30代職歴なしでも就職できるのか?履歴書にはアルバイト経験も書くべきか?その辺りを説明しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
30代職歴なしの履歴書

若者と呼ばれる20代もあっという間に終わり30代に突入して人生にあせりを感じている人も多いだろう。今の時代30代になっても職歴なしというのも珍しくはなくなってきている。ただ一概に職歴なしといっても、人生で一度も働いた経験がない人もいれば、アルバイトなどはいろいろ経験しているが、正社員として雇われたことがない人に分かれると思う。

一度も働いたことがないというのはごく稀だと思うので、アルバイト経験はあるが、正社員としての職歴がない人を対象に、30代職歴なしでも希望の仕事を手に入れる方法を解説しよう。

その前にまず現状の把握と今後の未来の設計が先だ。

闇雲に就職活動をしたって始まらない!

なんとか仕事を見つけないと!と考える前に少し冷静になって自分を客観的に見ることから始めよう。闇雲に仕事を探してもいい仕事が見つかる訳ではないし、例えどこかに就職が決まったとしても自分に合うかどうかも分からない。将来的なビジョンがなければ合わないと思ったらすぐ辞めてしまう。無理して続けたとしても気が付けばすでにアラフォーの仲間入りになってしまったなんてことになるかもしれない。

そこで、まず自分はどんな仕事に就きたいか、業種が思い浮かばないのなら、例えば人と関わる仕事がをしたいとか、何かを作る仕事がしたいのか、仕事は安定さえすれば良くてあとは趣味を充実させたいとか、まず立ち止まって具体的に考えてみることだ。

まずはゴールを設定してそこから逆算することが、自分に適した職種にありつける最短の方法だ。

なお考える時は、「この仕事は今からは無理だな~」とか、「この年からは無理だな~」とか、そういうのは一切排除して考えることがポイントだ。

もう30代だし今さら始めても・・・的な言葉は禁句!

いろいろ考えているとこんなこともやってみたい、こんな仕事もいいなあとか思い浮かぶのに、「もう30代だし今さら・・・」みたいに思ったことはないだろうか。

人生100年と言われ始めた今の時代に、「もう」30代だからとかいうのは単なる言い訳にしか過ぎない。たとえどんな職業であっても3年ほど必死でやれば、十分にやっていける。

あとはセンスだ。

はっきり言って、今60代70代というのなら、まあ分かる。体力も気力も落ちてきているかもしれない。しか30代だ。試しに周りの60代のおっさんと話をしてみればいい。彼らからしたら、30代なんてだいぶ前のできごとだ。彼らの中では20代も30代もたいして変わないと思うし、どっちも同じぐらい若くてええやんって感じだろう。

今は崖っぷちだの、ギリギリだの思っているかもしれないが、自分が還暦になった時に”今”を振り返っているのを想像してみればいい。30代で新しいことを始めるのが遅いとかあり得ないって思うのではないだろうか。

たとえ40歳で新しいことを始めたとしても、70歳のときには、この道30年の大ベテランなんだから、何をするにも遅いと言うことは全くない。

要は30代なんて自分がギリギリだのなんだの言ってるだけで、可能性なんて山ほどある年齢だ。極端な話、未経験から弁護士にだって医者にだってその気になればなれる可能性はある。もちろんおカネはかかるし、それなりの努力も能力も必要かもしれないが、可能性が全くないわけではない。ましてや普通の仕事であれば今から未経験の新しい職場でも全く問題なく十分やっていけるはずだ。

人生80年と考えればまだ半分にも全然届いていない。しかも大人になってから10年ほどだ。若者たちが思っている以上に人生はまだまだこれから始まるのだ。

とにかくまずは将来設計。人生のビジョンを描くことだ。人生設計だとなかなかイメージできない人も多いから、まず40歳をイメージしてみるといい。自分が40歳の時にどうしていたいか?まずはそれを決めて、そこから遡って計画を立てると決めやすい。

30代職歴なしで未経験でも全く問題なし!アルバイト経験も職歴に書いて問題なし!

ある程度自分のやいたいことが決まったら就職活動だ。はっきり言って職歴がうんぬんのことはそれほど悲観的になることはない。全然問題ない。30代になってからでもゼロから何か始めたうまくいってるヤツなんて星の数ほどいるからだ。

もちろん正社員としてずっと仕事をしている人と比べれば企業側としてもリスクはあるし、フリーターというのは残念ながら評価も低い。かといって履歴書の職歴欄に何も書かないのは、あまりイメージが良くない。

例えアルバイトであっても仕事をしていた期間があるというのは最低限の評価にはなるからだ。何も書いていないと無職ニートという風に見られてしまう。

またアルバイトでも何か役立つような仕事もあるだろうし、自分がポリシーをもってやっていたとかならそれを自己PR欄になどにちゃんと書けばよい。ここだけの話、アルバイトの経歴のことなんていちいち調べないから、多少盛っても問題ないと個人的には思うぞ。

自信がないのなら、まずはとにかく就職しよう!

いきなり自分がやりたい仕事といっても全く経験のないところでうまくやっていけるか心配という人も多いだろう。今まで正社員として働いたことがないのなら、まずとにかく就職をしてみれば良い。

いやいやだからそれができないんだよ!っていう反論もあるかもしれないが、それほど選ばなければ仕事はある。そこで2年か3年働いてみて成功体験を身につけるんだ。毎日定時に出社する習慣、社会人としてちゃんと生きているという実感を身につける。それから次の仕事にいっても遅くはない。

少なくとも30代前半なら多少のウォーミングアップ期間は許される。

もちろん長期的なビジョンは大切だが、決断をどんどん先延ばしにするうちにいつまでも正社員になれずにズルズルとフリーターを続けてしまうというパターンも考えられる。そうならないためにもなかなか決められない、前に進めない人はとにかく就職をしてみることだ。自分がやりたい仕事だけじゃなく、それに少しでも関係ある仕事で働いてみるとまた違った世界が見えてくるかもしれない。

そうやって考えている内に1年2年と経ってしまうんだ。それならいっそのこととりあえずどこかに就職してみるというのは意外と近回りかもしれないぞ。