
なのでお昼に出前を頼むことになるのですが、週3日出勤で1週間のお昼代だけで2000円使うというのが大変でした。
正直、報奨金とお昼代を交換してほしかったですが「まぁ貰えるだけありがたい」と思うことにしていました。

専門用語に気を付けて

たまにスロット台で遊んでいるお客さんに「目押しお願いします」と頼まれることがあります。
これはパチスロ用語で特定の柄を揃えることらしいのですが、パチスロ経験者ではないと何のことか分からないし、頼まれても困ると思います。
そんな時は、他のお客さんに頼むという方法もあります。
職場の方針で色々対処法が違うと思いますが、万一自分ひとりで困った場合にはいい方法だと思います。

あと、パチンコ台の玉づまりを直す時にいきなり扉をガバッとあけると玉がバラバラと落ちてきて悲惨なことになるので気を付けて下さい。
慣れればやりがいのある仕事だと思うので頑張って下さい。

体験談投稿者データ

性別:女性
年齢:31歳
業種:ゲームセンター
職種:接客スタッフ
雇用形態:アルバイト・パート
給料:時給860円

今すぐ転職する気がなくても最新の求人情報はチェックしておくべし!

現在転職や就職を考えている人もたくさんいると思うが、たいてい今の会社を辞めると決める→転職先を探すというパターンがほとんどだ。

しかし残念ながらこの方法ではなかなかうまく行かない。

なぜなら会社を辞めるという決断をする時点でもの凄いエネルギーが必要になるからだ。大きな決断をした後に今度はまた新しい転職先を探さないといけないという大仕事が残っている。

もちろん次の転職先が決まるまでは会社に辞表は出さないとは思うが、辞めると決めてから転職先を探すパターンはほとんどの人はうまくいかないか、結局転職をあきらめてしまうパターンに収まってしまう。

転職で成功するのは、タイミングだ。

一番いいタイミングで自分に合った転職先が回ってくるほど世の中甘くはない。

ではどうすればいいか、会社を辞める辞めないかに関わらず、まずは今どんな求人があるのか、自分の給料はどれくらいか、自分がやりたい職種はどの程度の求人があるのか、自分の市場価値はどれくらいなのか、などとにかく必要な情報を日々得ることだ。

毎日アンテナを張って、少しずつでもチェックしていれば転職市場の動向や求人多い業界なども見えてくるというものだ。そうすれば次の自分の仕事内容が明確になってくる。

転職先で自分が張り切って仕事をしているイメージができるようになれば転職は成功したも同然だ。

そういった情報を得るためにも、今のうちに転職サイトに登録しておくことを強くおすすめする。

今どんな求人があるのかというのをリアルに知るにはやはり求人サイトに登録するしか方法がないからだ。

もちろん転職サイトに登録しなくても無料で見れる求人サイトもたくさんあるが、はっきり言って量も質も全然違う。

転職サイトに登録されている求人は一般職から専門職までほとんどが出回っていない求人ばかりで未経験歓迎の仕事から40代50代向けの仕事までたくさんある。

今すぐ転職予定がなくても、今どういった求人があるのか、どれくらいの給料をもらえるのか、などを知るだけでも十分だ。

転職サイトは大手から中小の専門業種に絞ったサイトもたくさんあるが、はっきり言ってリクナビネクスト一択で良い。大手で最も求人数が多いからだ。

匿名で簡単に登録ができて、いろんな求人が見れて、さらに自分に合った転職先の診断までできるので、一度登録だけでもしておいても損はないはずだ。

リクナビは以下から匿名での診断も可能だ。

リクナビネクストにさえ登録しておけば、転職の求人のそのほとんどはカバーできる。売り手市場の今こそ、自分に合った転職先を探す最高のタイミングだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。